両足院寅市(祇園の手作り市)

両足院

寅市(祇園の手作り市)は京都の風物詩です。寅市(祇園の手作り市)は原則毎月第2日曜日(8月は休み)に行われています。寅市(祇園の手作り市)は小さな手作り市です。寅市(祇園の手作り市)では伝統工芸作品・手作り小物・アクセサリ―などが出店・販売されます。

【寅市(祇園の手作り市) 日程時間(要確認)】
寅市(祇園の手作り市)は毎月第2日曜日10:00~16:00まで行われます。(原則雨天決行)

【寅市(祇園の手作り市)・両足院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)、祇園(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から両足院は100系統(D1乗り場)祇、206系統(D2乗り場)東
*四条河原町からは207系統東祇
*四条烏丸からは207系統東祇
*河原町丸太町からは202系統東祇
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約7分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【寅市(祇園の手作り市) 歴史・簡単概要】
萬福寺寅市(祇園の手作り市)は2009年(平成21年)頃から毘沙門天堂で行われているそうです。寅市は毘沙門天堂を守る寅像が見守る中、人と人の出会い・人と作品の出会いを大切に行われています。ちなみに毘沙門天は寅の年の寅の月の寅の日の寅の刻に出現したとされ、寅は毘沙門天のお使い(神使)と言われています。
寅市(祇園の手作り市)は小さな手作り市です。寅市(祇園の手作り市)では伝統工芸作品・手作り小物・アクセサリ―などが出店・販売されます。
毘沙門天堂には鞍馬寺に安置されていた毘沙門天の胎内仏だった毘沙門天が安置されています。織田信長が比叡山(延暦寺)を焼き討ちした際、鞍馬寺の僧が毘沙門天像の安全を危惧し、茶家・比喜多養清のところに疏開させたそうです。なお毘沙門天は方滅天・伍代天・三納天とともに四天王の一尊に数えられる北方守護の武神で、多聞天(たもんてん)とも言われています。また毘沙門天は室町時代から恵比寿・大黒天・弁財天・寿老人・福禄寿・布袋とともに七福神の一神に数えられ、招福と勝負の神とされています。

【両足院 歴史・簡単概要】
両足院(りょうそくいん)は建仁寺(けんにんじ)を開山した明庵栄西禅師(みんなんえいさいぜんじ・みんなんようさいぜんじ)の法脈を受け継ぐ龍山徳見禅師(りゅうざんとっけんぜんじ)が開山し、知足院と号したのが起源です。その後天文年間の火災の後、知足院の別院、または徒弟院(つちえん)だった両足院と合寺し、両足院になりました。なお建仁寺は1202年(建仁2年)に明庵栄西禅師が鎌倉幕府2代将軍・源頼家から寺域を寄進されて創建しました。
両足院は臨済宗大本山建仁寺の塔頭です。
*参考・・・両足院(アクセス・歴史・・・)ホームページ両足院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【寅市(祇園の手作り市) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
両足院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 船岡大祭
    船岡大祭は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好…
  2. 斎宮行列
    斎宮行列2018は京都の秋の風物詩です。斎宮行列は毎年10月の第3日曜日に行われています。斎宮行列は…
  3. 笠懸神事
    笠懸神事2018は京都の秋の風物詩です。笠懸神事は毎年10月の第3日曜に行われています。笠懸では約5…
  4. 春日祭
    春日祭2018は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る