地主神社桜見ごろ

地主神社桜

地主神社桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。地主神社は本殿斜め前に1本の木に一重と八重の花が同時に咲き、古くから名桜と謳われる地主桜や染井吉野・黄桜・普賢象桜・妹背桜など約10本の桜の木が植えられ、地主桜が素晴らしいと言われています。なお桜が見ごろを迎える4月の第2日曜日にえんむすび祈願さくら祭りが行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【地主神社桜見ごろ 2019年(要確認)】
地主神社桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年の京都桜見ごろ情報は2019年2月上旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2019

【地主神社桜・地主神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区清水一丁目317
最寄り駅・バス停・・・清水道(徒歩約10分)、五条坂(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から地主神社は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは202系統
*祇園からは100系統、202系統、206系統、207系統
*四条大宮・四条烏丸・四条河原町・四条京阪からは207系統
*千本丸太町・堀川丸太町・河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約22分)・祇園四条駅(徒歩約25分)

スポンサーリンク


【地主神社桜見ごろ・見どころ】
地主神社は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。地主神社は本殿斜め前に1本の木に一重と八重の花が同時に咲き、古くから名桜と謳われる地主桜(じしゅざくら)や染井吉野・黄桜・普賢象桜(ふげんぞうざくら)・妹背桜(いもせざくら)など約10本の桜の木が植えられ、地主桜が素晴らしいと言われています。なお桜が見ごろを迎える4月の第2日曜日にえんむすび祈願さくら祭りが行われます。(要確認)
現在の地主桜は1962年(昭和37年)に京都の桜守とも言われる佐野藤右衛門(さのとうえもん)が献木したものです。ちなみにかつての地主桜は811年(弘仁2年)に第52代・嵯峨天皇が行幸した際、地主桜の美しさに3度牛車を引き返したとも言われ、御車返しの桜(みくるまがえしのさくら)と言われました。また「地主権現の花ざかり・・・」と謡曲・田村などにも謳われたり、「地主の桜は 散るか散らぬか 見たか水汲 散るやら散らぬやら 嵐こそ知れ」と小歌の歌謡集・閑吟集(かんぎんしゅう)に詠まれたりしました。なお地主神社では明治維新後、東京に遷都されるまで白川女の花使いが毎年御所に桜を届けていたそうです。また地主神社では桜の古木をご神体として祀っているそうです。
えんむすび祈願さくら祭りでは白川女による桜の献花や謡曲・田村と熊野(ゆや)の奉納、また松尾芭蕉の師・北村季吟の献句「地主からは木の間の花の都かな」を句碑前で献詠します。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。
えんむすび祈願さくら祭り・地主神社桜・・・4月上旬頃(地主・黄桜など約10本)

【地主神社 歴史・簡単概要】
地主神社(じしゅじんじゃ)は起源が明確ではありません。地主神社は社伝によると神代(かみよ)の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。それを証明するようにアメリカの原子物理学者・ボースト博士は「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることを確認しました。811年(弘仁2年)に第52代・嵯峨天皇が行幸した際に地主桜の美しさに3度車を返して御車返しの桜の由来になり、970年(天禄元年)には第64代・円融天皇が臨時祭を行って以来、例大祭・地主祭になりました。その後1633年(寛永10年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光が現在の社殿を再建しました。地主神社は清水寺の鎮守社だったが、明治時代の神仏分離令により、清水寺から独立しました。ただ1994年(平成6年)に世界遺産条約により、清水寺と一緒にユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)に登録されました。なお地主神社は縁むすびの神・大国主命(おおくにぬしのみこと)を主祭神、その父母神である素戔嗚命(すさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)、更に奇稲田姫命の父母神である足摩乳命(あしなずちのみこと)・手摩乳命(てなずちのみこと)を正殿に祀っています。
*参考・・・地主神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ地主神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【地主神社桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
地主神社(アクセス・見どころ・・・)情報
地主神社見どころ
京都桜ライトアップ2019
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る