天道神社天道花神事2016/5/17

天道花神事

天道花神事2016は京都の春の風物詩です。天道花神事は毎年11月3日に行われます。天道花神事では境内に高さ数メートルの竹の上に石楠花(しゃくなげ)・躑躅(つつじ)・藤などの季節の花を十字に結んだ天道花を立てて、太陽(お天道様)に供え、この秋の五穀豊穣を祈願します。

【天道花神事2016 日程時間(要確認)】
天道花神事2016は2016年(平成28年)5月17日(火曜日)11:00から行われます。

【天道花神事2016・天道神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区仏光寺通猪熊西北角615
最寄り駅・バス停・・・四条大宮(徒歩約5分)、四条堀川(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から天道神社は26系統(D3乗り場)、28系統(D3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは46系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは11系統、32系統、91系統
*河原町丸太町からは3系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【天道花神事 歴史・簡単概要】
天道神社天道花神事(てんどうばなしんじ)・祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)はお釈迦様が誕生したことを祝う花まつりに由来する神事とも言われています。天道神社では十数年前から行われているそうです。天道花神事では境内に高さ数メートルの竹の上に石楠花(しゃくなげ)・躑躅(つつじ)・藤などの季節の花を十字に結んだ天道花を立てて、太陽(お天道様)に供え、この秋の五穀豊穣を祈願します。なお天道花神事は国宝の上杉本「洛中洛外図屏風」にも描かれている伝統行事だが、現在京都市内では天道神社でしか行われていないとも言われています。ちなみにかつては自宅の庭に天道花を掲げ、太陽に感謝する風習があったそうです。
天道花神事では前日に天道花が立てられます。天道花の下には「千はやぶる 卯月八日は 吉日よ かみさけ虫を せいばいぞする」という和歌や「天道花」の小旗が吊るされ、その下には牡丹餅などの和菓子が供えられます。天道花神事では先ず本殿で祝詞奏上・玉串奉奠などの神事が行われます。なお5月17日(旧暦4月17日)は明治天皇の皇后・昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)の誕生日であることから昭憲皇太后の胞衣塚(おなえづか)で御胞衣塚神事(おえなづかしんじ)も行われます。
天道花はお釈迦様が誕生した旧暦4月8日(卯月八日)に飾れたことからお釈迦様の花とも言われるそうです。ちなみにお釈迦様が今から約2500年前の旧暦の4月8日にルンビニーの花園(インド国境に近いネパール)で誕生したと言われています。
祈年祭は一年の五穀豊穣などを祈願する神道の神事です。元々農民が田の神に農作業の始まりを告げる予祝祭(よしゅくさい)が始まりだそうです。祈年祭は2月頃に行われることが多く、11月頃に行われる新嘗祭(にいなめさい)と対になっています。なお祈年祭は第40代・天武天皇の時代(飛鳥時代)には既に行われていた記録があるそうです。

【天道神社 歴史・簡単概要】
天道神社(てんどうじんじゃ)は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、長岡京から三条坊院東洞院に勧請したのが起源です。天道神社は当初一町四方に及ぶ境内を有していたが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火や火災などにより、度々焼失しました。1574年(天正2年)織田信長が現在の場所に移したが、1788年(天明8年)の天明の大火でも焼失し、その後再建されました。なお天道神社は伊勢神宮の天照大神(あまてらすおおかみ)・正八幡大神(せいはちまんおおかみ)・春日大明神(かすがおおかみ)を祀り、境内には天道天満宮・約束稲荷神社・祇園八坂神社・弁財天厳島神社や明治天皇の皇后・昭憲皇太后の御胞衣塚があります。
*参考・・・天道神社

【天道花神事2016 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
天道神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園祭山鉾巡行(後祭)

    2018年7月のイベント

    京都市内などで2018年7月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 祇園祭

    祇園祭2018人気イベント

    祇園祭2018人気イベントを紹介しています。祇園祭2018は7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 本宮祭
    本宮祭2018は京都の夏の風物詩です。本宮祭は毎年土用入りした直後の日曜日、または祝日に行われていま…
  2. 御手洗祭
    御手洗祭(みたらし祭)・足つけ神事は京都の夏の風物詩です。御手洗祭は毎年土用の丑の日の前後に行われて…
  3. 祇園祭後祭宵山
    祇園祭宵山(後祭)2018は京都の夏の風物詩です。宵山(後祭)は7月21日から23日です。宵山では夕…
  4. 大船鉾曳き初め
    祇園祭山鉾曳き初め(後祭)2018は京都の夏の風物詩です。祇園祭山鉾曳き初め(後祭)は毎年7月20日…
  5. 後祭山建て・鉾建て
    祇園祭山鉾建て(後祭)2018(鉾建て・山建て)は京都の夏の風物詩です。祇園祭山鉾建て(後祭)は毎年…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
ページ上部へ戻る