平安神宮節分祭2018/2/3

平安神宮

節分祭2018は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年立春の前日に行われています。節分祭(せつぶんさい)では厄除け・招福を祈願します。節分祭では大蔵流茂山社中による奉納狂言・鬼を追い払う大儺之儀(だいなのぎ)・豆撤行事(鬼の舞)・大火焚祭が行われます。(詳細下記参照)

【節分祭2018 日程時間(要確認)】
節分祭2018は2018年(平成30年)2月3日(土曜日)10:00から行われます。なお12:00~14:00まで狂言の奉納、13:00から節分祭、14:00から大儺之儀、15:00から豆撤行事(鬼の舞)・大火焚祭が行われます。
節分・豆まき2018

【節分祭2018・平安神宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岡崎西天王町97
最寄り駅・バス停・・・岡崎公園 美術館・平安神宮前(徒歩約3分)、岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【節分祭 歴史・簡単概要】
平安神宮節分祭(せつぶんさい)では厄除け・招福を祈願します。節分祭では大蔵流茂山社中による奉納狂言・鬼を追い払う大儺之儀(だいなのぎ)・豆撤行事(鬼の舞)・大火焚祭が行われます。
大儺之儀は平安時代に宮中で行われていた追儺式(ついなしき)を古式に則り、式次第・作法・祭具・衣裳に至るまでを忠実に再現します。ちなみに大儺之儀は1974年(昭和49年)から京都大学名誉教授・猪熊兼繁の時代考証によって再現されているそうです。
豆撤行事(鬼の舞)では大蔵流茂山社中による鬼の舞が披露され、鬼は豆まきで追い払われます。
大火焚祭では願いが込められた火焚串(護摩木)を焚き上げ、厄を祓います。
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
追儺は平安時代初期から大晦日に宮中で行われている鬼払いの儀式です。追儺は鬼やらい・鬼遣らい・儺(な)やらい・鬼儺・大儺(たいだ)・駆儺(くだ)などとも言われています。追儺では黄金四つ目の面を付け、右手に矛、左手に楯を持った方相氏(ほうそうし)などが大内裏の中を「鬼やらう」と大声を掛けながら鬼を追い払って回りました。ただその後方相氏は追い払う側から追い払われる側に変わったそうです。なお追儺は文武天皇(697年~707年) の時代に中国から伝わったとも言われています。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。
狂言は能とともに猿楽を起源とする伝統芸能です。狂言は猿楽の滑稽な物真似(ものまね)を洗練させた庶民的な喜劇・笑劇です。
大蔵流は天台宗の学僧・玄恵法印(げんえほういん)を流祖とし、室町時代後期に金春座(こんぱるざ)で狂言を務めていた大蔵弥右衛門(おおくらやえもん)が起こした狂言の流派です。

【平安神宮 歴史・簡単概要】
平安神宮(へいあんじんぐう)は1895年(明治28年)3月15日に平安京遷都1100年を記念して行われた内国勧業博覧会の目玉として、平安京遷都当時の宮城である大内裏(だいだいり)の一部を復元し、第50代・桓武天皇を祀る神社として創建されました。平安神宮は当初かつての平安京大内裏があった千本丸太町に計画されたが、用地買収に失敗し、現在の場所である岡崎に実物の8分の5の規模で復元されました。ちなみに1893年(明治26年)に地鎮祭が行われ、1894年(明治28年)に本殿・大極殿・応天門・青竜楼・白虎楼などが完成し、1895年(明治27年)には地鎮式が行われました。その後1895年(明治28年)10月に平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を盛大に奉祝する為に時代祭(じだいまつり)が始まり、1940年(昭和15年)には第121代・孝明天皇が祭神に加えられました。なお平安神宮は東本殿に平安京遷都を行った桓武天皇(737年~806年)、西本殿に平安京有終の天皇である孝明天皇(1831年~1867年)を祀っています。
*参考・・・平安神宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ平安神宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【節分祭2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
節分祭では甘酒の接待も行われます。(要確認)
平安神宮(アクセス・見どころ・・・)情報
平安神宮見どころ
時代祭2018(日程・ルート・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2017年12月のイベント

    京都市内などで2017年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 京駅都イルミネーション

    クリスマスイルミネーション2017

    クリスマスイルミネーションは京都の初冬の風物詩です。クリスマスイルミネーションは12月25日のクリス…
  3. 嵐山花灯路

    渡月橋ライトアップ2017/12/8~17

    ライトアップ2017は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯路の一…
  4. 竹林の道

    竹林の道ライトアップ2017/12/8~17

    ライトアップ2017は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯路の…
  5. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2017/12/8~17

    嵐山花灯路2017は京都の晩秋の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 伏見稲荷大社
    京都初詣ランキングは初詣の人出・イベントなどからランキングしたものです。初詣ランキングの中には日本人…
  2. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭2018は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事…
  3. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ葵祭の前儀(関連行事)は…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る