城南宮七草粥の日2017/2/11

城南宮

七草粥の日2017は京都の春の風物詩です。七草粥の日は毎年旧暦の1月7日に近い2月11日に行われています。七草粥の日では春の七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)を神前に供え、参拝者に七草粥を振舞い、無病息災・延命長寿を祈願します。

【七草粥の日2017 日程時間(要確認)】
七草粥の日2017は2017年(平成29年)2月11日(土曜日)10:00~16:00まで行われます。

【七草粥の日2017・城南宮 アクセス・地図】*アドレス変更により、順次置き換え中です。
場所・・・京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
最寄り駅・バス停・・・竹田駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは近鉄京都線

スポンサーリンク


【七草粥の日 歴史・簡単概要】
城南宮七草粥の日(ななくさがゆのひ)は毎年旧暦の1月7日に近い2月11日に行われています。1月7日は五節句のひとつである人日(じんじつ)の節句で、七草粥(若菜粥)を食して健康・無病息災を祈ったことから若菜の節句とも言われました。ちなみに紫式部が書いた「源氏物語」の若菜の巻には春先に春の七草(若菜)を贈り、無病息災を願う風習が描かれているそうです。
七草粥の日では春の七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)を神前に供え、参拝者に熱々の七草粥を振舞い、無病息災・延命長寿を祈願します。ちなみに七草は神苑・楽水苑(らくすいえん)に植えられているそうです。
七草粥は平安時代初期に中国から日本に伝わりました。ただ古来は七種の穀物(米・粟・黍・小豆など)で作った七種粥(ななくさがゆ)だったが、鎌倉時代に七草粥になっとも言われています。ちなみに七草(若菜)を食べる風習は平安時代初期からあったそうです。なお七草粥は1月7日の前夜に「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」と歌いながら七草を細かく刻み、1月7日の早朝に七草・米などで七草粥にして食べる地域もあるそうです。
1月7日は人日の節句・若菜の節句だけでなく、宮中で天皇などが白馬(あおうま)を見る習慣があったことから白馬の節句とも言われています。馬は陽の生き物、青は春を表す青陽とされ、白馬は縁起のいい生き物と考えられていたそうです。ちなみに1月7日に白馬を見ると1年間の邪気を祓い、健康に過ごせるとも言われているそうです。
神苑・楽水苑は春の山・平安の庭 ・室町の庭・桃山の庭・離宮の庭・平安の庭・室町の庭・桃山の庭・離宮の庭などに分かれています。ちなみに春の山は紫式部が書いた「源氏物語」に登場する100余りの植物が植えられ、「源氏物語花の庭」とも言われています。

【城南宮 歴史・簡単概要】
城南宮(じょうなんぐう)は第14代・仲哀天皇の皇后・神功皇后(じんぐうこうごう)による三韓征伐の際に船上に立てた旗とともに神功皇后・大国主神(八千戈神)を祀った真幡寸神社(まはたきじんじゃ)が起源と言われています。その後794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際に国土の安泰と都の守護を祈願し、国常立尊(くにのとこたちのみこと)が併祀され、城南神と言われるようになりました。平安時代後期に白河上皇(第72代・白河天皇)が鳥羽離宮(城南離宮)を造営し、院政を始めたことから離宮の一部になりました。その後御所の裏鬼門を守る神となったが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))などの兵火によって荒廃し、江戸時代に復興されました。なお1876年(明治10年)に名称を真幡寸神社に改めたが、1968年(昭和43年)に名称を城南宮に戻し、真幡寸神社は境内摂社として、新たな社殿が造営されました。
*参考・・・城南宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ城南宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【七草粥の日2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
城南宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 大文字
    五山送り火スポット情報を紹介しています。五山送り火スポットは五山(大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居…
  2. 広沢池灯籠流し
    五山送り火(鳥居形)と灯籠流し(嵐山灯篭流し・広沢池灯籠流し)を同時に楽しめる鑑賞スポット情報を紹介…
  3. 京の七夕
    京の七夕2017は京都の夏の風物詩です。京の七夕は毎年8月に行われています。京の七夕は鴨川会場・堀川…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る