亀岡光秀まつり2018/5/3

亀岡光秀まつりは京都の春の風物詩です。亀岡光秀まつりは毎年5月3日に行われています。亀岡光秀まつりでは明智光秀などに扮した総勢約500名の武者行列がJR亀岡駅周辺の市内中心部を練り歩きます。なお南郷公園ではかめまるフェスタが開催され、フリーマーケットなどのイベントが行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【亀岡光秀まつり2018 日程時間(要確認)】
亀岡光秀まつり2018は2018年(平成30年)5月3日(木曜日)に行われます。(少雨決行)(現在確認中・要注意)

【亀岡光秀まつり・亀岡市 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府亀岡市
最寄り駅・バス停・・・亀岡駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線

【亀岡光秀まつり2018 イベント(要確認)】
13:10~16:00・・・明智光秀公武者行列(市役所前~)
10:00~16:30・・・かめまるフェスタ
*参考・・・亀岡光秀まつり2018pdf

スポンサーリンク


【亀岡光秀まつり 歴史・簡単概要】
亀岡市亀岡光秀まつり(かめおかみつひでまつり)は2018年(平成30年)に第46回目を迎える歴史ある行事です。
亀岡光秀まつりでは谷性寺(光秀寺・桔梗寺)の明智光秀首塚の前で遺徳を偲ぶ明智光秀公追善法要が行われ、明智光秀・明智秀満・明智治右衛門・斎藤利三・溝尾庄兵衛・正室熙子・玉子(光秀の娘・細川ガラシャ)・武者・女武者などに扮した総勢約500名の武者行列がJR亀岡駅周辺の市内中心部を練り歩く明智光秀公武者行列が行われます。なお南郷公園ではかめまるフェスタが開催され、フリーマーケットなどのイベントが行われます。(要確認)
明智光秀は1528年(享禄元年)に清和源氏の美濃・土岐氏(ときし)支流・明智氏の一族として美濃明智庄で生まれ、先ず美濃の戦国大名・斎藤道三に仕えたとも、越前の戦国大名・朝倉義景に仕えたとも言われています。その後義景を頼った室町幕府第15代・足利義昭とともに織田信長に赴き、信長の家臣となって丹波を攻略し、初代丹波亀山城主になります。1582年(天正10年)6月2日に本能寺の変を起こし、1582年(天正10年)6月13日に山崎の戦いで敗れ、落ち武者狩りで負傷して小栗栖(おぐるす)で自害しました。光秀が信長を討って天下人になってからわずか13日後に山崎の戦いで敗れて自害したことから「三日天下」とも言われています。
谷性寺(こくしょうじ)は平安時代に創建されたとも言われています。谷性寺では天正年間(1573年~593年)に明智光秀が本尊・不動明王を篤く崇敬し、本能寺の変の際に不動明王に「一殺多生の降魔の剣を授け給え」と誓願したとも言われています。その後山崎の戦いで敗れて自害すると光秀の首は谷性寺まで持ち帰られたとも言われています。

【亀岡市 歴史・簡単概要】
亀岡市(かめおかし)は京都府の中西部に位置しています。亀岡市は京都府内で京都市・宇治市に次いで3番目に人口が多い都市です。亀岡市は京都府の京都市・南丹市と大阪府の高槻市・茨木市・能勢町・豊能町に接しています。亀岡市は亀岡盆地にあり、亀岡盆地のほぼ中央を保津川(ほづがわ・大堰川(おおいがわ))が南東に流れています。保津川は淀川水系の一級河川・桂川の内、亀岡市付近の保津峡から嵐山までの中流域約十数キロのことを言います。亀岡市は古代に大豪族がいたとも言われ、古来丹波国の国府・国分寺が置かれました。丹波の名称は亀岡盆地が太古に大きな湖で、風が吹くと美しい丹色(朱色)の波が立ったことに由来すると言われています。平安時代から鎌倉時代に京都との国境の大枝(大江山)に酒呑童子(しゅてんどうじ)の鬼がいたとの伝説も残されています。鎌倉時代・南北朝時代に源氏の一拠点となり、1333年(元弘3年)4月29日に室町幕府初代将軍・足利尊氏が篠村八幡宮(しのむらはちまんぐう)で鎌倉幕府打倒の兵を挙げました。その後1579年(天正7年)に明智光秀(あけちみつひで)が亀山城(亀岡城)を築城するとその城下町として整備され、山陰道と篠山街道の分岐点の宿場町として発展しました。また1606年(慶長11年)に角倉了以(すみのくらりょうい)が保津川を改修すると丹波の木材集散地にもなりました。1869年(明治2年)に三重県亀山市と混同する為、亀山から亀岡に改称されました。なお亀岡市は1955年(昭和30年)に市制に移行しました。
*参考・・・亀岡市(アクセス・歴史・・・)ホームページ亀岡市(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【亀岡市亀岡光秀まつり 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る