天龍寺七福神めぐり2018/2/3

天龍寺

天龍寺七福神めぐり2018は京都の春の風物詩です。天龍寺七福神めぐりは毎年2月3日の節分の日に行われます。天龍寺七福神めぐりは天龍寺の総門前で福笹を受け取り、7つの塔頭(妙智院・寿寧院・永明院・松厳寺・慈済院・弘源寺・三秀院)をめぐってお札を受け取り、1年の幸福を願います。(詳細下記参照)

【天龍寺七福神めぐり2018 日程時間(要確認)】
天龍寺七福神めぐり2018は2018年(平成30年)2月3日(土曜日)8:30~16:30まで行われます。天龍寺七福神めぐりでは三秀院・弘源寺・慈済院・松厳寺・永明院・寿寧院・妙智院の順に巡ります。なお天龍寺では節分会も行われています。
天龍寺節分会2018
京都節分祭・節分会2018

【天龍寺七福神めぐり2018 マップ・地図】

スポンサーリンク


【天龍寺七福神めぐり 歴史・簡単概要】
天龍寺七福神めぐりでは三秀院(大黒天)・弘源寺(毘沙門天)・慈済院(弁財天)・松厳寺(福禄寿)・永明院(恵比寿)・寿寧院(不動明王)・妙智院(宝徳稲荷)の順に天龍寺の山内塔頭を巡ってお札を受け取り、1年の幸福を祈願します。なお天龍寺七福神めぐりでは七福神の布袋・寿老人の代わりが宝徳稲荷・不動明王になっています。
料金(要確認)・・・拝観料500円・諸堂拝観料100円・福笹2,500円
天龍寺では天龍寺七福神めぐりだけでなく、天龍寺節分会も行われます。
七福神は古くから福をもたらすとして信仰されています。恵比寿は商売繁盛・五穀豊穣・大魚守護、大黒天は五穀豊穣・出世開運・商売繁盛、弁才天は学徳成就・諸芸上達・福徳施与、毘沙門天は武道成就・降魔厄除・家内安全、布袋尊は千客万来・家運隆盛・商売繁盛、寿老人は幸福長寿・家庭円満・延命長寿、福禄寿は財運招福・延命長寿・招徳人望などのご利益があるとされています。

【天龍寺七福神めぐり 天龍寺】
天龍寺は1339年(暦応2年)室町幕府初代将軍・足利尊氏が後醍醐天皇を弔う為に夢窓疏石(むそうそせき)を開山として、離宮・亀山殿の地に創建しました。なお雲龍図は鈴木松年によって描かれたが、損傷が激しく、加山又造によって法堂天井に八方睨みの龍の雲龍図が描かれました。
天龍寺・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 妙智院】
妙智院は臨済宗の僧・竺雲等連(じくうんとうれん)が堺の貿易商・雲栖軒奇峯道夏居士の外護により、創建しました。その後1864年(元治元年)に庫裏の一部を残して焼失しました。なお宝徳稲荷は宝徳年間に妙智院7世・中山法頴(ちゅうざんほうえい)が勧請したと言われています。
妙智院・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 寿寧院】
寿寧院は貞治年間に臨済宗の僧・龍湫周沢(りゅうしゅうしゅうたく)が創建しました。当初後醍醐天皇が創建した臨川寺(りんせんじ)の子院でした。龍湫周沢は甲斐に生まれ、夢窓疏石の法を嗣ぎ、夢窓派の中心になりました。なお不動明王像(龍湫周沢筆)は国宝に指定されています。
寿寧院・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 永明院】
永明院は1413年(応永20年)臨済宗の僧・太岳周祟(たいがくしゅうそう)が創建しました。その後応仁の乱の兵火などによって焼失し、1865年(慶応元年)に山口玄洞の寄進によって再興しました。なお恵比寿は西ノ宮戎神社の分神です。
永明院・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 松厳寺】
松厳寺・松巌寺は1353年(正平8年)公家で、和学者だった四辻善成(よつつじよしなり)が臨済宗の僧・晦谷祖曇(まいこくそどん)を開山として、開基しました。四辻善成は順徳天皇の曾孫で、左大臣などを歴任しました。なお福禄寿は四辻善成の念持仏だったと言われています。
松厳寺・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 慈済院】
慈済院は1363年(正平18年)天龍寺第2世・無極志玄(むごくしげん)が開基しました。無極志玄は順徳天皇のひ孫で、南洲宏海の元で出家して東福寺・無為昭元に学び、夢窓疏石の法を嗣ぎました。
慈済院・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 弘源寺】
弘源寺は1429年(永享元年)室町幕府管領・細川持之が天龍寺を開山した夢窓疏石(むそうそせき)の法孫・玉岫禅師(ぎょくしゅうえいしゅ)を招聘して、創建しました。なお毘沙門天はインドの仏師・毘首羯磨(びしゅかつま)作で、インド・中国を経由して伝わったと言われています。
弘源寺・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり 三秀院】
三秀院は1363年(正平18年)臨済宗の僧・不遷法序(ふせんほうじょ)が創建しました。不遷法序は相模の生まれ、夢窓疏石の法を嗣ぎ、天龍寺の住持などを歴任しました。また「菩薩蛮」などを記しました。
三秀院・天龍寺七福神めぐり

【天龍寺七福神めぐり2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
天龍寺見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2018年8月のイベント

    京都市内などで2018年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 時代祭
    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…
  3. 千灯供養
    千灯供養2018は京都の夏の風物詩です。千灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。千灯供養で…
  4. 六地蔵めぐり
    六地蔵めぐり2018は京都の夏の風物詩です。六地蔵めぐりは毎年8月22日・23日に行われます。六地蔵…
  5. 宵弘法
    宵弘法2018は京都の夏の風物詩です。宵弘法は毎年真言宗の開祖である弘法大師・空海の月命日である21…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
ページ上部へ戻る