不思議不動院南瓜大師供養2015/12/22

南瓜大師供養

南瓜大師供養2015は京都の冬の風物詩です。南瓜大師供養は毎年12月の冬至の日に行われています。南瓜大師供養では信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、祈願成就を願います。なお南瓜大師供養では弘法大師像に3ヶ月供えて祈祷を施し、甘く煮た南瓜が振舞われます。

【南瓜大師供養2015 日程時間(要確認)】
南瓜大師供養2015は2015年(平成27年)12月22日(火曜日)10:00から行われます。

【南瓜大師供養2015・不思議不動院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区衣笠赤阪町1-1
最寄り駅・バス停・・・金閣寺前(徒歩約12分)・金閣寺道(徒歩約15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から不思議不動院は101系統(B2乗り場)道、205系統(B3乗り場)道
*四条河原町からは12系統前道、59系統前道、205系統道
*四条烏丸からは12系統前、101系統道
*河原町丸太町からは59系統前道、204系統道、205系統道
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【南瓜大師供養 歴史・簡単概要】
不思議不動院南瓜大師供養(かぼちゃだいしくよう)は普段大師堂(かぼちゃ大師堂)に安置されている弘法大師像(かぼちゃ大師)を本堂に移し、信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、祈願成就を願います。焚き上げは10:00から何度か行われます。なお南瓜大師供養では弘法大師像に3ヶ月供えて祈祷を施し、甘く煮た南瓜が振舞われます。南瓜を食べると中風除けやボケ封じにご利益があるとも言われています。
弘法大師像は一木造りの坐像で、像高約50センチです。

【不思議不動院 歴史・簡単概要】
不思議不動院(ふしぎふどういん)は1945年(昭和20年)頃に初代貫主・酒井円心(さかいえんしん)が夢の中に現れた不動明王から「難渋苦労している人々を救うように」とのお告げを受け、お狐山周辺を真言宗根本道場として創建しました。境内には大師堂(かぼちゃ大師堂)・お狐大明神・子授け地蔵などの祠堂があり、大師堂に安置されている弘法大師像は南瓜を振舞ったことからかぼちゃ大師と言われています。なお本尊・不動明王は参拝者の祈願が成就したことから「不思議なことを起こす不動尊」と評判になり、「不思議不動」などと言われるようになったそうです。
不思議不動院は真言宗系単立の寺院です。
*参考・・・不思議不動院

【南瓜大師供養2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
南瓜大師供養2015では南瓜一膳500円(護摩木付)です。
不思議不動院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園社観月祭

    2018年9月のイベント

    京都市内などで2018年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 祇園社観月祭
    祇園社観月祭2018は京都の秋の風物詩です。祇園社観月祭は毎年中秋の名月の日に行われます。祇園社観月…
  3. 青龍会
    青龍会は京都の秋の風物詩です。青龍会は毎年9月14日・15日に行われています。青龍会では清水寺・奥の…
  4. 八朔祭
    八朔祭は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では台風や病害虫…
  5. 上賀茂紅葉音頭大踊り
    上賀茂紅葉音頭大踊りは京都の初秋の風物詩です。上賀茂紅葉音頭大踊りは毎年9月9日の重陽の節句前後の土…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る