松尾大社八朔祭2017/9/3

八朔祭

八朔祭2017は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では女神輿・子供みこし・八朔相撲(神事相撲)・赤ちゃん土俵入り(赤ちゃん相撲)・嵯峨六斎念仏・上桂御霊太鼓などが行われ、日没後には境内の万灯が灯されます。(詳細下記参照)

【八朔祭2017 日程時間(要確認)】
八朔祭2017は2017年(平成29年)9月3日(日曜日)8:00頃から行われます。なお8:30頃から女神輿の巡行、10:00から神事、16:00頃から六斎念仏が行われます。

【八朔祭2017・松尾大社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区嵐山宮町3
最寄り駅・バス停・・・松尾大社前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは28系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは29系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急嵐山線の場合、最寄り駅は松尾大社駅(徒歩すぐ)

櫟谷宗像神社(アクセス・見どころ・・・)・八朔祭
野宮神社(アクセス・見どころ・・・)・八朔祭

スポンサーリンク


【八朔祭 歴史・簡単概要】
松尾大社八朔祭(はっさくさい)は1885年(明治18年)から行われている神事です。八朔祭では台風や病害虫の被害が多くなる八月朔日(旧暦の8月1日)に風雨順調・五穀豊穣・家内安全を祈願します。なお八朔祭は当初9月1日に行われていたが、1976年(昭和51年)からは9月の第1日曜日に行われるようになりました。ちなみに八朔祭は京都で最後の夏祭りとも言われているそうです。
八朔祭では女神輿・子供みこし・八朔相撲(神事相撲)・赤ちゃん土俵入り(赤ちゃん相撲)・嵯峨六斎念仏・上桂御霊太鼓などが行われ、日没後には境内の万灯が灯されます。なお女神輿は1998年(平成10年)に結成されたやまぶき会により、松尾大社(8:30頃)・阪急嵐山駅(9:45頃)・櫟谷宗像神社(10:20頃)・大堰川(桂川)の船渡御(11:45頃)・竹林の道・野宮神社(13:00頃)・渡月橋(13:50頃)・松尾大社(15:00頃)の順に巡行します。(ルート・時間変更の場合あり)ちなみに女神輿は2000年(平成12年)に新造されたそうです。
八朔祭では前夜に江州音頭盆踊り大会などが行われます。(要確認)
八朔相撲は社伝によると鎌倉時代から行われ、江戸時代初期に編纂された「松尾年中行事次第記巻中」に記されているそうです。なお八朔相撲は神事相撲だが、現在国民体育大会の京都府予選を兼ねているそうです。
八朔は八月朔日の略で、旧暦の8月1日を指します。八朔の頃には農民が恩人などに初穂を贈ったことから「田の実の節句」とも言われたそうです。

【松尾大社 歴史・簡単概要】
松尾大社(まつのおたいしゃ・まつおたいしゃ)は太古の昔、松尾山の山霊を頂上に近い大杉谷の上部の磐座(いわくら)に祀ったのが起源と言われています。その後701年(大宝元年)に秦の始皇帝の子孫と称する渡来系氏族・秦忌寸都理(はたのいみきとり)が第42代・文武天皇の勅命により、社殿を造営したと言われています。また松尾大社は秦氏の総氏神になったとも言われています。730年(天平2年)に朝廷から大社の称号を許され、786年(延暦5年)には従四位下に叙せられたたとも言われています。794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都後、松尾大社は西の王城鎮護社に位置付けられ、東の賀茂社(上賀茂神社(賀茂別雷神社)・下鴨神社(賀茂御祖神社))とともに「東の厳神・西の猛霊」と並び称されました。
*参考・・・松尾大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ松尾大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【八朔祭2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
松尾大社(アクセス・見どころ・・・)情報
松尾大社見どころ
竹林の道(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る