お月見2016/9/15~

祇園社観月祭

お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日を中心に行われています。2016年(平成28年)は9月15日を中心に行われます。ただお月見は神社・寺院により、日程・時間・名称などが異なります。ちなみにお月見は明月祭・観月の夕べ・観月祭・観月会・名月祭などと言われます。

【お月見 マップ・地図】

【お月見 中秋(仲秋)の名月 基礎知識】
中秋(仲秋)の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)は秋の真ん中である旧暦の8月15日(十五夜・じゅうごや)の満月を言います。月見は日本では縄文時代から行われていたとも言われています。その後中秋の名月(十五夜)を鑑賞する風習が中国・唐から伝わり、平安時代に盛んに行われるようになりました。919年(延喜19年)に宇多法皇が旧暦の9月13日に十三夜(じゅうさんや)の月見を催し、966年(康保3年)には宮中の正式な行事になったとも言われています。十三夜(旧暦の9月13日)の月見は日本独自のものだったそうです。なお平安時代には月を直接見ず、池や杯に映して月を楽しんだそうです。

スポンサーリンク


【お月見 北野天満宮・明月祭】
北野天満宮明月祭(めいげつさい)では仲秋の名月の日に神前にずいき芋・里芋・月見団子などを供え、十五夜の名月を観賞します。なお明月祭では芋を供えすることから芋名月(いもめいげつ)とも言われています。ちなみにずいきは里芋の茎(くき)である芋苗英(いもずいき)のことです。
日程・・・9月15日(木曜日)16:00~
北野天満宮・明月祭(芋名月)

【お月見 大覚寺・観月の夕べ】
大覚寺観月の夕べ(かんげつのゆうべ)は中秋の名月に第52代・嵯峨天皇が大沢池で舟を浮かべ、平安貴族・文化人と遊んだのが起源と言われています。満月法会(まんげつほうえ)では月を望む場所に祭壇を設け、団子・芋・豆・お茶・お花などを供え、農作物の豊作と人々の幸せを祈願します。なお観月の夕べでは大沢池に浮かぶ龍頭舟(りゅうとうせん)・鷁首舟(げきしゅせん)上で観月を楽しむことができます。
日程・・・9月15日(木曜日)~9月17日(土曜日)17:00~
大覚寺・観月の夕べ

【お月見 上賀茂神社・賀茂観月祭】
上賀茂神社賀茂観月祭(かもかんげつさい)は1992年(平成4年)に献灯会が結成され、境内に灯ろうが設置されたことを記念して行われるようになりました。ちなみに上賀茂神社では古来から月を愛でる催しが行われていたことが和歌にも詠まれているそうです。賀茂観月祭では先ず芝生内にある馬場殿で神事を行い、神事終了後には様々な奉納行事が行われます。
日程・・・9月15日(木曜日)17:30~
上賀茂神社・賀茂観月祭

【お月見 下鴨神社・名月管絃祭】
下鴨神社名月管絃祭(めいげつかんげんさい)は平安時代に行われた御戸代会(みとしろえ)が起源と言われています。名月管絃祭では先ず神職による神事や舞殿(まいどの)で管弦祭行事が行われます。その後ススキの穂を飾り、かがり火が焚かれ、橋殿(はしどの)で尺八・管絃・箏曲などの伝統芸能が奉納されます。
日程・・・9月15日(木曜日)17:30~
下鴨神社・名月管絃祭

【お月見 京都府立植物園・名月鑑賞の夕べ】
京都府立植物園名月鑑賞の夕べ(めいげつかんしょうのゆうべ)では園内が無料開放され、野外コンサートが行われます。なお名月鑑賞の夕べでは様々なイベントも行われ、植物の特別展示も行われます。
日程・・・9月15日(木曜日)18:00~20:30
京都府立植物園・名月鑑賞の夕べ

【お月見 智積院・観月会】
智積院観月会(かんげつえ)は第1部と第2部に分かれています。観月会の第1部では智積院に伝わる声明(しょうみょう)が披露されます。ちなみに声明は経典などに独特の節をつけものです。観月会の第2部ではお月見コンサートが行われます。なお観月会では庭園がライトアップされ、寺宝も特別公開されます。
日程・・・9月15日(木曜日)18:00~
智積院・観月会

【お月見 松尾大社・観月祭】
松尾大社観月祭(かんげつさい)では庭園・松風苑(しょうふうえん)がライトアップされ、拝殿で和太鼓・尺八・琴などの伝統芸能が奉納されます。また観月祭では俳句大会も行われます。
日程・・・9月15日(木曜日)18:00~
松尾大社・観月祭

【お月見 長岡天満宮・名月祭】
長岡天満宮名月祭(めいがつさい)は本殿前の神楽殿(かぐらでん)で神楽・琵琶などの伝統芸能が奉納されます。また名月祭ではお茶席も設けられます。名月祭では先ず本殿で神事が行われます。神事終了後、神楽殿で神楽・琵琶などの伝統芸能が奉納されます。
日程・・・9月15日(木曜日)18:30~
長岡天満宮・名月祭

【お月見 平野神社・名月祭】
平野神社名月祭(めいげつさい)は平安時代の雅を現在に再現する為に行われています。
名月祭では先ず神前にすすき・里芋・月見だんごなどを供え、神事を行います。神事終了後、日本舞踏・琴・尺八・雅楽などの伝統芸能が拝殿(舞殿)で奉納されます。また名月祭では抹茶席も設けられます。
日程・・・9月15日(木曜日)18:30
平野神社・名月祭

【お月見 八坂神社・祇園社観月祭】
八坂神社祇園社観月祭(ぎおんしゃかんげつさい)では先ず神事が行われ、次に和歌の披講が行われます。その後舞殿(ぶでん)で雅楽・舞楽・琴などの伝統芸能が奉納されます。なお舞殿に飾られているススキは芸能の奉納が済むと自由に持ち帰ることができます。
日程・・・9月15日(木曜日)19:00~
八坂神社・祇園社観月祭

【お月見 神泉苑・観月会】
神泉苑観月会(かんげつえ)では先ず本堂で観月法要が行われ、善女龍王社(ぜんにょりゅうおうしゃ)の拝殿で奉納演奏が行われます。また観月会では法成就池の龍王船上で抹茶の接待(有料)が行われます。なお観月会では庭園も特別公開されます。
日程・・・9月17日(土曜日)18:00~
神泉苑・観月会

【お月見 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る