平等寺因幡堂の手作り市

平等寺

因幡堂の手作り市は京都の風物詩です。因幡堂の手作り市は毎月8日に行われています。因幡堂の手作り市では手作りの商品が出店・販売されます。ちなみに因幡堂の手作り市では毎回数十店が出店されます。なお因幡堂の手作り市では本堂で護摩祈願やコンサートが行われることもあります。

【因幡堂の手作り市 日程時間(要確認)】
因幡堂の手作り市は毎月8日9:00頃~16:00頃まで行われます。(原則雨天決行・葬祭会館)

【因幡堂の手作り市・平等寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区因幡堂町728 
最寄り駅・バス停・・・烏丸松原(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から平等寺は5系統(A1乗り場)、26系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは5系統、43系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は烏丸駅(徒歩約5分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【因幡堂の手作り市 歴史・簡単概要】
平等寺因幡堂の手作り市(いなばどうのてづくりいち)は2001年(平成13年)から行われています。平等寺ではかつて地蔵堂のお地蔵様が盗まれる事件があり、地蔵堂を修理した左官屋さんから百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)で毎月15日に行われている百万遍さんの手づくり市(ひゃくまんべんさんのてづくりいち)のような市を提案され、因幡堂の手作り市が行われるようになったそうです。ちなみに住職は平等寺がかつて狂言や歌舞伎など娯楽の発信源として賑わった姿を取り戻せば、物騒な事件もなくなると考えていたそうです。
因幡堂の手作り市では手作りの商品が出店・販売されます。ちなみに因幡堂の手作り市では毎回数十店が出店されます。なお因幡堂の手作り市では本堂で護摩祈願やコンサートが行われることもあります。
百万遍さんの手づくり市は1986年(昭和61年)に素人の手づくりの作品を発表する青空個展会場として、京都市の臼井さん・榎本さんが企画したのが起源です。

【平等寺 歴史・簡単概要】
平等寺(びょうどうじ)・因幡堂(いなばどう)は1003年(長保5年)橘行平(たちばなのゆきひら)が自宅を改造し、薬師如来立像を安置したのが起源です。橘行平は997年(長徳3年)因幡から京都への帰路の途中に急病になり、その際の夢告で因幡賀留津(いなばかるつ)の海中から薬師如来立像を引き上げ、供養する草堂(座光寺)を建てて、病気がよくなったことから京都に戻ったが、その後薬師如来立像が橘行平の後を追って京都に来たと言われています。1171年(承安元年)高倉天皇から寺号・平等寺を賜りました。その後度々火災に見舞われたり、寺地が次第に小さくなったりしました。1886年(明治19年)現在の建物が再建されました。
平等寺は真言宗智山派の寺院です。
*参考・・・平等寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ平等寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【因幡堂の手作り市 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
平等寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る