八坂神社見どころ

八坂神社

八坂神社見どころ・豆知識(★簡単に徹底解説★)を紹介しています。八坂神社見どころ・本殿(重要文化財)は御所・紫宸殿(ししんでん)を模し、本殿と拝殿がひとつになった独特の様式である祇園造・八坂造です。本殿の下には龍が棲むほど底知れぬくらい深い井戸・龍穴があるとも言われています。本殿が最大の八坂神社見どころです。

【八坂神社見どころ以外の情報】
八坂神社基本情報
八坂神社七不思議(見どころ)
八坂神社歴史

【八坂神社見どころ 歴史・簡単概要】
八坂神社(やさかじんじゃ)は656年(斉明天皇2年)に高麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも、876年(貞観18年)に南都の僧・円如が堂(観慶寺)を建立し、薬師千手等の像を奉安したのが起源とも言われています。869年(貞観11年)流行した疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が神泉苑で行われたのが祇園祭の起源と言われ、970年(天禄元年)からは毎年行われるようになりました。

スポンサーリンク


【八坂神社見どころ 本殿】●修学旅行必見
本殿は重要文化財です。本殿は御所・紫宸殿(ししんでん)を模し、本殿と拝殿がひとつになった独特の様式で、祇園造・八坂造と言われています。神社は一般的に本殿と拝殿が別々に建てられることが多いそうです。本殿は1654年(承応3年)江戸幕府4代将軍・徳川家綱が再建しました。なお本殿(拝殿)は檜皮葺の入母屋造です。
(八坂神社見どころ 本殿豆知識)
●本殿の中御座には素戔嗚尊(すさのをのみこと)、東御座には櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、西御座には素戔嗚尊の8人の子供などを祀っています。
●本殿は桁行7間・梁間6間で、日本最大級の神社神殿とも言われています。
(八坂神社見どころ 龍穴豆知識)
●本殿の下には龍が棲むほど底知れぬくらい深い井戸・龍穴(りゅうけつ)があるとも言われ、七不思議に数えられています。

【八坂神社見どころ 楼門】●修学旅行必見
楼門は重要文化財です。楼門は朱塗りで、四条通の突き当たりに建ち、西楼門とも言われています。楼門は1497年(明応6年)に再建されました。なお楼門は本瓦葺の切妻造です。楼門は一般的に入母屋造が多いが、切妻造になっています。
(八坂神社見どころ 楼門豆知識)
●楼門は本殿・舞殿と同じ高さで、三位一体を表しているとも言われています。

【八坂神社見どころ 石鳥居】
石鳥居は重要文化財です。石鳥居は本殿の南にあります。石鳥居は1646年(正保3年)に建立されたが、1662年(寛文2年)に地震によって倒壊し、1666年(寛文6年)に補修されました。なお石鳥居は花崗岩製です。
(八坂神社見どころ 石鳥居豆知識)
●石鳥居は高さ約9.3メートルです。

【八坂神社見どころ 舞殿】
舞殿(ぶでん)は本殿・拝殿前に造営されています。舞殿では奉納行事が行われたり、祇園祭の際に神輿が泰安されたりします。舞殿には料亭・花街の置屋などから奉納された提灯が飾られています。
(八坂神社見どころ 舞殿豆知識)
●舞殿では平成21年(2009年)に提灯の白熱電球がLEDに取り替えられました。

【八坂神社見どころ 疫神社】
摂社・疫神社(えきじんじゃ)はかつて絵馬舎近くにあったが、1913年(大正2年)に現在の場所に移されました。疫神社では祇園祭の最後の行事・夏越祭(えきじんじゃなごしさい)が行われます。
(八坂神社見どころ 疫神社豆知識)
●疫神社は祭神・蘇民将来(そみんしょうらい)を祀り、疫病除けのご利益があると言われています。
疫神社・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 北向蛭子社】
末社・北向蛭子社(えびすしゃ)は重要文化財です。北向蛭子社は1646年(正保3年)に建立されたが、1662年(寛文2年)の地震で倒壊し、1666年(寛文6年)に補修・再建されました。なお蛭子社は三間四方流造のこけら葺です。
(八坂神社見どころ 北向蛭子社豆知識)
●北向蛭子社は事代主神(ことしろぬしのみこと)を祀っています。事代主神は八坂神社の祭神・素戔嗚尊の孫、大国主の子で、商売繁盛・福の神です。
北向蛭子社・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 美御前社】
末社・美御前社(うつくしごぜんしゃ)は美容の神として、美容理容業者・化粧品業者だけでなく、芸舞妓からも信仰されています。美御前社前からは神水・美容水が湧いています。
(八坂神社見どころ 美御前社豆知識)
●美御前社は美を象徴する多紀理比売命(たぎりひめのみこと)・多岐都比売命(たぎつひめのみこと)・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)の三女神を祀っています。
美御前社・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 摂社・末社】
摂社・末社には疫神社・蛭子社・美御前社以外にも悪王子社(あくおうじしゃ)・冠者殿社(かんじゃでんしゃ)・大神宮・大国主社・玉光稲荷社・日吉社・刃物神社・厳島社・太田社・大年社などがあります。
(八坂神社見どころ 摂社・末社豆知識)
●悪王子社は素戔嗚尊の荒御魂(あらみたま)を祀っています。なお悪王子社の「悪」は強力という意味だそうです。
悪王子社・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 御旅所】
御旅所(おたびしょ)はOtabi Kyotoとして、普段お土産などを販売しているが、祇園祭の神幸祭(7月17日)から還幸祭(7月24日)まで間は3基の神輿(中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿)が置かれます。
(八坂神社見どころ 御旅所豆知識)
●御旅所は下京区四条通寺町東入ル貞安前ノ町624にあります。
御旅所・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 御供社】
御供社(ごくうしゃ)は祇園祭の還幸祭(7月24日)の際、3基の神輿が立ち寄ります。なお御供社は祇園祭発祥の地とも言われています。御供社はかつて祇園祭の起源である御霊会が行われた神泉苑の東南端に当たります。
(八坂神社見どころ 御供社豆知識)
●御供社は又旅社(またたびしゃ)とも言われます。
●御供社は中京区三条通黒門西入御供町にあります。
御供社・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 祇園祭】
毎年7月に祇園祭が行われています。祇園祭は869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(素戔嗚尊)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。
(八坂神社見どころ 祇園祭豆知識)
●祇園祭では毎年7月17日に山鉾巡行(前祭)・神幸祭、毎年7月24日に山鉾巡行(後祭)・還幸祭が行われます。
祇園祭日程・八坂神社見どころ
●祇園祭は京都三大祭り(葵祭・時代祭)のひとつに数えられています。
祇園祭・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 例祭】
毎年6月15日に例祭(大祭)が行われています。例祭は祭神ゆかりの日に行われる大祭です。例祭では弥栄雅楽会(やさかががくかい)による東遊(あずまあそび)が奉納されます。
(八坂神社見どころ 例祭豆知識)
●例祭の前夜に行われる御神楽奉納では弥栄雅楽会による人長舞(にんちょうまい)が奉納されます。
例祭・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 祇園社観月祭】
毎年中秋の名月の日に祇園社観月祭(ぎおんしゃかんげつさい)が行われています。祇園社観月祭では神事・和歌の披講が行われ、その後舞殿(ぶでん)で雅楽・舞楽・琴などの伝統芸能が奉納されます。
(八坂神社見どころ 祇園社観月祭豆知識)
●舞殿に飾られているススキは芸能の奉納が済むと自由に持ち帰ることができます。
祇園社観月祭・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ 舞楽奉納】
毎年11月3日に舞楽奉納が行われています。舞楽奉納は975年(天延3年)第64代・円融天皇の病気平癒を祈願する為に行われたの起源と言われています。舞楽奉納では舞殿の南側に大太鼓を組み、弥栄雅楽会が舞楽を奉納します。
(八坂神社見どころ 舞楽奉納豆知識)
●舞楽奉納では最初に祓い清めの意味から振鉾(えんぶ)、最後に演奏のみの長慶子(ちょうけいし)が奉納されます。
舞楽奉納・八坂神社見どころ

【八坂神社見どころ をけら詣り】
毎年12月31日にをけら詣り(をけらまいり)が行われています。
参拝者は境内数箇所に設置されたをけら灯籠から火・白朮火(おけらび)を火縄・吉兆縄(きっちょうなわ)に移し、吉兆縄を回しながら自宅に持ち帰ります。
(八坂神社見どころ をけら詣り豆知識)
●白朮火は雑煮の調理に使うと無病息災のご利益があるとも言われています。
をけら詣り・八坂神社見どころ

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 祇園祭山鉾巡行(後祭)

    2018年7月のイベント

    京都市内などで2018年7月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 祇園祭

    祇園祭2018人気イベント

    祇園祭2018人気イベントを紹介しています。祇園祭2018は7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る