円徳院花灯路ライトアップ2018/3/9~18

花灯路ライトアップ2018(夜間特別拝観)は京都の春の風物詩です。花灯路ライトアップは毎年3月に行われる東山花灯路の一環として行われています。円徳院では国の名勝で、関白・豊臣秀吉が築城した伏見城の遺構とも言われる北庭(旧円徳院庭園)・方丈前庭(南庭)がライトアップされます。(詳細下記参照)

【花灯路ライトアップ2018 日程時間(要確認)】
花灯路ライトアップ2018は2018年(平成30年)3月9日(金曜日)~18日(日曜日)日没~21:30まで行われます。
東山花灯路2018
高台寺花灯路ライトアップ

【花灯路ライトアップ2017・円徳院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町530
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から円徳院は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約15分)・祇園四条駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【花灯路ライトアップ・夜間拝観 歴史・簡単概要】
円徳院ライトアップ・夜間特別拝観(やかんとくべつこうかい)は毎年3月に行われる東山花灯路(ひがしやまはなとうろう)の一環として行われています。なお東山花灯路は京都・花灯路推進協議会が主催して行われています。
円徳院では国の名勝で、関白・豊臣秀吉が築城した伏見城の遺構とも言われる北庭(旧円徳院庭園)・方丈前庭(南庭)がライトアップされます。
東山花灯路では散策路に露地行灯を設置する灯りと花の路・いけばな作品を展示するいけばなプロムナードが行われたり、八坂神社で五花街の舞妓が舞を披露したりします。また狐の嫁入り巡行・火の用心お囃子組など様々なイベントも行われます。
北庭は安土桃山時代に天下一の石組の名手と言われた賢庭(けんてい)が伏見城の化粧御殿の前庭に作庭した池泉回遊式庭園が起源です。その後円徳院に移された際に敷地面積が小さいことから枯池泉座視式(池泉回遊式枯山水庭園)に改修され、更に小堀遠州によって整備されたと言われています。北庭は安土桃山時代の枯山水の庭園だが、全体に巨岩が配置された珍しい庭園とも言われています。また安土桃山時代の豪華さと豪胆さを表しているとも言われています。
方丈前庭は造園史家で、奈良国立文化財研究所の森蘊(もりおさむ)の指導により、徳村宗悦が作庭しました。方丈前庭は枯山水庭園です。

【東山花灯路 歴史・簡単概要】
東山花灯路(はなとうろ)は京都の夜の風物詩を新たに創り出す為、2003年(平成15年)3月から東山エリアで始まり、毎年100万人以上の観光客が楽しんでいます。2005年(平成17年)12月からは嵐山・嵯峨エリアでも嵐山花灯路が始まりました。なお東山花灯路は白壁・石畳・門前町などの東山の地理的条件を生かし、露地に行灯や生け花などを置き、京都の早春の季節感を演出します。

【円徳院 歴史・簡単概要】
円徳院(えんとくいん)・圓徳院は関白・豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が秀吉の菩提を弔う為に高台寺(こうだいじ)創建を発願し、1605年(慶長10年)に伏見城の化粧御殿とその前庭を移して住したのが起源です。高台寺は1606年(慶長11年)に弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建されました。北政所は1624年(寛永元年)に亡くなるまでの19年間を化粧御殿で過ごし、北政所が亡くなると甥である備中足守藩第2代藩主・木下利房(きのしたとしふさ)が化粧御殿を譲り受けて永興院と号しました。1632年(寛永9年)に木下利房が建仁寺295世・三江紹益(さんこうじょうえき)を開基として高台寺の塔頭寺院に改め、木下家の菩提寺にしました。円徳院の名称は木下利房の院号・円徳院に由来しています。
円徳院は臨済宗建仁寺派・高台寺の塔頭です。
*参考・・・円徳院(アクセス・歴史・・・)ホームページ円徳院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【花灯路ライトアップ2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
円徳院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 吉田神社節分祭

    2018年2月のイベント

    京都市内などで2018年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮枝垂梅
    京都梅見ごろ2018(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…
  2. 節分会
    節分・豆まき2018情報を紹介しています。節分・豆まきは毎年立春の前日を中心に行われます。節分・豆ま…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭2018では7月17日に山鉾巡行(前祭)、7月24日に山鉾…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭2018・路頭の儀(行列)は5月15日に行われ、人約500名・…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る