二尊院桜見ごろ

寂光院桜

二尊院桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。二尊院は春に桜の馬場、秋に紅葉の馬場とも言われる総門から本堂まで続く約100メートルの参道などに二尊院普賢象桜(にそんいんふげんぞうざくら)・染井吉野・枝垂桜などが植えられ、桜と参道・総門・本堂などの光景が素晴らしいと言われています。(詳細下記参照)

【二尊院桜見ごろ 2018年(要確認)】
二尊院桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年3月28日、京都地方気象台が桜の満開を観測しました。2018年3月22日、京都地方気象台は京都市(二条城標準木)で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。2018年3月19日、ウェザーマップは京都(二条城標準木)の桜が3月23日に開花、3月30日に満開、3月29日から4月5日に見ごろになるとの予想を発表しました。
京都桜見ごろ2018

【二尊院桜・二尊院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
最寄り駅・バス停・・・嵯峨釈迦堂前(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から二尊院は28系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは91系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR山陰本線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約19分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【二尊院桜見ごろ・見どころ】
二尊院は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。二尊院は春に桜の馬場、秋に紅葉の馬場とも言われる総門から本堂まで続く約100メートルの参道などに二尊院普賢象桜(にそんいんふげんぞうざくら)・染井吉野・枝垂桜などが植えられ、桜と参道・総門・本堂などの光景が素晴らしいと言われています。
二尊院普賢象桜は遅咲きの桜です。二尊院普賢象桜は一つの花に約130枚の花弁がつきます。普賢象桜の名称は雌しべが普賢菩薩の乗る普賢象の鼻に似ていることに由来しています。
参道は小倉百人一首にも詠われ、紅葉の名所である小倉山を背景に約100メートルの間にモミジと桜が交互に植えられ、秋は紅葉の名所・春は桜の名所となります。
総門(京都市指定文化財)は1613年(慶長18年)に嵯峨の土倉業・角倉了以(すみのくらりょうい)が伏見城の遺構・薬医門(やくいもん)を寄進して移したと言われています。総門には唐草模様などの文様があり、数珠入り三つ巴紋が施されています。
本堂は1521年(永正18年)に内大臣・三条西実隆(さんじょうにしさねたか)が再建しました。本堂はいずれも本尊で、発遣の釈迦と言われる釈迦如来・来迎の阿弥陀と言われる阿弥陀如来(重要文化財)を安置しています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【二尊院 歴史・簡単概要】
二尊院(にそんいん)・小倉山二尊教院華台寺(おぐらやまにそんきょういんけだいじ)は承和年間(834年~848年)に第3代天台座主の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が第52代・嵯峨天皇の勅願によって創建したと言われています。ちなみに二尊院の名称は鎌倉時代に造仏された本尊である「発遣の釈迦(重要文化財)」と「来迎の阿弥陀(重要文化財)」の二如来像に由来しています。二尊院は平安時代に小倉百人一首の撰者・藤原定家(ふじわらのていか)の山荘・時雨亭(しぐれてい)があった場所とも言われています。鎌倉時代初期に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が住して法を説き、法然上人の高弟で、二尊院3世・湛空上人(たんくうしょうにん)らが再興したと言われています。1227年(嘉禄3年)の嘉禄の法難では法然上人の遺骸を天台宗の僧兵から守る為、法然廟所から移されたと言われています。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、1521年(永正18年)に三条西実隆(さんじょうにしさねたか)が本堂・唐門を再建しました。なお二尊院は南北朝時代から明治維新まで「黒戸四ヶ院(遣迎院・廬山寺・般舟院)」の一寺として、京都御所内の仏殿である御黒戸(おくろど)を守りました。
*参考・・・二尊院(アクセス・歴史・・・)ホームページ二尊院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【二尊院桜 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
二尊院(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜ライトアップ2018
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 東寺夜桜ライトアップ

    2018年4月のイベント

    京都市内などで2018年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 葵祭

    葵祭2018人気イベント

    葵祭2018人気イベントを紹介しています。葵祭2018人気イベント5月15日の路頭の儀(行列)です。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 賀茂競馬
    賀茂競馬2018は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  2. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2018は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…
  3. 松尾祭神幸祭
    松尾祭2018は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭(おいで)が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭(…
  4. 稲荷祭氏子祭
    稲荷祭2018は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭が毎年5月3…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る