下鴨神社献茶祭2018/5/7

下鴨神社

献茶祭2018は京都の春の風物詩です。献茶祭は毎年5月7日に行われています。献茶祭は茶道・裏千家により、濃茶(おこい)・薄茶(おうす)の二碗が謹点され、神前に献じられます。なお献茶祭では境内に薄茶席・立礼席などの茶席が設けられます。(要確認)(詳細下記参照)

【献茶祭2018 日程時間(要確認)】
献茶祭2018は2018年(平成30年)5月7日(月曜日)10:00から行われます。(現在確認中・要注意)
葵祭2018(ルート・斎王代・・・)
葵祭2018日程(行事・ルート・・・)

【献茶祭2018・下鴨神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区下鴨泉川町59
最寄り駅・バス停・・・下鴨神社前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から下鴨神社は4系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、205系統
*河原町丸太町からは4系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は出町柳駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【献茶祭 歴史・簡単概要】
下鴨神社献茶祭(けんちゃさい)は茶道・裏千家により、濃茶(おこい)・薄茶(おうす)の二碗が謹点され、神前に献じられます。なお献茶祭では境内に薄茶席・立礼席などの茶席が設けられます。(要確認)
濃茶はたくさんの抹茶で練って点てたお茶です。濃茶は薄茶と比べると格式が高いとされています。なお薄茶は少なめの抹茶で点てられたお茶です。ちなみに濃茶では色も味も濃厚になることから良質な抹茶が使われることが多いそうです。
裏千家(うらせんけ)は茶道流派のひとつで、三千家のひとつです。裏千家は利休の孫・千宗旦が建てた茶室・今日庵(こんにちあん)を継いだ宗旦の末っ子・仙叟宗室(せんそうそうしつ)に始まります。裏千家は茶室・今日庵(一畳台目)が通りから見ると表千家の茶室・不審庵の裏にあることから言われるようになりました。ちなみに今日庵は宗旦が亭主をつとめた茶席に大徳寺170世・清巌宗渭(せいがんそうい)が遅れ、所用の為に留守にした宗旦が「懈怠比丘不期明日」の書き付けを残し、明日の来席を請うたことに由来します。

【下鴨神社 歴史・簡単概要】
下鴨神社(しもがもじんじゃ)・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は起源が明確ではありません。下鴨神社は社伝によると初代・神武天皇の時代(紀元前660年~紀元前582年)に比叡山西麓の御蔭山(みかげやま)に祭神・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が降臨したのが起源とも言われています。また下鴨神社は紀元前90年(崇神天皇7年)に瑞垣(みずかき)の修造の記録があり、それ以前から祀られていたとも言われています。その後第29代・欽明天皇の時代(539年~571年)に欽明天皇が勅使を派遣して葵祭(賀茂祭)が始まり、678年(天武天皇7年)に社殿が造営され、天平年間(729年~749年)には上賀茂神社から分置されたとも言われています。794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際、王城鎮護の神になり、桓武天皇が初めて行幸しました。その後807年(大同2年)に神階・正一位に叙され、葵祭が天皇の勅使が派遣されて行われる勅祭になり、810年(大同5年)には葵祭に奉仕する賀茂斎院(かもさいいん)が置かれ、第52代・嵯峨天皇の皇女・有智子内親王(うちこないしんのう)が初代斎王として仕えました。なお下鴨神社は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
下鴨神社は上賀茂神社(賀茂別雷神社)とともに古代氏族の賀茂氏の氏神を祀る神社です。
*参考・・・下鴨神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ下鴨神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【献茶祭2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
献茶祭2018は葵祭2018の関連行事です。
葵祭見どころ

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 葵祭

    2018年5月のイベント

    京都市内などで2018年5月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 祇園祭

    祇園祭2018人気イベント

    祇園祭2018人気イベントを紹介しています。祇園祭2018は7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越…
  3. 三千院

    青もみじ名所

    青もみじ名所(青紅葉)情報を紹介しています。京都には紅葉名所とされる神社・寺院などがたくさんあること…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る