カテゴリー:後祭山鉾

  • 八幡山

    八幡山

    八幡山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。八幡山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭後祭(7月24日)で巡行します。なお八幡山に祀られている八幡宮は祇園祭以外の期間は三条町にある町会所の庭で祀られているそうです。
  • 鈴鹿山

    鈴鹿山

    鈴鹿山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。鈴鹿山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭後祭(7月24日)で巡行します。真松(松の木)には盗難除けのご利益があると言われている絵馬(盗難除けの護符)を付けて巡行します。なお絵馬は山鉾巡行後に授与されます。
  • 役行者山

    役行者山

    役行者山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。役行者山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭後祭(7月24日)で巡行します。役行者山では宵山の7月23日昼過ぎから聖護院門跡の山伏による問答と採燈護摩が行なわれます。なお山伏は役行者山の巡行にも随行します。
  • 黒主山

    黒主山

    黒主山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。黒主山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭後祭(7月24日)で巡行します。黒主山は除け粽(ちまき)と同様に家の戸口にさすと悪事が入ってこないと言われている桜の造花を山に飾って巡行します。
  • 浄妙山

    浄妙山

    浄妙山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。浄妙山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭後祭(7月24日)で巡行します。なお浄妙山は宇治川の合戦の先陣争いから悪しゅう候山とも、胴掛のビロード織からビロード山とも言われています。また勝ち運の山とも言われているそうです。
  • 鯉山

    鯉山

    鯉山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。鯉山はくじ取り式で巡行順を決め、祇園祭後祭(7月24日)で巡行します。鯉山は山の上に江戸時代初期の大工・彫刻師である左甚五郎が造ったと言われている全長約1.5メートルもある鯉をのせて巡行します。
  • 橋弁慶山

    橋弁慶山

    橋弁慶山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。橋弁慶山はくじ取らずで、祇園祭後祭(7月24日)の先頭を巡行します。橋弁慶山は祇園祭の舁山の中で唯一のくじ取らずです。またくじ改めの際には奉行(京都市長)の前で山を回す必要がない特別扱いにもなっています。
  • 南観音山

    南観音山

    南観音山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。南観音山はくじ取らずで、祇園祭後祭(7月24日)の6番目を巡行します。南観音山は楊柳観音を祀っていることから北観音山と同じように諸病を防ぐと言われている柳の枝も差して巡行します。また山の四隅には菊竹梅蘭の木彫りの薬玉も付けます。
  • 北観音山

    北観音山

    北観音山(祇園祭後祭)情報を紹介しています。北観音山はくじ取らずで、祇園祭後祭(7月24日)の2番目を巡行します。北観音山は楊柳観音を祀っていることから山の後ろに諸病を防ぐと言われている柳の枝も差して巡行します。なお真松(松の木)は南観音山のものと毎年二本届けられ、クジを引いて選びます。
  • 大船鉾

    大船鉾

    大船鉾(祇園祭後祭)情報を紹介しています。大船鉾はくじ取らずで、祇園祭後祭(7月24日)の殿(最後尾)を巡行します。なお大船鉾は祇園祭前祭(7月17日)の殿を巡行する船鉾とはほぼ同型だが、船鉾よりも一回り大きくなっています。

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園社観月祭

    2018年9月のイベント

    京都市内などで2018年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 祇園社観月祭
    祇園社観月祭2018は京都の秋の風物詩です。祇園社観月祭は毎年中秋の名月の日に行われます。祇園社観月…
  3. 青龍会
    青龍会は京都の秋の風物詩です。青龍会は毎年9月14日・15日に行われています。青龍会では清水寺・奥の…
  4. 八朔祭
    八朔祭は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では台風や病害虫…
  5. 上賀茂紅葉音頭大踊り
    上賀茂紅葉音頭大踊りは京都の初秋の風物詩です。上賀茂紅葉音頭大踊りは毎年9月9日の重陽の節句前後の土…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る