祇園祭御朱印集め(後祭)2019/7/21~23

後祭御朱印集め

祇園祭御朱印集め(後祭)は京都の夏の風物詩です。祇園祭御朱印集め(後祭)は毎年7月21日から23日まで行われています。御朱印集めは山鉾町を回り、山鉾町の御朱印(朱色のスタンプ)を集めるものです。なお八坂神社では祇園祭が行われる7月だけ祇園祭の起源とされる御霊会朱印が授与されます。(詳細下記参照)

【祇園祭御朱印集め(後祭)2019 日程時間(要確認)】
祇園祭御朱印集め(後祭)2019は2019年7月21日(日曜日)~23日(火曜日)10:00頃~23:00頃まで行われます。ただ時間は山鉾によって異なります。なお会所売店オープンはちまき(前祭)販売を参考にして下さい。
祇園祭ちまき販売(後祭)祇園祭御朱印集め(前祭)2019
祇園祭2019(山鉾巡行・宵山・・・)
祇園祭2019日程(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭御朱印集め(後祭) アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【祇園祭御朱印集め(後祭) 歴史・簡単概要】
祇園祭御朱印集め(後祭)は7月21日から23日までの宵山(後祭)期間中に山鉾町を回り、山鉾町の御朱印(朱色のスタンプ)を集めるものです。ちなみに御朱印集めでは志納金が必要な場合などがあります。(要確認)なお八坂神社では祇園祭が行われる7月だけ祇園祭の起源とされる御霊会(ごりょうえ)朱印が授与(初穂料500円)されます。
●山鉾・・・橋弁慶山(はしべんけいやま)・鯉山(こいやま)・浄妙山(じょうみょうやま)・黒主山(くろぬしやま)・役行者山(えんのぎょうじゃやま)・鈴鹿山(すずかやま)・八幡山(はちまんやま)・北観音山(きたかんのんやま)・南観音山(みなみかんのんやま)・大船鉾(おおふねほこ)
御朱印は寺社が参拝・拝観者に授ける朱印(印章・印影)や寺社名・本尊祭神・参拝日などの墨書です。御朱印は寺社によって異なり、印章だけの場合や印章や墨書などを複写したものを授ける場合などもあります。また同じ寺院でも霊場・摂末社・イベント(特別公開)・時期などにより、御朱印が異なったり、特別の御朱印になったりすることもあります。なお御朱印は起源が諸説があり、明確ではありません。ただ御朱印は納経印とも言われ、寺院に写経を納めた際の受付印が起源とするのが有力なようです。
御朱印の収集は集印(しゅういん)と言われ、集印の為の帳面は一般的に御朱印帳(ごしゅいんちょう)・朱印帳(しゅいんちょう)・集印帳(しゅういんちょう)と言われます。
宵山2019(後祭)・祇園祭
宵山2019・祇園祭

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史

【祇園祭御朱印集め(後祭) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2019日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)
祇園祭見どころ(後祭)

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2018年11月のイベント

    京都市内などで2018年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る