伏見稲荷大社御旅所

伏見稲荷大社御旅所

伏見稲荷大社御旅所(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。伏見稲荷大社御旅所には稲荷祭の神幸祭から還幸祭までの期間、田中社・上の社(一の峰)・下の社(三の峰)・中の社(二の峰)・四之大神の5基の神輿が神輿奉安所に置かれます。なお5基の神輿は期間中に氏子地区を巡行します。

【伏見稲荷大社御旅所 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市南区西九条池ノ内町98
最寄り駅・バス停・・・京都駅(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR東海道本線など

*近鉄京都線の場合、最寄り駅は東寺駅(徒歩約5分)

【伏見稲荷大社御旅所 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【伏見稲荷大社御旅所 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【伏見稲荷大社御旅所 歴史・簡単概要】
伏見稲荷大社御旅所(ふしみいなりたいしゃおたびしょ)はかつて七条油小路(下社)・八条坊門猪熊(上社)にあったが、天正年間(1573年~1592年)に関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移されてひとつになったと言われています。その後1973年(昭和48年)に神輿奉安所が建てられました。なお御旅所は祭礼の際に神輿を本宮から一時的に移して奉安する場所です。

【伏見稲荷大社 歴史・簡単概要】
伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は社伝によると711年(和銅4年)伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受け、伊奈利山(稲荷山)の三つの峯の平らな場所に稲荷大神を祀ったことが起源と言われています。その後827年(天長4年)弘法大師・空海が嵯峨天皇から東寺(教王護国寺)を賜った際に東寺の鎮守社になりました。1072年(延久4年)後三条天皇が初めて行幸し、鎌倉時代には鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が武運を祈念しました。なお稲荷大神が農業の神である為、伏見稲荷大社には五穀豊穰・商売繁盛・交通安全といったご利益があると言われています。
伏見稲荷大社は全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮です。
*参考・・・伏見稲荷大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ伏見稲荷大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【伏見稲荷大社御旅所 見どころ・文化財】
伏見稲荷大社御旅所の見どころは稲荷祭(いなりさい)の神幸祭(しんこうさい)から還幸祭(かんこうさい)までの期間、神輿奉安所に置かれる5基の神輿です。5基の神輿は1962年(昭和37年)以降、伏見稲荷大社と御旅所の間はトラックで運ばれています。なお11月に行われる火焚祭(ひたきさい)も見どころです。
稲荷祭は毎年春に行われ、神幸祭が4月20日前後の日曜日・還幸祭が5月3日に行われます。
稲荷祭
伏見稲荷大社見どころ

【伏見稲荷大社御旅所 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-641-7331

【伏見稲荷大社御旅所 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
伏見稲荷大社(アクセス・見どころ・・・)情報

【伏見稲荷大社御旅所 おすすめ散策ルート】
伏見稲荷大社御旅所からのおすすめ散策ルートは東寺を経由し、西本願寺に向かうルートです。東寺と西本願寺は世界遺産の為、40分ほど散策すれば、2か所の世界遺産を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお伏見稲荷大社御旅所はJR京都駅・京都タワーも近い為、買い物や展望台などから京都の景色を楽しむのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 清水寺

    2017年4月のイベント

    京都市内などで2017年4月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  2. 賀茂競馬
    賀茂競馬2017は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  3. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2017は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る