大河内山荘庭園桜見ごろ

大河内山荘庭園桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大河内山荘庭園は京都を代表する桜の名所である嵐山を借景にした園内に桜が植えられ、桜と滴水庵・大乗閣などの光景が素晴らしいと言われています。大河内山荘庭園は拝観料に含まれる抹茶・茶菓子を楽しみながら桜を楽しんだり、散策しながら桜を楽しんだりすることができます。(詳細下記参照)

【大河内山荘庭園桜見ごろ 2018年(要確認)】
大河内山荘庭園桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年の桜の見ごろ情報は2月中旬頃から情報発信する予定です。
京都桜見ごろ2018

【大河内山荘庭園桜・大河内山荘庭園 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8
最寄り駅・バス停・・・野々宮(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から大河内山荘庭園は28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約15分)
*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約12分)

スポンサーリンク


【大河内山荘庭園桜 歴史・簡単概要】
大河内山荘庭園は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。大河内山荘庭園は「日本さくら名所100選」に選ばれ、京都を代表する桜の名所である嵐山を借景にした園内に桜が植えられ、桜と滴水庵(てきすいあん)・大乗閣(だいじょうかく)などの光景が素晴らしいと言われています。また月香亭( げっかてい)から見る眺望も見どころです。大河内山荘庭園は拝観料に含まれる抹茶・茶菓子を楽しみながら桜を楽しんだり、散策しながら桜を楽しんだりすることができます。
茶室・滴水庵は明治時代に建てられ、1937年(昭和12年)に移築されてきました。滴水庵は木造平屋建ての入母屋造り・茅葺き(一部瓦葺き・柿葺き)です。滴水庵には2室の茶室と土間のある水屋などからなり、丸太や竹を多用した数寄屋風の茶室になっています。
大乗閣は1941年(昭和16年)に建てられました。大乗閣は木造平屋建ての檜皮葺き(一部茅葺き・柿葺き・瓦葺き)です。大乗閣は大河内伝次郎の構想に基づき、数寄屋大工・笛吹嘉一郎が施工しました。
月香亭は庭園の頂上付近にあり、眺望が素晴らしいと言われています。大河内伝次郎が比叡山の上に出る月を眺めた場所とも言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【大河内山荘庭園 歴史・簡単概要】
大河内山荘庭園(おおこうちさんそうていえん)は京都府京都市右京区嵯峨にある約6千坪(約2万平方メートル)の回遊式日本庭園です。大河内山荘庭園は昭和の名優で、時代劇六大スタアと言われた俳優・大河内伝次郎(おおこうちでんじろう)が小倉百人一首ゆかりの小倉山などの嵯峨野・嵐山の雄大な風光に魅せられ、約30年の歳月を掛けて荒れ地から丹精込めて作り上げました。ちなみに大河内伝次郎は映画の出演料の大半を注ぎ込んだとも言われています。大河内山荘庭園は1931年(昭和6年)に数寄屋大工・笛吹嘉一郎(うすいかいちろう)が設計した持仏堂(登録有形文化財)を建てることから始まり、庭園は大河内伝次郎と庭師・広瀬利兵衛(ひろせりへい)が共同で作庭したそうです。庭園は長期保存が難しい映画フィルムと対照的に永く残る美の象徴として作庭したと言われています。大河内山荘庭園には持仏堂以外にも大乗閣(登録有形文化財)・滴水庵(登録有形文化財)・月香亭・中門(登録有形文化財)・大河内傳次郎資料館などがあり、カエデ・桜・松などの草木が植えられています。なお1962年(昭和37年)7月に大河内傳次郎が亡くなるとその後一般公開されるようになりました。
*参考・・・大河内山荘庭園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【大河内山荘庭園桜 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
大河内山荘庭園(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜ライトアップ2018
京都桜名所・見ごろ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 十日ゑびす大祭

    2018年1月のイベント

    京都市内などで2018年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮枝垂梅
    京都梅見ごろ2018(梅時期2018)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までにな…
  2. 節分会
    節分・豆まき2018情報を紹介しています。節分・豆まきは毎年立春の前日を中心に行われます。節分・豆ま…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭2018では7月17日に山鉾巡行(前祭)、7月24日に山鉾…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭2018・路頭の儀(行列)は5月15日に行われます。葵祭・路頭…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る