平安神宮見どころ

平安神宮

平安神宮見どころ・豆知識(★簡潔・簡単に徹底解説●)を紹介しています。平安神宮の見どころである大極殿は正面約30メートルです。その前庭には御所・紫宸殿(ししんでん)と同じように左近の桜・右近の橘があります。ちなみに左近・右近は警護する左近衛府・右近衛府に由来しているそうです。

【平安神宮見どころまとめ以外の情報】
平安神宮見どころ(見所)以外の基本情報

【平安神宮 歴史・簡単概要】
平安神宮(へいあんじんぐう)は1895年(明治28年)3月15日に平安京遷都1100年を記念して行われた内国勧業博覧会の目玉として、平安京遷都当時の宮城である大内裏(だいだいり)の一部を復元して創建されました。平安神宮は当初かつての大内裏があった千本丸太町に計画されたが、用地買収に失敗し、現在の岡崎に実物の8分の5の規模で復元されました。1895年(明治28年)には平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を盛大に奉祝する為、葵祭・祇園祭とともに京都三大祭りに数えられる時代祭(じだいまつり)が始まりました。

スポンサーリンク


【平安神宮見どころ 大極殿】●修学旅行必見
大極殿(だいごくでん)は重要文化財です。大極殿は応天門の北、本殿の南にあります。大極殿の屋根は碧瓦で葺かれ、棟の両端には金色の鴟尾(しび)が置かれています。大極殿は1895年(明治28年)に造営されました。なお大極殿は本瓦葺の入母屋造です。
(平安神宮見どころ 大極殿豆知識)
●大極殿は正面約30メートルです。
(平安神宮見どころ 前庭豆知識)
●大極殿の前庭には左近の桜・右近の橘があります。また前庭には勾欄がある龍尾檀も設けられています。

【平安神宮見どころ 東西歩廊】
東西歩廊は重要文化財です。東西歩廊は大極殿・白虎楼に繋がっています。東西歩廊は1895年(明治28年)に造営されました。なお東西歩廊は本瓦葺の切妻造です。
(平安神宮見どころ 東西歩廊豆知識)
●東西歩廊は建築面積約200平方メートルあります。

【平安神宮見どころ 蒼龍楼】
蒼龍楼(そうりゅうろう)は重要文化財です。蒼龍楼は拝殿の東にあります。蒼龍楼は二層(二階建て)の楼閣で、二層目の中央と四隅に二階建ての楼閣が5つあります。なお蒼龍楼は1895年(明治28年)に造営されました。なお蒼龍楼は本瓦葺です。
(平安神宮見どころ 蒼龍楼豆知識)
●蒼龍楼は高さ約10メートルです。

【平安神宮見どころ 白虎楼】
白虎楼(びゃっころう)は重要文化財です。白虎楼は拝殿の西にあります。白虎楼は二層(二階建て)の楼閣で、二層目の中央と四隅に二階建ての楼閣が5つあります。なお白虎楼は1895年(明治28年)に造営されました。なお白虎楼は本瓦葺です。
(平安神宮見どころ 白虎楼豆知識)
●白虎楼は高さ約10メートルです。

【平安神宮見どころ 応天門】
応天門(おうてんもん)は重要文化財です。応天門は大鳥居の北にあります。応天門は二層(二階建て)の楼門です。応天門の屋根は碧瓦で葺かれています。応天門は1895年(明治28年)に造営されました。なお応天門は本瓦葺です。
(平安神宮見どころ 応天門豆知識)
●応天門には緑青の連子窓があります。

【平安神宮見どころ 大鳥居】
大鳥居は登録有形文化財です。大鳥居は応天門の南約300メートルの場所にあります。大鳥居は1928年(昭和3年)昭和天皇御大礼の記念事業として造営されました。なお大鳥居はコンクリート造です。
(平安神宮見どころ 大鳥居豆知識)
●大鳥居は高さ約24メートル・幅約18メートルです。
●大鳥居は柱の内部に階梯があり、笠木まで昇ることができるそうです。

【平安神宮見どころ 神楽殿】
神楽殿(かぐらでん)は登録有形文化財です。神楽殿は額殿の反対側にあり、廻廊に繋がっています。神楽殿は神楽を奉納したり、箏曲を奏でたりする儀式殿です。神楽殿は1940年(昭和15年)に造営されました。なお神楽殿は碧瓦葺の入母屋造です。規模・構造は額殿と同じです。
(平安神宮見どころ 神楽殿豆知識)
●神楽殿では結婚式を行うこともできるそうです。

【平安神宮見どころ 額殿】
額殿(がくでん)は登録有形文化財です。額殿は神楽殿の反対側にあり、廻廊に繋がっています。額殿は四半敷の総土間です。額殿は1940年(昭和15年)に造営されました。なお額殿は碧瓦葺の入母屋造です。規模・構造は神楽殿と同じです。
(平安神宮見どころ 額殿豆知識)
●額殿は奉納された額や絵馬を掛けることから絵馬堂・額堂とも言われます。

【平安神宮見どころ 斎館】
斎館(さいかん)は登録有形文化財です。斎館は東外廻廊の外側にあります。斎館には唐破風造の玄関があります。斎館は1940年(昭和15年)に造営されました。なお斎館は瓦葺の一部銅板葺です。
(平安神宮見どころ 斎館豆知識)
●斎館では神職などが神事の前に心身を清めます。

【平安神宮見どころ 泰平閣】
泰平閣(たいへいかく)は東神苑にある栖鳳池に掛けられた橋殿です。泰平閣は京都博覧会に使われたそうです。泰平閣は大正時代初期に京都御所から賜って移しました。なお泰平閣は檜皮葺です。
(平安神宮見どころ 泰平閣豆知識)
●泰平閣には西向きに鳳凰が付けられています。

【平安神宮見どころ 神苑】●修学旅行必見
神苑(しんえん)は名勝です。神苑は内国博覧会の東方美術館跡に造られました。神苑は社殿を取り囲むように東・中・西・南の四つの庭からなる池泉回遊式庭園です。神苑は造園家・7代目小川治兵衛が1895年がら20年以上掛けて作庭しました。
(平安神宮見どころ 神苑豆知識)
●神苑は約1万坪(総面積3万3千平方メートル)あります。
●南神苑は八重桜の名所です。
●神苑は毎年花菖蒲が見頃を迎える6月上旬と南神苑に「平安の苑」が造営された9月19日に無料公開されます。
神苑無料公開・平安神宮見どころ

【平安神宮見どころ 地主社】
地主社(じぬししゃ)は中神苑の一角に平安神宮の鬼門(北東)の守護として創建時から祀られています。地主社は大地主神(おおとこぬしのみこと)を祀っています。なお地主社には災難除けのご利益があるとも言われています。

【平安神宮見どころ 時代祭】
平安神宮では毎年10月22日に時代祭・時代行列を行っています。時代祭は1895年(明治28年)平安神宮の創建と平安京遷都1100年祭を奉祝する為に始まりました。なお時代祭は10月15日の参役宣状祭から始まり、23日の後日祭で終わりますます。
(平安神宮見どころ 時代祭豆知識)
●時代祭の時代行列には明治維新時代・江戸時代・安土桃山時代・室町時代・吉野時代・鎌倉時代・藤原時代・延暦時代などがあります。
●時代祭は葵祭・祇園祭と合わせて、京都三大祭りに数えられています。
時代祭・平安神宮見どころ

【平安神宮見どころ 節分祭】
平安神宮では毎年節分の日に節分祭(せつぶんさい)を行っています。節分祭では厄除け・招福を祈願します。節分祭では鬼を追い払う大儺之儀(だいなのぎ)・豆撤行事(鬼の舞)・大火焚祭などが行われます。
(平安神宮見どころ 節分祭豆知識)
●大儺之儀は平安時代に宮中で行われていた追儺式(ついなしき)を古式に則り、式次第・作法・祭具・衣裳に至るまでを忠実に再現します。
節分祭・平安神宮見どころ

【平安神宮見どころ 例祭】
平安神宮では毎年4月15日に例祭を行っています。例祭は天皇陛下からの幣帛を唐櫃に納めた勅使が参向する中で行われます。ちなみに4月15日は祭神・桓武天皇が781年(天応元年)に即位し、平城京の大極殿で百官の拝賀を受けた日とされています。
(平安神宮見どころ 例祭豆知識)
●例祭の翌日16日には例祭翌日祭・神賑行事が行われます。
例祭・平安神宮見どころ

【平安神宮見どころ 観桜茶会】
平安神宮では桜が見頃を迎える時期に観桜茶会(かんおうちゃかい)を行っています。観桜茶会は西神苑内の茶室・澄心亭(ちょうしんてい)で行われ、紅枝垂桜(平安紅枝垂・八重紅枝垂桜)を愛でながらお茶を楽しむことができます。
(平安神宮見どころ 観桜茶会豆知識)
●紅枝垂桜は作家・谷崎潤一郎が小説・細雪(ささめゆき)の中で、「紅の雲のよう」と讃えています。
観桜茶会・平安神宮見どころ

【平安神宮見どころ 紅しだれコンサート】
平安神宮では桜が見頃を迎える時期に紅しだれコンサートを行っています。紅しだれコンサートは東神苑・南神苑の紅枝垂桜をライトアップし、東神苑の貴賓館をステージに音楽を楽しむコンサートです。
(平安神宮見どころ 紅しだれコンサート豆知識)
●紅枝垂桜はかつて近衛家の庭に植えられていたとも、京都御所から塩竈市・鹽竈神社に下賜されたものとも言われ、仙台から寄贈されて里帰りの桜と言われています。
紅しだれコンサート・平安神宮見どころ

【平安神宮見どころ 京都薪能】
平安神宮では毎年6月1日・2日に京都薪能(きょうとたきぎのう)を行っています。京都薪能は大極殿前に特設の舞台を設け、篝火が焚かれ、社殿がライトアップされた幻想的な空間で行われます。
(平安神宮見どころ 京都薪能豆知識)
●観世流(かんぜりゅう)・金剛流(こんごうりゅう)・大蔵流(おおくらりゅう)による能と狂言が上演されます。
京都薪能・平安神宮見どころ

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る