市比売神社ひいなまつり2018/3/3

市比売神社

ひいなまつりは京都の春の風物詩です。ひいなまつりは毎年3月3日に行われます。ひいなまつりでは男女がひな人形(ひと雛)に扮し、五人囃子の奏でる雅楽の調べの中、三人官女が舞を披露します。また平安時代に貴族が行っていた投扇興・貝合わせなどの優雅な遊びも実演されます。(詳細下記参照)

【ひいなまつり2018 日程時間(要確認)】
ひいなまつり2018は2018年(平成30年)3月3日(土曜日)13:00~16:00まで行われます。

【ひいなまつり・市比売神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
最寄り駅・バス停・・・河原町五条(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から市比売神社は4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、17系統、205系統
*河原町丸太町からは17系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約5分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約10分)

●ひいなまつり会場は市比売神社東側を通る河原町通の向かいにある「ひと・まち交流館」です。(要確認)

スポンサーリンク


【ひいなまつり 歴史・簡単概要】
市比売神社ひいなまつりでは男女がお内裏さまとお雛さまのひな人形(ひと雛)に扮し、五人囃子の奏でる雅楽の調べの中、三人官女が舞を披露します。またひいなまつりでは人形(ひとがた)に災厄を移す天児(あまがつ)ノ儀も行われます。更にひいなまつりでは平安時代に貴族が行っていた投扇興(とうせんきょう)・貝合わせなどの優雅な遊びも実演されます。投扇興では1メートルほど離れた台の上に置かれた的に扇子を投げ、的を落として点数を競います。貝合わせでは伏せた地貝(じがい)から出し貝と対になる地貝を取ってその多さを競います。なおひいなまつりでは十二単・衣冠装束の着付け方も紹介します。
ひな祭り(雛祭り)はかつて上巳(じょうし・じょうみ)の節句である旧暦の3月3日(新暦の4月頃)に行われていたが、1873年(明治6年)の新暦移行に伴って、現在のように3月3日に行なうようになりました。上巳の節句は桃の花が咲く季節だったことから桃の節句とも言われました。なお上巳の節句では元来川で身を浄め、紙などで作った人形(ひとがた)で身体を撫でたり、息を吹き掛けたりして、人形に罪穢(つみけがれ)を移して、水に流すというお祓いの行事が行われていました。その後人形を川に流して、厄災を祓う流し雛(ながしびな)の風習に変わったと言われています。
ひな人形は平安時代に小さな紙人形を使ったままごと遊び・ひいな遊びが起源とも、平安時代に人形(ひとがた)に罪・穢れを移して川に流した流し雛が起源とも言われています。なお江戸時代中期にひな人形を壇に飾る形式が生まれたとも言われています。
天児は3歳頃までの幼児の側に置き、災厄を移し負わせる魔よけ形代(かたしろ)・人形です。天児は紫式部が記した「源氏物語」にも描かれています。

【市比売神社 歴史・簡単概要】
市比売神社(いちひめじんじゃ)・市比売神社は795年(延暦14年)公卿・藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)が桓武天皇の命により、官営市場の東市・西市の守護神として造営しました。その後1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移りました。1927年(昭和2年)に日本初の中央卸売市場が京都に開設された際、市場の守護神として市場内に分社・市姫神社(いちひめじんじゃ)が祀られました。なお市比売神社の祭神は多紀理毘賣命(たぎりひめのみこと)・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)・多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)・下光比賣命(したてるひめのみこと)・神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)で、全て女神であることから女性の守護神とされ、女性の願い事や厄除けのご利益があるとも言われています。
*参考・・・市比売神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【ひいなまつり 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
市比売神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺ライトアップ

    紅葉ライトアップ2017

    京都紅葉ライトアップ2017(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山紅葉
    京都紅葉見ごろ2017(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…
  2. 源光庵
    紅葉名所・源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約4…
  3. 永観堂
    紅葉名所・永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西…
  4. 東福寺
    紅葉名所・東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る