カテゴリー:東福寺

  • 東福寺

    東福寺涅槃会2017/3/14~16

    涅槃会2017は京都の春の風物詩です。涅槃会は毎年3月14日から16日まで行われています。涅槃会では本堂に京都三大涅槃図に数えられる縦約12メートル・横約6メートルの涅槃図(通常非公開)を掲げ、お釈迦様が最後に説いたと言われている遺教経(ゆいぎょうきょう)などを読経します。
  • 万寿寺

    万寿寺

    万寿寺は当初は十刹だったが、五山に昇格し、京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)の第5位に列せられました。なお五山制度はインドに由来し、日本では鎌倉時代に鎌倉五山として最初に採用されました。
  • 龍眠庵

    龍眠庵

    龍眠庵近くの竹林には平景清(藤原景清)の屋敷跡・墓があると言われているそうです。平景清は藤原忠清(ふじわらのただきよ)の子で、平家に仕えて勇猛果敢に戦い、悪七兵衛(あくしちびょうえ)とも言われました。
  • 大機院

    大機院

    大機院を創建した九条満家は九条家として初めて足利将軍家から偏諱(へんき)を受け、室町幕府3代将軍・足利義満の「満」の字を与えられました。なお九条満家は1418年(応永25年)に関白になり、1448年(文安5年)に出家しました。
  • 善慧院

    善慧院

    善慧院が合寺した明暗寺(めいあんじ)には尺八を吹く、普化(ふけ)尺八の開祖・虚竹禅師(虚竹了円)像が本尊として安置しされていたそうです。なお尺八の流派には明暗流・琴古流・都山流・上田流などがあります。
  • 桂昌院

    桂昌院

    桂昌院には三面大黒天像が祀られています。三面大黒天像の正面は大黒天・右側は毘沙門天・左側は弁財天の顔になっています。なお大黒天・毘沙門天・弁財天はそれぞれ七福神のひとつで、商売繁盛・福徳増進・学芸のご利益があります。
  • 東福寺

    通天モミジ・東福寺

    東福寺見どころ・通天モミジ(通天紅葉)を詳しく紹介します。なお東福寺は藤原忠平が創建した氏寺・法性寺があった場所です。その後1236年(嘉禎2年)摂政・九条道家が高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する寺院を建立することを発願し、仏殿を建てたのが起源です。
  • 東福寺

    東福寺見どころ

    東福寺見どころ・豆知識(★簡潔に徹底解説●)を紹介しています。東福寺の見どころである三門は室町時代の1425年(応永32年)に再建され、禅寺の三門としては日本最古と言われています。三門は3月に行われる涅槃会(ねはんえ)に合わせて特別公開されています。(要確認)
  • 即宗院

    即宗院

    即宗院がある場所はかつて関白・藤原兼実が営んだ山荘「月輪殿」があり、国宝「法然上人絵伝」に描かれ、「都林泉名勝図絵」では名園として紹介されていました。なお即宗院の庭園はかつて「東福寺中第一」と讃えられていました。
  • 光明院

    光明院

    光明院の庭園・波心庭(波心の庭)と雲嶺庭を作庭し、茶室・蘿月庵を設計した重森三玲はフランスのミレーに憧れ、三玲と改名しました。なお光明院の庭園は苔が美しく、「東山の苔寺」・「虹の苔寺」と言われています。

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…
  3. 晴明神社
    京都パワースポット情報を紹介しています。京都にはたくさんの観光スポットがあるが、その中にはご利益やパ…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る