市比売神社重陽祭2018/9/9

市比売神社

重陽祭は京都の秋の風物詩です。重陽祭は毎年9月9日に行われています。重陽祭では最高の陽数の重なる9月9日に長寿を祈願し、敬老に感謝します。重陽祭では菊の花が神前に供えられ、菊の着せ綿が境内に置かれ、祝詞奏上などの神事が行われます。重陽祭では古代中国の物語・菊慈童を模し、菊を浮かべた菊酒が接待されます。(要確認)(詳細下記参照)

【重陽祭2018 日程時間(要確認)】
重陽祭2018は2018年(平成30年)9月9日(日曜日)11:00から行われます。

【重陽祭・市比売神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
最寄り駅・バス停・・・河原町五条(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から市比売神社は4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、17系統、205系統
*河原町丸太町からは17系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約5分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【重陽祭 歴史・簡単概要】
市比売神社重陽祭(ちょうようさい)・敬老感謝では最高の陽数の重なる9月9日に長寿を祈願し、敬老に感謝します。重陽祭では菊の花が神前に供えられ、菊の着せ綿(きくのきせわた)が境内に置かれ、祝詞奏上などの神事が行われます。その後巫女による舞楽・菊寿の舞が奉納されます。なお重陽祭では古代中国の物語・菊慈童(きくじどう)を模し、菊を浮かべた菊酒が接待されます。(要確認)ちなみに菊慈童は800歳の長寿を得たと言われています。また宮中行事・菊の着せ綿に由来する菊之御中(きくのおなか)が特別に授与されます。(要確認)なお9月9日には市比売神社が官営市場の守護所で、商いの御免状・鑑札(かんさつ)を発行していたことからカード感謝祭も行われます。カード感謝祭では期限切れ・使用済みのカードに感謝して納め、カード塚にカードによる災いから身を守られるように祈願します。
9月9日の重陽(ちょうよう・菊)の節句は1年の節目とされる日で、1月7日の人日(じんじつ・七草)の節句・3月3日の上巳(じょうし・桃)の節句・5月5日の端午(たんご・菖蒲)の節句・7月7日の七夕(しちせき)の節句とともに五節句に数えられています。重陽の節句ではかつて宮中で菊の鑑賞や菊酒を嗜む菊花宴(きつかのえん)が行われていたそうです。なお中国の陰陽思想では陽数(奇数)が重なる月日はよい日とされ、特に陽数(奇数)の内で最大数である9が重なる9月9日は最もい日とされ、重陽と言われています。
菊の着せ綿は9月9日の前夜に菊(白・赤・黄色各3本)に真綿を被せ、翌9月9日の早朝に香りが移って露を含んだ真綿で体を拭うと延命長寿のご利益があるとも言われています。
舞楽は雅楽の一種です。舞楽は唐楽(とうがく)・高麗楽(こまがく)を伴奏とする舞踊です。なお唐楽を伴奏とする舞楽は左舞(さまい)・高麗楽を伴奏とする舞楽は右舞(うまい)と言われます。
カード塚は1988年(昭和63年)に京都造形芸術大学教授・田村蘊(たむらつつむ)が建立しました。

【市比売神社 歴史・簡単概要】
市比売神社(いちひめじんじゃ)・市比売神社は795年(延暦14年)公卿・藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)が桓武天皇の命により、官営市場の東市・西市の守護神として造営しました。その後1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移りました。1927年(昭和2年)に日本初の中央卸売市場が京都に開設された際、市場の守護神として市場内に分社・市姫神社(いちひめじんじゃ)が祀られました。なお市比売神社の祭神は多紀理毘賣命(たぎりひめのみこと)・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)・多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)・下光比賣命(したてるひめのみこと)・神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)で、全て女神であることから女性の守護神とされ、女性の願い事や厄除けのご利益があるとも言われています。
*参考・・・市比売神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【重陽祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
市比売神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る