北野天満宮夏越の大祓2017/6/30

北野天満宮

夏越の大祓は京都の夏の風物詩です。夏越の大祓は毎年6月30日に行われています。夏越の大祓式では本殿(国宝)前に設置した茅の輪を神職とともに茅の輪くぐりを行い、日常生活で無意識の内に身に付けた罪や穢れを祓い、無病息災を祈願します。なお小型の茅の輪が授与されます。(詳細下記参照)

【夏越の大祓2017 日程時間(要確認)】
夏越の大祓2017は2017年(平成29年)6月30日(金曜日)16:00から行われます。

【夏越の大祓・北野天満宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町
最寄り駅・バス停・・・北野天満宮前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から北野天満宮は50系統(B2乗り場)、101系統(B2乗り場)
*四条河原町からは51系統 
*四条烏丸からは55系統、101系統、203系統
*河原町丸太町からは10系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は北野白梅町駅(徒歩約7分)

スポンサーリンク


【夏越の大祓 歴史・簡単概要】
北野天満宮夏越の大祓式(なごしのおおはらえ)では過去半年間の罪・穢れを祓い、今後半年間の無病息災を祈願します。夏越の大祓式では先ず本殿(国宝)前に設置した茅の輪の前で神事を行います。神事終了後に神職とともに茅の輪くぐりを行い、日常生活で無意識の内に身に付けた罪や穢れを祓い、無病息災を祈願します。ちなみに夏越の大祓式では直径7~8センチの小型の茅の輪が授与されます。なお北野天満宮では毎年6月25日に祭神・菅原道真の誕生を祝う御誕辰祭(ごたんしんさい)が行われ、楼門に京都最大とも言われている約5メートルの大茅の輪が設置されます。
茅の輪(ちのわ)は素戔嗚尊(すさのおのみこと)が后を求めて旅に出た際、貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)が快くもてなし、素戔嗚尊の教えに従って茅の輪を腰に付けたところ疫病を逃れることができ、子々孫々まで繁栄したという故事に由来する古来からの風習です。なお茅の輪くぐりでは先ず左足から茅の輪をくぐって左に回り、次に右足から茅の輪をくぐり右に回り、最後に左足から茅の輪をくぐり左に抜けます。つまり茅の輪は八の字を描くように合計3回くぐります。茅の輪をくぐる際、「水無月の 夏越の祓へする人は 千歳の命 延ぶというなり」などと心の中で唱えます。
京都では6月30日に厄除けに和菓子・水無月(みなづき)を食べる風習もあります。かつて宮中では旧暦の6月1日に氷室(ひむろ)から氷を取り寄せ、健康に夏を過ごせるよう祈願しました。しかし庶民には氷が貴重だったことから氷を象った三角形の外郎(ういろう)に厄除けの小豆を散らした水無月が食べるようになりました。

【北野天満宮 歴史・簡単概要】
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は947年(天暦元年)に西ノ京に住んでいた多治比文子(たじひのあやこ)・近江比良宮の神主である神良種(みわのよしたね)・北野朝日寺の僧である最珍(さいちん)らが神殿を造営し、祭神・菅原道真(すがわらのみちざね)を祀ったのが起源です。その後道真の左遷の原因になった左大臣・藤原時平(ふじわらのときひら)の甥・藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が私邸を寄贈し、大規模な社殿が造営され、987年(永延元年)に第66代・一条天皇が勅使を派遣して国家の平安を祈願する勅祭が行われ、神号「北野天満宮天神」を賜り、1004年(寛弘元年)には一条天皇が行幸しました。その後1444年(文安元年)の文安の麹騒動(ぶんあんのこうじそうどう)によって焼失し、一時衰退しました。1587年(天正15年)に関白・豊臣秀吉が境内で北野大茶会を行い、1607年(慶長12年)には秀吉の子・豊臣秀頼が本殿などを造営しました。なお北野天満宮は「文道の大祖・風月の本主」と言われる菅原道真を祀っていることもあり、学問の神として多くの信仰を集めています。
北野天満宮は菅原道真を祀った神社の総本社です。
*参考・・・北野天満宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ北野天満宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【夏越の大祓 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
北野天満宮(アクセス・見どころ・・・)情報
北野天満宮見どころ
ずいき祭2018・瑞饋祭2018

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2017年12月のイベント

    京都市内などで2017年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2017/12/8~17

    嵐山花灯路2017は京都の晩秋の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山紅葉
    京都紅葉見ごろ2017(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…
  2. 伏見稲荷大社
    京都初詣ランキングは初詣の人出などからランキングしたものです。初詣ランキングの中には日本人だけでなく…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ葵祭の前儀(関連行事)は…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る