大超寺

大超寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)大超寺の鍬形薬師(くわがたやくし)はかつて田んぼの中にあり、鍬で田を耕している時に見つかり、鍬の跡が残ったことが名称の由来になっています。なお鍬形薬師は京都十二薬師霊場の第8番札所です。

【大超寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岩倉花園町640-2
最寄り駅・バス停・・・花園町(徒歩約8分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*国際会館駅から大超寺は24系統、26系統、46系統
京都バス・アクセスダイヤ

*叡山電鉄の場合、最寄り駅は八幡前駅(徒歩約12分)

【大超寺 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【大超寺 拝観料金・料金(要確認)】
不明

スポンサーリンク


【大超寺 歴史・簡単概要】
大超寺(だいちょうじ)は1591年(天正19年)に浄土宗の僧で、浄福寺3世・勝誉泰童上人(たいどうしょうにん)が念持仏・薬師如来に母の病気平癒を祈願したところ病気が平癒したことから堂宇を建立し、薬師如来を本尊として安置したのが起源とも言われています。また大超寺は勧修寺晴右の娘で、第107代・後陽成天皇の母・新上東門院晴子院(しんじょうとうもんいんはるこ)から土地を賜って創建され、勅願所になったとも言われています。1730年(享保15年)に焼失したが、その後再建されました。なお1983年(昭和58年)に西陣から現在の場所に移り、1984年(昭和59年)には現在の本堂が建立されました。西陣の旧境内地では日本映画の父とも言われる牧野省三が無声時代劇・碁盤忠信(ごばんただのぶ)を撮影したとも言われています。
大超寺は浄土宗の寺院です。

【大超寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
大超寺の見どころは田んぼの中から見つかったと言われている鍬形薬師です。また恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)作とも言われている本尊・阿弥陀如来立像も見どころです。

【大超寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-711-3166

【大超寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【大超寺 おすすめ散策ルート】
大超寺からのおすすめ散策ルートは三縁寺・高樹院を経由し、三宅八幡に向かうルートです。20分ほど散策すれば、洛北の自然を感じながら三宅八幡に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお大超寺は市街地からかなり離れ、周囲にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園社観月祭

    2018年9月のイベント

    京都市内などで2018年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 祇園社観月祭
    祇園社観月祭2018は京都の秋の風物詩です。祇園社観月祭は毎年中秋の名月の日に行われます。祇園社観月…
  3. 青龍会
    青龍会は京都の秋の風物詩です。青龍会は毎年9月14日・15日に行われています。青龍会では清水寺・奥の…
  4. 八朔祭
    八朔祭は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では台風や病害虫…
  5. 上賀茂紅葉音頭大踊り
    上賀茂紅葉音頭大踊りは京都の初秋の風物詩です。上賀茂紅葉音頭大踊りは毎年9月9日の重陽の節句前後の土…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る