京都洛北桜名所地図

半木の道

京都洛北にある桜の名所(寺院・神社など)を紹介しています。京都では例年3月下旬頃から4月上旬頃に桜の見ごろを迎えることが多いが、その年の気候や桜の名所の地理的条件などによって多少前後することがあります。最近は地球温暖化の影響により、少し見頃が早まることが多いようです。

【京都桜見ごろ 桜開花・満開予想】
2019年の京都桜見ごろ情報は2019年2月上旬頃から順次情報発信します。京都地方気象台や民間気象会社(ウェザーニュース・ウェザーマップなど)の情報が更新され次第、素早く情報発信します。

【京都洛北桜名所 マップ・地図】

【京都洛北桜名所 基礎知識】
桜は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開(桜の見ごろ)になるとも言われています。なお桜と言うと花見を連想するが、奈良時代に花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ和歌などにも現れ、「万葉集(奈良時代末期頃成立)」では梅を詠んだ歌が119首、桜を詠んだ歌が42種だったが、「古今和歌集(平安時代前期成立)」では梅を詠んだ歌が18首、桜を詠んだ歌が70種とその数が逆転します。(誤差あり)

スポンサーリンク


常照皇寺・・・4月上旬~中旬頃
比叡山ドライブウェイ・・・4月中旬~下旬頃
奥比叡ドライブウェイ・・・4月下旬~5月上旬頃
三千院・・・4月中旬頃
鞍馬寺・・・4月中旬頃
上賀茂神社・・・4月上旬~中旬頃
常照寺・・・4月中旬頃
府立植物園・・・3月下旬~4月中旬頃
半木の道・・・4月上旬頃

【京都洛北桜名所 常照皇寺】
常照皇寺(じょうしょうこうじ)・常照寺は北朝初代・光厳上皇が創建したとも、廃寺になった成就寺(じょうじゅじ)を改めたとも言われています。その後明智光秀が丹波黒井城を攻略した際に焼失したが、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠による寺領の寄進や後水尾天皇の志納などよって再興されました。1869年(明治2年)北野天満宮に祀られていた舎利塔が移されました。
常照皇寺・桜名所

【京都洛北桜名所 三千院】
三千院(さんぜんいん)は788年(延暦7年)天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が比叡山に延暦寺を創建した際、東塔南谷に自作の薬師如来像を本尊とする円融房(えんにゅうぼう)を建立したのが起源です。その後第3代天台座主の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が引き継ぎ、平安時代後期以降は皇室や摂関家の子弟が入寺する宮門跡になりました。三千院は比叡山内から近江坂本・洛中へと移り、1871年(明治4年)に現在の場所に移り、名称を三千院に改めました。
三千院・桜名所

【京都洛北桜名所 鞍馬寺】
鞍馬寺(くらまでら)は社伝によると770年(宝亀元年)律宗の開祖・鑑真和上(がんじんわじょう)の高弟・鑑禎上人(がんていしょうにん)が草庵を結び、毘沙門天を本尊として奉安したのが起源と言われています。その後平安時代に京都の北方を守護する寺として信仰されました。寛平年間(889年~897年)に東寺(教王護国寺)の僧・峯延(ぶえん)が入寺して真言宗に改められるが、12世紀に天台宗に改められて青蓮院(しょうれんいん)の末寺になりました。その後度々焼失したと言われています。
鞍馬寺・桜名所

【京都洛北桜名所 上賀茂神社】
上賀茂神社(かみがもじんじゃ)は起源が明確ではありません。上賀茂神社は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。その後678年(天武天皇7年)社殿が造営されたと言われています。794年(延暦13年)平安京遷都の際、王城鎮護の神になり、桓武天皇が行幸しました。807年(大同2年)に神階・正一位に叙され、葵祭(賀茂祭)が勅祭になり、810年(大同5年)には賀茂斎院が置かれました。
上賀茂神社・桜名所

【京都洛北桜名所 常照寺】
常照寺(じょうしょうじ)・檀林の寺・吉野の寺は江戸時代初期に書家・陶芸家・芸術家である本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が江戸幕府初代将軍・徳川家康から土地を与えられた光悦村の一部です。常照寺は1616年(元和2年)日乾上人(にちけんしょうにん)が本阿弥光嵯(ほんあみこうさ)から土地を寄進されて創建しました。1627年(寛永4年)日乾上人が僧侶の養成機関である学寮・鷹峰檀林(たかがみねだんりん)を設け、1628年(寛永5年)には2代目・吉野太夫(よしのたゆう)が朱塗りの山門(赤門)を寄進しました。
常照寺・桜名所

【京都洛北桜名所 京都府立植物園】
京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)は1924年(大正13年)に日本最初の公立植物園として開園しました。ただ太平洋戦争後の1946年(昭和21年)に連合国軍に接収され、1957年(昭和32年)に返還され、1961年(昭和36年)から再開しました。その後再開園30年の際、大規模な改修工事が行われ、1992年(平成4年)に日本最大級の温室が建設されました。
府立植物園・桜名所
桜ライトアップ・京都府立植物園

【京都洛北桜名所 半木の道】
半木の道(なからぎのみち)は京都府立植物園の西にある賀茂川(鴨川)の東側堤防の内、北大路橋から北山大橋の間の1キロ弱の道です。春には八重紅枝垂桜などの桜が咲きます。半木の道の名称は京都府立植物園内の「なからぎの森」にある上賀茂神社の境外末社・半木神社(なからぎじんじゃ)に由来しています。半木神社は起源が明確ではありません。半木神社は上賀茂神社と下鴨神社の間にあることから半木神社と言われるようになったとも言われています。
半木の道・桜名所

【京都洛北桜名所 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都桜見ごろ2019

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 高台寺紅葉ライトアップ
    高台寺ライトアップ2018(紅葉・秋)は京都の秋の風物詩です。高台寺ライトアップは毎年紅葉が見ごろを…
  2. 船岡大祭
    船岡大祭は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好…
  3. 斎宮行列
    斎宮行列2018は京都の秋の風物詩です。斎宮行列は毎年10月の第3日曜日に行われています。斎宮行列は…
  4. 笠懸神事
    笠懸神事2018は京都の秋の風物詩です。笠懸神事は毎年10月の第3日曜に行われています。笠懸では約5…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る