城下町宮津七万石和火2018/10/5~7

城下町宮津七万石和火は京都の秋の風物詩です。城下町宮津七万石和火は毎年10月に行われています。城下町宮津七万石和火では竹・ペットボトルやLEDなどの約1万個の手作り灯籠で金屋谷地区寺町周辺をライトアップします。城下町宮津七万石和火では催し物が行われたり、模擬店が出店されたりします。(詳細下記参照)

【城下町宮津七万石和火2018 日程時間(要確認)】
城下町宮津七万石和火2018は2018年(平成30年)10月5日(金曜日)~7日(日曜日)18:00~21:00まで行われます。

【城下町宮津七万石和火 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府宮津市・金屋谷地区寺町周辺
最寄り駅・バス停・・・宮津駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮津線・宮福線

スポンサーリンク


【城下町宮津七万石和火 歴史・簡単概要】
城下町宮津七万石和火(じょうかまちみやづななまんごくやわらび)は宮津市市街地の歴史・文化に触れていただく市民参加型の手作りイベントです。なお城下町宮津七万石和火は和火実行委員会・宮津まちなか観光推進協議会が主催して行われています。
城下町宮津七万石和火では竹・ペットボトルやLEDなどの約1万個の手作り灯籠で金屋谷地区寺町周辺をライトアップします。城下町宮津七万石和火では金屋谷地区寺町周辺の寺院などを舞台にして郷土芸能・演奏会などの催し物が行われたり、府北部の飲食店などの模擬店が出店されたりします。
城下町は天正年間(1573年~1592年)に丹後宮津城主・細川忠興が宮津城を築城した際に整備されたが、1600年(慶長5年)の関ヶ原合戦の際に宮津城とともに焼失したと言われています。その後江戸時代に丹後宮津藩初代藩主・京極高知(きょうごくたかとも)と第2代藩主・京極高広(きょうごくたかひろ)が宮津城を大規模に改修した際に城下町も整備され、寺町(金屋谷地区・小川地区)が形成されたとも言われています。寺町には現在栄照院・経王寺・国清寺・桂昌院(江戸幕府5代将軍・徳川綱吉)ゆかりの大頂寺・仏性寺・本妙寺・妙照寺・与謝蕪村ゆかりの見性寺・真照寺・悟真寺などの寺院があります。

【宮津市 歴史・簡単概要】
宮津市(みやづし)は京都府北部に位置しています。宮津市は北側を京丹後市・伊根町、南側を舞鶴市・福知山市、西側を与謝野町に接し、東側を若狭湾の支湾である宮津湾と栗田湾に面しています。宮津市は与謝野町を挟んで南北が飛び地になっており、南北を天橋立(あまのはしだて)によって結ばれているが、天橋立は自動車が通行することはできません。ちなみに天橋立は宮津湾と内海である阿蘇海(あそかい)を南北に隔て、砂嘴(さし)が全長約3.6キロメートル・幅約20~170メートルです。天橋立は国の特別名勝で、宮城の松島・広島の宮島(厳島)とともに日本三景と言わるがあります。宮津市は大部分が京都府・福井県南西部・兵庫県東部・大阪府北部・滋賀県西部に広がる丹波高地にあり、平地が少ない都市です。宮津市は天正年間(1573年~1592年)に細川ガラシャの夫で、丹後宮津城主・細川忠興(ほそかわただおき)が宮津城を築城して城下町を整備し、江戸時代には丹後宮津藩初代藩主・京極高知(きょうごくたかとも)と第2代藩主・京極高広(きょうごくたかひろ)が宮津城を大規模に改修し、城下町も整備して西廻航路の港町として栄えました。宮津市は風待ち港として丹後随一の港町になり、京都府の民謡・宮津節に「縞(しま)の財布が空になる」とも謳われました。また丹後縮緬(たんごちりめん)機業地を控えた商港としても栄えました。なお宮津市は1954年(昭和29年)に市制に移行しました。
*参考・・・宮津市宮津市wikipedia

【城下町宮津七万石和火 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る