八坂神社歴史

八坂神社

八坂神社歴史(八坂神社の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)八坂神社は元々渡来氏族・八坂造が住した場所とも言われています。その後656年(斉明天皇2年)高麗の調進副使・伊利之使主が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(牛頭天王)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも言われています。

【八坂神社歴史以外の情報】
八坂神社歴史以外の基本情報
八坂神社歴史以外の情報(見どころ)

【八坂神社歴史 年表】
(八坂神社歴史 創建前)
八坂神社(やさかじんじゃ)は渡来氏族・八坂造(やさかのみやつこ)の一族が住した場所とも言われています。

(八坂神社歴史 創建)
八坂神社は656年(斉明天皇2年)高麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも、876年(貞観18年)南都の僧・円如が堂(観慶寺)を建立し、薬師千手等の像を奉安したのが起源とも言われています。

スポンサーリンク


(八坂神社歴史 平安時代)
869年(貞観11年)流行した疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が神泉苑で行われました。これが八坂神社の祭礼・祇園祭の起源と言われています。
元慶年間(877年~885年)太政大臣・藤原基経(ふじわらのもとつね)が精舎を造営し、感神院と称したとも言われています。
927年(延長5年)観慶寺(かんぎょうじ)が定額寺となり、八坂神社の起源とも言われています。なお934年(承平4年)頃に観慶寺山内に坊・感神院(八坂神社)が建立されたとも言われています。
970年(天禄元年)以降御霊会が毎年行われるようになりました。
995年(長徳元年)王城鎮護の社の21社に加えられました。
10世紀末までは八坂神社(観慶寺)は奈良・興福寺に属していたが、延暦寺に属するようになったと言われています。
1072年(延久4年)後三条天皇が行幸し、以後歴代天皇の行幸が行われるようになりました。

(八坂神社歴史 室町時代)
1384年(元中元年)室町幕府3代将軍・足利義満が八坂神社(観慶寺)を比叡山から独立させたと言われています。
応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって仮殿を焼失し、祇園祭(祇園会)が中絶したと言われています。なお祇園祭は1500年(明応9年)に規模縮小して再開され、くじ改めが始まったとも言われています。

(八坂神社歴史 その後)
1590年(天正18年)関白・豊臣秀吉が祇園大塔を造営し、母の病気回復を祈願したと言われています。
1646年(正保3年)に本殿を焼失し、1654年(承応3年)江戸幕府4代将軍・徳川家綱が本殿を再建しました。
明治維新後の廃仏毀釈により、名称を八坂神社に改め、観慶寺は廃絶され、仏事も廃止されました。

【八坂神社歴史 文化財】
●本殿は1654年(承応3年)江戸幕府4代将軍・徳川家綱が再建しました。
●楼門は1497年(明応6年)に再建されました。
●末社・蛭子社(えびすしゃ)は1646年(正保3年)建立されたが、1662年(寛文2年)の地震で倒壊し、1666年(寛文6年)に補修・再建されました。

【八坂神社歴史 祇園祭】
祇園祭は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。なお祇園祭の山鉾行事は重要無形民俗文化財に指定されています。

【八坂神社歴史 八坂神社御供社】
八坂神社御供社(やさかじんじゃごくうしゃ)は869年(貞観11年)疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が行われた神泉苑(しんせんえん)の南端に祀られました。
八坂神社歴史・御供社

【八坂神社歴史 冠者殿社】
冠者殿社(かじゃどのしゃ・かんじゃでんしゃ)は起源が明確ではありません。冠者殿社はかつて烏丸高辻の大政所御旅所にあったが、その後度々移り、1592年(文禄元年)関白・豊臣秀吉の命によって万寿寺通高倉に移りました。
八坂神社歴史・冠者殿社

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る