祇園祭くじ改め(後祭)7/24

祇園祭くじ改め(7月24日)は京都の夏の風物詩です。祇園祭くじ改めは7月24日に行われています。くじ改めではくじ取らずの橋弁慶山(1番目先頭)・北観音山(2番目)・南観音山(6番目)・大船鉾(殿10番目)を除く山鉾が7月2日のくじ取り式で決まった順番通りに巡行しているかを確認します。(詳細下記参照)

【祇園祭くじ改め 日程時間(要確認)】
祇園祭くじ改めは7月24日9:50頃から京都市役所前で行われます。
山鉾巡行(後祭)2019・祇園祭
祇園祭2019(山鉾巡行・宵山・・・)
祇園祭2019日程(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭くじ改め アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市・烏丸御池
最寄り駅・バス停・・・烏丸御池駅(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

祇園祭山鉾巡行コース(後祭)

スポンサーリンク


【祇園祭くじ改め 簡単概要】
祇園祭くじ改め(くじあらため)は7月24日に行われる山鉾巡行(後祭)の出発後に京都市役所前で行われます。くじ改めではくじ取らずの橋弁慶山(1番目先頭)・北観音山(2番目)・南観音山(6番目)・大船鉾(殿10番目)を除く山鉾が7月2日のくじ取り式で決まった順番通りに巡行しているかを確認します。奉行役の京都市長に山鉾の町行司がくじ(鬮)の入った文箱を扇子を使って紐を解き、蓋を開けてくじ(鬮)を差し出します。ちなみにくじ取らずの山鉾は奉行に挨拶だけを行い、舁山(かきやま)は山を回転させます。ただ先頭を巡行する橋弁慶山は奉行の前で山を回転させる必要がない特別扱いになっています。なお奉行役の京都市長がくじ(鬮)の順番を読み上げて確認が済むと町行司が後ずさりして戻り、山鉾を扇子で招きます。
●昨年は橋弁慶山(はしべんけいやま)・北観音山(きたかんのんやま)・黒主山(くろぬしやま)・鯉山(こいやま)・鈴鹿山(すずかやま)・南観音山(みなみかんのんやま)・役行者山(えんのぎょうじゃやま) ・浄妙山(じょうみょうやま)・八幡山(はちまんやま)・大船鉾(おおふねほこ)の順に巡行します。
くじ取り式(鬮取り式)は山鉾巡行の順番争いが激化した室町時代の1500年(明応9年)頃から行われています。くじ取り式はかつて六角堂(頂法寺)で行われていたが、現在は京都市役所の市議会議場で行われています。
山鉾巡行(後祭)では山鉾10基が烏丸御池から出発し、御池通・河原町通・四条通の順に巡行します。
くじ取り式・祇園祭

【祇園祭くじ改め 山鉾】
●北観音山は山の上には楊柳観音像と韋駄天立像を祀っていることに由来しています。(くじ取らず)
北観音山・祇園祭くじ改め(くじ取らず)
●南観音山は楊柳観音像と脇侍・善財童子像を祀っていることに由来しています。(くじ取らず)
南観音山・祇園祭くじ改め(くじ取らず)
●橋弁慶山は五条橋で牛若丸と弁慶の出会った謡曲・橋弁慶に由来しています。(くじ取らず)
橋弁慶山・祇園祭くじ改め(くじ取らず)
●鯉山は中国黄河の難所である龍門の滝を登った鯉は龍になるという故事・登龍門に由来しています。
●浄妙山は1180年(治承4年)の宇治川の合戦の際の三井寺の僧兵・筒井浄妙の先陣争いに由来しています。
●黒主山は謡曲・志賀に歌われている平安時代の歌人で、六歌仙の一人である大伴黒主に由来しています。
●役行者山は修験道の開祖である役行者・小角が一言主神を使って葛城と大峰の間に石橋を架けたという故事に由来しています。
●鈴鹿山は伊勢の鈴鹿山で人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現・瀬織津姫命の伝説に由来しています。
●八幡山は町内に祀られていた八幡宮を勧請したことに由来しています。八幡山の鳥居には夫婦円満を象徴する雌雄の鳩が向かい合って止まっています。
●大船鉾は1864年(元治元年)の元治の大火で焼失したが、2014年(平成26年)に150年振りに巡行に復帰しました。大船鉾は船鉾が出陣の船鉾と言われるのに対し、凱旋の船と言われています。(くじ取らず)
大船鉾・祇園祭くじ改め(くじ取らず)

【祇園祭くじ改め 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭くじ改め(前祭)
山鉾巡行2019・祇園祭
祇園祭2019日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2018年8月のイベント

    京都市内などで2018年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 時代祭
    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…
  3. 千灯供養
    千灯供養2018は京都の夏の風物詩です。千灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。千灯供養で…
  4. 六地蔵めぐり
    六地蔵めぐり2018は京都の夏の風物詩です。六地蔵めぐりは毎年8月22日・23日に行われます。六地蔵…
  5. 宵弘法
    宵弘法2018は京都の夏の風物詩です。宵弘法は毎年真言宗の開祖である弘法大師・空海の月命日である21…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
ページ上部へ戻る