カテゴリー:人気スポット

  • 京都タワー

    京都タワー

    京都タワーのビル屋上にある塔身は骨組(鉄骨)はなく、厚さ1.2センチから2.2センチの特殊鋼板シリンダーを組み合わせたモノコック構造(応力外被構造)になっています。なお京都タワーは地上約131メートルだが、海抜約159メートルになるそうです。
  • 藤森神社

    藤森神社

    藤森神社のパワースポット・不二の水は地下約100メートルから湧き、戦国時代から勝運アップのご利益があると言われています。またいちいの木は新選組局長・近藤勇にゆかりがあり、腰痛が治るご利益があると言われています。
  • 白峯神宮

    白峯神宮

    白峯神宮では「まり(鞠)」の守護神として「精大明神」が祀られています。「精大明神」は蹴鞠・和歌の宗家・飛鳥井家の守護神として、代々祀ってきたものです。なお白峯神宮には日本サッカー協会などの公式球が奉納されています。
  • 今宮神社

    今宮神社

    今宮神社のパワースポット・阿呆賢さんは撫でて体の悪い所をさすれば、悪い所が治ると言われています。また阿呆賢さんを持ち上げ、予想よりも軽く感じると願いが叶うと言われています。なお今宮神社は「玉の輿神社」と言われています。
  • 八坂の塔

    八坂の塔

    八坂の塔(五重塔)は東寺(教王護国寺)・興福寺の五重塔に次ぐ高さで、中学生以上は一般拝観で塔の二層目まで登ることができます。なお八坂の塔は正式名称を「法観寺」と言いますが、「八坂の塔」と言われることが多い。
  • 地主神社

    地主神社

    地主神社のパワースポット・恋占いの石2つのは10メートルほど離れ、目を瞑って恋占いの石の間を歩き、石から石に辿り着くと恋が叶うと言われています。なお恋占いの石は縄文時代の遺物であることが確認されました。
  • 知恩院

    知恩院

    知恩院は江戸幕府初代将軍・徳川家康が浄土宗徒であったことから徳川家将軍家の永代菩提所となり、江戸時代に皇族から任命され門主は徳川将軍家の猶子になったそうです。なお知恩院は「ちよいんさん」・「ちおいんさん」と呼ばれています。
  • 平等院

    平等院

    平等院は源氏物語・光源氏のモデルと言われている左大臣・源融(みなもとのとおる) が営んだ別荘だったそうだ。なお平等院鳳凰堂は普段使われている十円硬貨の表面に1951年(昭和26年)から描かれています。
  • 醍醐寺

    醍醐寺

    醍醐寺は京都市伏見区東方にある醍醐山(笠取山)周辺に200万坪以上の敷地を持ち、1598年(慶長3年)醍醐寺三宝院裏の山麓で豊臣秀吉・豊臣秀頼・北政所・淀殿・諸大名など約1300人による「醍醐の花見」が催されました。
  • 東寺

    東寺

    東寺では真言宗の開祖である弘法大師・空海のご縁日(命日・月命日)である毎月21日に弘法市(弘法さん・弘法)を行っています。弘法市はかつて年1回命日である3月21日に行われていたが、1239年(延応元年)以降は毎月行われるようになりました。

京都観光 イベント・行事

  1. 十日ゑびす大祭

    2018年1月のイベント

    京都市内などで2018年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮枝垂梅
    京都梅見ごろ2018(梅時期2018)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までにな…
  2. 節分会
    節分・豆まき2018情報を紹介しています。節分・豆まきは毎年立春の前日を中心に行われます。節分・豆ま…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭2018では7月17日に山鉾巡行(前祭)、7月24日に山鉾…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭2018・路頭の儀(行列)は5月15日に行われます。葵祭・路頭…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る