京都洛中洛西洛南梅名所

北野天満宮梅苑

京都洛中・洛西・洛南にある梅の名所(寺院・神社など)を紹介しています。京都では例年2月頃から3月頃に梅の見ごろを迎えることが多いが、その年の気候や梅の名所の地理的条件などによって多少前後することがあります。最近は地球温暖化の影響により、少し見頃が早くなることが多いようです。

【京都洛中・洛西・洛南梅名所 マップ・地図】

【京都梅名所 基礎知識】
花見と言うと現在は桜を連想するが、奈良時代に花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ和歌などにも現れ、「万葉集(奈良時代末期頃成立)」では梅を詠んだ歌が119首、桜を詠んだ歌が42種だったが、「古今和歌集(平安時代前期成立)」では梅を詠んだ歌が18首、桜を詠んだ歌が70種とその数が逆転します。(誤差あり)

スポンサーリンク


京都御苑・・・2月中旬~3月中旬頃
二条城・・・2月中旬~3月中旬頃
北野天満宮・・・2月中旬~3月中旬頃
渉成園・・・2月上旬~3月上旬頃
興正寺・・・2月中旬~3月中旬頃
菅大臣神社・・・3月上旬~3月下旬頃
梅小路公園・・・2月上旬~4月初旬頃

【京都洛中梅名所 京都御苑】
京都御苑(きょうとぎょえん)は江戸時代には200もの宮家・公家の邸宅が立ち並んでいた場所です。しかし明治維新後に首都が移った為に荒廃し、京都府が火災延焼を防ぐ為、御所周辺の空き家を撤去して、整備したのが京都御苑の起源です。
京都御苑・京都梅名所
【京都洛中梅名所 二条城】
二条城(にじょうじょう)はかつて禁苑(宮中の庭)だった神泉苑(しんせんえん)の一部で、内裏も造営された場所でした。その後1601年(慶長6年)徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城を開始し、西国諸大名に費用と労務を割り当てました。
二条城・京都梅名所

【京都洛中梅名所 北野天満宮】
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は947年(天暦元年)多治比文子(たじひのあやこ)・近江比良宮の神主である神良種(みわのよしたね)・北野朝日寺の僧である最珍(さいちん)らが社殿を造営し、菅原道真(すがわらのみちざね)を祀ったのが起源です。
北野天満宮・京都梅名所

【京都洛中梅名所 渉成園】
渉成園(しょうせいえん)は源融(みなもとのとおる)が奥州・塩竃の風景を模した別荘・六条河原院があった場所です。1641年(寛永18年)徳川家光が東本願寺に寄進し、1653年(承応2年)に石川丈山(いしかわじょうざん)が書院式回遊庭園に作庭しました。
渉成園・京都梅名所

【京都洛中梅名所 興正寺】
興正寺(こうしょうじ)は文明年間に仏光寺14世・蓮教上人(れんきょうしょうにん)・経豪(きょうごう)が本願寺8世・蓮如上人(れんにょしょうにん)に帰依し、仏光寺を弟・経誉に譲って、山科に一宇を建立したのが起源です。
興正寺・京都梅名所

【京都洛中梅名所 菅大臣神社】
菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)は菅原道真の邸跡(白梅殿・紅梅殿など)と言われ、産湯の井戸が残されています。菅大臣神社は903年(延喜3年)菅原道真が左遷された大宰府で亡くなった直後に造営されたと言われています。
菅大臣神社・京都梅名所

【京都洛中梅名所 梅小路公園】
梅小路公園(うめこうじこうえん)は1995年(平成7年)4月にJR貨物の梅小路駅跡地に開園した市営の都市公園です。梅小路公園は面積約13.7ヘクタールあり、その中には自由に利用できる芝生広場・水と親しめる河原遊び場などがあります。
梅小路公園・京都梅名所

大覚寺・・・3月上旬~3月中旬頃
常寂光寺・・・2月中旬~3月上旬頃
梅宮大社・・・2月中旬~3月中旬頃
清涼寺・・・2月下旬~3月下旬頃
鹿王院・・・2月中旬~3月上旬頃

【京都洛西梅名所 大覚寺】
大覚寺(だいかくじ)は平安時代初期に嵯峨天皇が造営した離宮・嵯峨院があった場所です。876年(貞観18年)に嵯峨天皇の皇女で、第53代・淳和天皇の皇后・正子内親王が淳和天皇の第2皇子・恒寂入道親王を開山として離宮を寺院に改めました。
大覚寺・京都梅名所

【京都洛西梅名所 常寂光寺】
常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は平安時代藤原定家の山荘「時雨亭(しぐれてい)」があった場所と言われています。その後常寂光寺は1596年(慶長元年)に日蓮宗大本山本圀寺16世・日禎(にっしん)が隠棲の地として開いたのが起源と言われています。
常寂光寺・京都梅名所

【京都洛西梅名所 梅宮大社】
梅宮大社(うめのみやたいしゃ)は奈良時代前期に第30代・敏達天皇の後裔・橘諸兄(たちばなのもろえ)の母・県犬養三千代(あがたいぬかいみちよ)が橘氏の氏神として山城国相楽郡井出庄に祀ったのが起源と言われています。その後第45代・聖武天皇の妃・光明皇后が奈良に移し、更に泉川(木津川)の上流であるかせ山に移され、平安時代前期に第52代・嵯峨天皇の妃・檀林皇后(橘嘉智子)が現在の場所に移しました。
梅宮大社・京都梅名所

【京都洛西梅名所 清涼寺】
清涼寺(せいりょうじ)は源融の山荘・棲霞観があった場所です。清涼寺は源融の没後に弥陀三尊像を造立して安置し、棲霞寺(せいかじ)と号したのが起源とも、945年(天慶8年)重明親王妃が新堂を建てて等身大の釈迦像を安置したのが起源とも言われています。
清涼寺・京都梅名所

【京都洛西梅名所 鹿王院】
鹿王院(ろくおういん)は1379年(康暦元年)足利義満が普明国師(ふみょうこくし)・春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を開山に宝幢寺の塔頭として建立しました。ただ応仁の乱の兵火によって宝幢寺は廃絶し、鹿王院だけが残り、寺籍を引き継ぎました。
鹿王院・京都梅名所

城南宮・・・2月下旬~3月下旬頃

【京都洛西梅名所 城南宮】
城南宮(じょうなんぐう)は第14代・仲哀天皇の皇后・神功皇后(じんぐうこうごう)による三韓征伐の際に船上に立てた旗とともに神功皇后・大国主神(八千戈神)を祀った真幡寸神社(まはたきじんじゃ)が起源と言われています。
城南宮・京都梅名所

【京都洛中・洛西・洛南梅名所 備考】
京都梅名所・見頃

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 船岡大祭
    船岡大祭は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好…
  2. 斎宮行列
    斎宮行列2018は京都の秋の風物詩です。斎宮行列は毎年10月の第3日曜日に行われています。斎宮行列は…
  3. 笠懸神事
    笠懸神事2018は京都の秋の風物詩です。笠懸神事は毎年10月の第3日曜に行われています。笠懸では約5…
  4. 春日祭
    春日祭2018は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る