醍醐寺五大力尊仁王会2018/2/23

醍醐寺

五大力尊仁王会2018は京都の春の風物詩です。五大力尊仁王会は毎年2月23日に行われています。五大力尊仁王会では五大明王の力を授かり、その化身である五大力菩薩により、国の平和や人々の幸福を祈願します。なお餅上げ力奉納では鏡餅を抱えて力を奉納し、無病息災・身体堅固を祈願します。(詳細下記参照)

【五大力尊仁王会2018 日程時間(要確認)】
五大力尊仁王会2018は2018年(平成30年)2月23日(金曜日)9:00~17:00まで行われます。なお12:00から餅上げ力奉納が行われます。

【五大力尊仁王会2018・醍醐寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
最寄り駅・バス停・・・醍醐寺(徒歩すぐ)、醍醐寺前(徒歩すぐ)

京阪バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅八条口から醍醐寺は山急醍醐寺行き
*京阪六地蔵駅からは22系統、22A系統
*四条河原町・五条京阪からは86号系統、86B系統
京阪バス・アクセスダイヤ

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は醍醐駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【五大力尊仁王会 歴史・簡単概要】
醍醐寺五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)・五大力さんは醍醐寺の祖師である理源大師・聖宝の遺訓により、平安時代の907年(延喜7年)から行われています。五大力尊仁王会は真言密教秘奥の大法義で、七難即滅(しちなんそくめつ)・七福即生(しちふくそくしょう)の一大祈祷を行う最上無比の権儀(ごんぎ)とされ、醍醐寺最大の年中行事とも言われています。
五大力尊仁王会では不動明王(ふどうみょうおう)・降三世明王(ごうさんぜみょうおう)・軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)・大威徳明王(だいいとくみょうおう)・金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)の五大明王(五忿怒)の力を授かり、その化身とされる金剛吼菩薩(こんごうくぼさつ)・竜王吼菩薩(りゅうおうくぼさつ)・無畏十力吼菩薩(むいじゅうりきくぼさつ)・雷電吼菩薩(らいでんくぼさつ)・無量力吼菩薩(むりょうりきくぼさつ)の五大力菩薩により、国の平和や人々の幸福を祈願します。五大力尊仁王会では餅上げ力奉納(もちあげちからほうのう)も行われます。男性が150キロ、女性が90キロの鏡餅を抱えて力を奉納し、無病息災・身体堅固を祈願します。なお五大力尊仁王会では当日限定で、災難・盗難除けのお札・御影(みえい)が授与されます。御影は五大力尊仁王会の前行として、醍醐寺の全僧侶が一週間前から堂に籠もって、祈祷・祈願したものです。
五大力尊(不動明王・降三世明王・軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王)は衆生済度(しゅじょうさいど)は信仰すると昼夜を問わずに形に影が従うように寄り添い、人の身を守り、家を護り、災難を払い除け、加護されるそうです。
五大力菩薩(金剛吼菩薩・竜王吼菩薩・無畏十力吼菩薩・雷電吼菩薩・無量力吼菩薩)はは三宝(仏・法・僧)と国土を守護する大力のある菩薩です。五大力菩薩は奈良時代以降、仁王会の本尊とされてきたそうです。

【醍醐寺 歴史・簡単概要】
醍醐寺(だいごじ)は874年(貞観16年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海の孫弟子である理源大師(りげんだいし)・聖宝(しょうぼう)が上醍醐山上で地主・横尾明神(よこおみょうじん)の示現により、醍醐水の霊泉を得て小堂宇を建立し、准胝観音(じゅんていかんのん)・如意輪観音(にょいりんかんのん)を安置したのが起源と言われています。聖宝は醍醐山に登った際に出会った老翁に「我はこの山の地主の横尾明神である。この山を和尚に献ずる。密教を広められよ」と言われたそうです。醍醐寺は当初私寺で、顕密兼学でした。907年(延喜7年)に第60代・醍醐天皇の御願により、薬師堂が建立されて薬師三尊が造立され、五大堂が落成すると上醍醐の伽藍が完成しました。その後926年(延長4年)に釈迦堂が建立され、951年(天暦5年)に五重塔が落成すると下醍醐の伽藍が完成しました。1115年(永久3年)に左大臣・源俊房(みなもとのとしふさ)の子で、醍醐寺14代座主・勝覚(しょうか)が醍醐寺の塔頭・三宝院(さんぼういん)を創建し、上醍醐・下醍醐の伽藍も整備しました。なお醍醐寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山です。
*参考・・・醍醐寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ醍醐寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【五大力尊仁王会2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
五大力尊仁王会2017では餅上げ力奉納のエントリーは当日も可能です。
桜名所・醍醐寺(アクセス・見どころ・・・)情報
醍醐寺見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2017年12月のイベント

    京都市内などで2017年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2017/12/8~17

    嵐山花灯路2017は京都の晩秋の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山紅葉
    京都紅葉見ごろ2017(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…
  2. 伏見稲荷大社
    京都初詣ランキングは初詣の人出などからランキングしたものです。初詣ランキングの中には日本人だけでなく…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ葵祭の前儀(関連行事)は…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る