京都三大祭

祇園祭

京都三大祭(京都三大祭り)は5月の葵祭(賀茂祭)・7月の祇園祭・10月の時代祭のことです。なお葵祭は石清水八幡宮の石清水祭・奈良春日大社の春日祭と合わせて、日本三大勅祭に数えられ、祇園祭は大阪の天神祭、東京の神田祭・山王祭と合わせて、日本三大祭に数えられています。

【葵祭 歴史・簡単概要】
葵祭(あおいまつり)は上賀茂神社と下鴨神社の祭礼で、毎年5月15日に行われます。(関連行事は毎年5月1日から20日まで行われます。)葵祭は正式には賀茂祭(かもまつり)と言うが、祭儀に関わる全ての人などが二葉葵を桂の小枝に挿し飾ることから葵祭と言われるようになりました。なお葵祭は古墳時代後期の欽明天皇(540年~571年)の時代に京都をはじめ全国が風水害に見舞われて飢餓・疫病が流行し、賀茂大神(上賀茂神社・下鴨神社)の崇敬者・卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に占わせられたところ賀茂大神の祟りであると奏した為、4月吉日を選んで、馬に鈴を懸け、人は猪頭(いのがしら)を被り、駆競(くち・かけくらべ)して盛大に祭りを行ったことが起源です。
葵祭2017(斎王代・ルート・行事・・・)
葵祭見どころ

スポンサーリンク


【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は八坂神社の祭礼で、前祭の山鉾巡行・神輿渡御(おいで)が毎年7月17日、後祭の山鉾巡行・神輿渡御(おかえり)が毎年7月24日に行われます。(関連行事は毎年7月1日から31日まで行われます。)なお祇園祭は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。
祇園祭2017(山鉾巡行・宵山・ルート・・・)
祇園祭見どころ(前祭)
祇園祭見どころ(後祭)

【時代祭 歴史・簡単概要】
時代祭(じだいまつり)は平安神宮の祭礼で、時代行列が毎年10月22日に行われます。(関連行事は毎年10月15日から23日まで行われます。)なお時代祭は1895年(明治28年)平安神宮の創建と平安京遷都1100年祭を盛大に奉祝する行事が起源です。時代祭は1000年以上の歴史を持つ葵祭・祇園祭に比べると比較的歴史が浅い。ただ時代行列の衣裳・調度・祭具は時代考証の上、古都京都が1000年の歴史で培ってきた伝統工芸技術の粋を集めて復元されています。
時代祭2017
時代祭見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭
    祇園祭人気イベントを紹介しています。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1ヶ…
  2. 左大文字
    五山送り火2017(五山の送り火・大文字焼き)は京都の夏の風物詩です。五山送り火は毎年8月16日に行…
  3. 祇園祭
    祇園祭2017日程一覧を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る