広河原松上げ2018/8/24

広河原松上げ

広河原松上げは京都の夏の風物詩です。広河原松上げは毎年8月24日に行われています。広河原松上げでは松場(まつば)に刺した約1,000本の松明(たいまつ・地松)に点火し、その後高さ約20メートルの木・燈籠木(とろぎ)の先に取り付けた大笠に向かって火の点いた松明を投げ上げます。(詳細下記参照)

【広河原松上げ2018 日程時間(要確認)】
広河原松上げ2018は2018年(平成30年)8月24日(金曜日)20:30頃から行われます。(小雨決行)

【広河原松上げ・広河原 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区広河原下の町
最寄り駅・バス停・・・下の町(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*出町柳駅から京都バス・広河原行き
●バスの時間(最終バス)に注意して下さい。なお京都バスが広河原松上げ観賞バスを運行しています。(要注意)

【広河原松上げ 歴史・簡単概要】
広河原松上げ(ひろがわらまつあげ)は300年以上前の江戸時代から行われているとも言われています。広河原松上げは洛北に伝わる精霊送りと火伏せ・五穀豊穣を祈願する愛宕神事です。
広河原松上げでは先ず河原・畦道などの松場(まつば)に刺した約1,000本の松明(たいまつ・地松)に点火し、その後高さ約20メートルの木・燈籠木(とろぎ)の先に取り付けた大笠に向かって火の点いた松明を投げ上げます。大笠に火が移った後に燈籠木が倒され、大笠を2本の棒でかき上げるつっこみが行われます。なお広河原松上げでは近くの広河原下之町観音堂で、浴衣・三幅前垂れ・下駄姿の女性によるヤッサ踊(京都市の無形民俗文化財)や老若男女によるヤッサコサイも踊られるそうです。ちなみに松場には男性しか入ることができないそうです。
松上げは京都と若狭を結ぶ若狭街道周辺の山村でお盆(地蔵盆)の時期に行われる火祭りです。松上げは山火事を恐れ、火伏(防火)に霊験があるとされる愛宕神社(あたごじんじゃ)を崇拝する愛宕信仰が起源とも言われています。ちなみに京都の家庭の台所や飲食店の厨房などには愛宕神社の「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた火伏札がよく貼られています。なお松上げは松上げ祭り・松上げ神事・上げ松などとも言われているそうです。
地蔵盆は毎月24日に行われる地蔵菩薩(お地蔵さん)の縁日のことだが、お盆(盂蘭盆会)に近い旧暦7月24日に行われる地蔵盆を言うことが多いそうです。ちなみに地蔵菩薩は子供の守り神とされています。
愛宕神社は大宝年間(701年~704年)に修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)と白山の開祖である泰澄が朝廷の許しを得て、愛宕山(朝日峰)に神廟を造営したのが起源と言われています。

【左京区 歴史・簡単概要】
左京区(さきょうく)は京都市を構成する11区のひとつで、京都市の北東部に位置しています。左京区は南北に長く、北部は南丹市・滋賀県高島市、南部は東山区・山科区、東部は滋賀県大津市、西部は右京区・上京区・北区に接しています。左京区は北部・中部北・中部南・南部に区分され、広河原松上げが行われる広河原地区は鞍馬・静市・花脊・久多とともに北部になります。ちなみに花脊・久多では広河原松上げと同じように8月に花脊の松上げ・久多の松上げが行われています。左京区にはいずれも世界遺産である銀閣寺(慈照寺)・下鴨神社や京都三大祭りのひとつである時代祭を行う平安神宮、そして南禅寺・鞍馬寺・貴船神社・三千院などの寺院・神社などもあります。なお左京区は1929年(昭和4年)に上京区から分区して成立しました。
*参考・・・松上げwikipedi左京区(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【広河原松上げ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2018年11月のイベント

    京都市内などで2018年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る