大原・三千院紅葉散策コース

大原・三千院・寂光院紅葉散策コースは日本全国の紅葉名所をピックアップした「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた大原にある紅葉の名所である寺社を散策するルートです。なおルート周辺には実光院・来迎院・出世稲荷神社などもあり、寄り道しながら紅葉を楽しむのもいいかもしれません。(三千院から寂光院までは距離がある為、三千院・宝泉院・勝林院だけを散策するのもいいかもしれません。)

【大原・三千院・寂光院紅葉散策コース】

【紅葉の見頃(例年)・拝観料】
三千院・・・11月中旬頃
宝泉院・・・11月中旬頃
勝林院・・・11月中旬頃
寂光院・・・11月10日頃

スポンサーリンク


【三千院 歴史・簡単概要】
三千院は788年(延暦7年)最澄が比叡山に延暦寺を開いた際、東塔南谷に最澄自作の薬師如来像を本尊とする円融房(えんにゅうぼう)を開いたのが起源です。その後平安時代後期以降は宮門跡になりました。なお三千院はデューク・エイセスが歌った「女ひとり」の歌詞に登場します。
三千院・紅葉名所

【宝泉院 歴史・簡単概要】
宝泉院は1012年(長和2年)第3代天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が創建した勝林院(しょうりんいん)の僧坊のひとつとして建立されました。なお僧坊は江戸時代に法泉坊(宝泉院)・実光坊(実光院)・理覚坊・普暁坊の4坊あったが、現在は宝泉院・実光院の2院しか残っていません。
宝泉院・紅葉名所

【勝林院 歴史・簡単概要】
勝林院は835年(承和2年)円仁(えんにん)が創建しました。その後1013年(長和2年)天台宗の僧・寂源(じゃくげん)が再興したと言われています。なお勝林院では1186年(文治2年)顕真(けんしん)の招請により、法然上人と明遍などの高僧による宗論(大原問答・大原談義)が行われました。
勝林院・紅葉名所

【寂光院 歴史・簡単概要】
寂光院は寺伝によると594年(推古天皇2年)聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔う為に建立したと言われています。なお1185年(寿永4年)平家が滅亡すると平清盛の娘で、高倉天皇の中宮、そして安徳天皇の生母・建礼門院徳子が入寺し、高倉天皇・安徳天皇の菩提を弔いながら余生を送りました。
寂光院・紅葉名所

【実光院 歴史・簡単概要】
実光院は1012年(長和2年)第3代天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が創建した勝林院(しょうりんいん)の僧坊のひとつとして建立されました。なお僧坊は江戸時代に実光坊(実光院)・法泉坊(宝泉院)・理覚坊・普暁坊の4坊あったが、現在は実光院・宝泉院の2院しか残っていません。
実光院(アクセス・見どころ・・・)

【来迎院 歴史・簡単概要】
来迎院は仁寿年間に円仁(えんにん)が天台声明(てんだいしょうみょう)の道場として創建したと言われています。天台声明は経典などに独特の節を付け、僧侶によって唱和されるものです。なお天台声明(魚山声明)は円仁が唐・魚山での14年間の仏教修学後、日本に伝えました。
来迎院(アクセス・見どころ・・・)

【出世稲荷神社 歴史・簡単概要】
出世稲荷神社は1587年(天正15年)豊臣秀吉が聚楽第を造営した際、幼い頃から信仰していた稲荷神社を聚楽第内社に勧請したのが起源です。翌1588年(天正16年)後陽成天皇が聚楽第に行幸した際に稲荷神社に参拝し、立身出世を遂げた豊臣秀吉に因んで、「出世稲荷」の号を授けました。
出世稲荷神社(アクセス・見どころ・・・)

【大原・三千院・寂光院紅葉散策コース 備考】
京都紅葉名所・見頃
京都紅葉名所

京都観光 イベント・行事

  1. 清水寺

    2017年4月のイベント

    京都市内などで2017年4月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  2. 賀茂競馬
    賀茂競馬2017は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  3. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2017は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る