狸谷山不動院大般若祈願会2017/5/3

狸谷山不動院

大般若祈願会は京都の秋の風物詩です。大般若祈願会は毎年5月3日に行われています。大般若祈願会では不動明王前で信者などの願いが込められた護摩木を焚き、大般若経を転読して、身体健全・無病息災を祈願します。また大般若祈願会では邪気を追い払う経典による加持(たたき祓い)も行われます。(詳細下記参照)

【大般若祈願会2017 日程時間(要確認)】
大般若祈願会2017は2017年(平成29年)5月3日(水曜日)11:00から行われます。

【大般若祈願会・狸谷山不動院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区一乗寺松原町6
最寄り駅・バス停・・・一乗寺下り松町(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*叡山電鉄の場合、最寄り駅は一乗寺駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【大般若祈願会 歴史・簡単概要】
狸谷山不動院大般若祈願会(だいはんにゃきがんえ)では本尊・不動明王(咤怒鬼不動明王)前で信者などの願いが込められた護摩木を焚き、大般若経(だいはんにゃきょう)を転読して、身体健全・無病息災を祈願します。転読で起きる風は梵風(ぼんぷう)と言われ、身体健全などのご利益があるとも言われています。また大般若祈願会では邪気を追い払う経典による加持(たたき祓い)も行われます。なお大般若祈願会では本尊を供養する為に蓮の形をした紙花を撒く散華(さんげ)が行われます。散華では本来生花を使うが、現在は紙花が代用されることが多いそうです。
大般若経(大般若波羅蜜多経・だいはんにゃはらみったきょう)の転読は転読という速読法を使い、短時間に読み上げることです。転読では経巻を傾けながらぱらぱらと落とし、経題だけを大声で読み上げます。なお大般若経は三蔵法師玄奘(さんぞうほうしげんじょう)が作り上げた経典で、字数500万字・600巻にも及びます。

【狸谷山不動院 歴史・簡単概要】
狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)・狸谷のお不動さんは平安時代に第50代・桓武天皇の勅願により、平安京の鬼門(北東)守護として咤怒鬼(たぬき)不動明王を安置したのが起源と言われています。その後建長年間(1249年~1256年)に本堂内にある石窟に咤怒鬼不動明王が移されて安置されたと言われています。狸谷山不動院は1718年(享保3年)に木食養阿上人(もくじきようあしょうにん)が創建し、その後木食養阿上人らが石窟に入籠したと言われています。明治維新後の廃仏毀釈によって荒廃したが、1947年(昭和22年)に寺地が拡張され、本殿も造営されました。なお狸谷山不動院は宮本武蔵が滝行により、己に克つ不動心を感得したとも言われているそうです。
狸谷山不動院は真言宗の単立寺院です。
*参考・・・狸谷山不動院(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【大般若祈願会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
狸谷山不動院(アクセス・見どころ・・・)情報
ゴールデンウィークイベント2017

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭
    祇園祭人気イベントを紹介しています。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1ヶ…
  2. 左大文字
    五山送り火2017(五山の送り火・大文字焼き)は京都の夏の風物詩です。五山送り火は毎年8月16日に行…
  3. 祇園祭
    祇園祭2017日程一覧を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る