北野天満宮歴史

北野天満宮

北野天満宮歴史(北野天満宮の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)北野天満宮は古くから雷神が祀られていた場所とも言われています。その後947年(天暦元年)多治比文子・近江比良宮の神主である神良種・朝日寺の僧である最珍らが神殿を建てて菅原道真を祀ったのが起源です。

【北野天満宮歴史以外の情報】
北野天満宮歴史以外の基本情報
北野天満宮歴史以外の情報(見どころ)

【北野天満宮歴史 年表】
(北野天満宮歴史 創建前)
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は渡来系氏族・秦氏(はたうじ)の領地で、古くから雷神が祀られていた場所とも言われています。その後平安時代に第50代・桓武天皇の皇子・伊予親王(いよしんのう)が大井荘を営んだとも言われています。また天照大神を祀る桜宮や奈良から移された常住寺があったとも言われています。
836年(承和3年)遣唐使の為に天神地祇を祀る祭場になったと言われています。
899年(昌泰2年)菅原道真(すがわらのみちざね)が右大臣に任命されるが、901年(延喜元年)に左大臣・藤原時平(ふじわらのときひら)の讒言(告げ口)により、太宰府に左遷され、903年(延喜3年)に亡くなりました。道真の死後、都では悪疫が続き、道真の怨霊の仕業と恐れられました。その為道真の死後20年目に朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈りました。993年(正暦4年)には正一位・右大臣・太政大臣を追贈しました。

スポンサーリンク


(北野天満宮歴史 創建)
942年(天慶5年)右京七条に住む多治比文子(たじひのあやこ)に「右近の馬場に祀れ」という道真の託宣があり、自邸内に仮の小祠を祀ったとも言われています。
947年(天暦元年)多治比文子に再び託宣がありました。また近江比良宮の神主である神良種(みわのよしたね)の子・太郎丸にも託宣があったとも言われています。その為多治比文子・神良種・北野朝日寺の僧である最珍(さいちん)らが社殿を造営し、道真を祀りました。
959年(天徳3年)頃に道真の左遷の原因になった藤原時平の甥・藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が私邸を寄贈し、大規模な社殿が造営されました。
973年(天延元年)に焼失したとも言われています。
987年(永延元年)一條天皇が勅使を派遣し、神号「北野天満宮天神」を賜り、勅祭・北野祭が始まったとも言われています。なお992年(正暦3年)伊勢神宮以下19社に加えられました。
1004(寛弘元年)一條天皇が初めて行幸しました。

(北野天満宮歴史 鎌倉・室町時代)
1204年(元久元年)に歌会が開かれ、1398年(応永5年)には法楽連歌も行われました。
1444年(文安元年)文安の麹騒動により、室町幕府の攻撃によって社殿を焼失し、一時衰退しました。

(北野天満宮歴史 その後)
1587年(天正15年)関白・豊臣秀吉が境内で北野大茶会を行いました。
1607年(慶長12年)秀吉の子・豊臣秀頼が片桐且元(かたぎりかつもと)を造営奉行として、本殿などを造営しました。

【北野天満宮歴史 建物】
●本殿・拝殿・石の間・楽の間は1607年(慶長12年)関白・豊臣秀吉の子・秀頼が造営しました。
●中門(三光門)は1607年(慶長12年)豊臣秀頼が造営しました。
●東門は1607年(慶長12年)豊臣秀頼が造営しました。
●後門は1607年(慶長12年)豊臣秀頼が造営しました。
●廻廊は1607年(慶長12年)豊臣秀頼が造営しました。
●透塀(すきべい)は1607年(慶長12年)豊臣秀頼が造営しました。
●摂社・地主神社(じぬしじんじゃ)は北野天満宮が造営される前から祀られていました。
●牛舎(うししゃ)は境内の北西・乾(いぬい)の方角にある小祠で、古くから「乾の牛さん」・「乾さん」と言われて親しまれてきました。
北野天満宮歴史・牛舎
●宝物殿は1927年(昭和2年)に萬燈祭の記念事業として建設されました。

【北野天満宮歴史 その他】
●もみじ苑には樹齢350年のモミジもあります。
●御土居(おどい)は1591年(天正19年)豊臣秀吉が築いた土塁です。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る