御香宮神社桜見ごろ

御香宮神社桜見ごろ

御香宮神社桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。御香宮神社は境内に鮮やかな緋色の陽光・染井吉野・紅枝垂桜・山桜などの桜の木が植えられ、桜と本殿・表門・参道などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに御香宮神社は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。(詳細下記参照)

【御香宮神社桜見ごろ 2019年(要確認)】
御香宮神社桜は例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年の京都桜見ごろ情報は2019年2月上旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2019

【御香宮神社桜・御香宮神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区御香宮門前町174
最寄り駅・バス停・・・桃山駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から御香宮神社はJR奈良線

*京阪電車本線の場合、最寄り駅は伏見桃山駅(徒歩約10分)
*近鉄京都線の場合、最寄り駅は桃山御陵前駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【御香宮神社桜見ごろ・見どころ】
御香宮神社は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。御香宮神社は境内に鮮やかな緋色の陽光(ようこう)・染井吉野・紅枝垂桜・山桜などの桜の木が植えられ、桜と本殿(重要文化財)・表門(重要文化財)・参道などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに御香宮神社は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。
本殿は1605年(慶長10年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が京都所司代に命じて造営し、1990年(平成2年)に修理され、極彩色の彫刻が復元されました。本殿は五間社流造りの檜皮葺きです。
表門は安土桃山時代に関白・豊臣秀吉が築城した伏見城の大手門として建てられ、江戸時代初期に水戸藩初代藩主・徳川頼房が移しました。表門には中国の二十四孝の蟇股があります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【御香宮神社 歴史・簡単概要】
御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)は起源が明確ではありません。御香宮神社は当初御諸神社(みもろじんじゃ)と称していたと言われています。御香宮神社は862年(貞観4年)9月9日に境内の椎の木の根元から香のよい香水が湧いたことから第56代・清和天皇から「御香宮」の名称を賜り、その後平安時代後期から鎌倉時代に掛けて天皇がしばしば社殿を造営したとも言われています。2度目の元寇である1281年(弘安4年)の弘安の役では第91代・後宇多天皇が討平祈願を行ったと言われています。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、関白・豊臣秀吉が伏見城を築城した際、鬼門除けの神として城内に移されました。しかし秀吉死後の1605年(慶長10年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が元の場所に戻して社殿を造営し、水戸藩初代藩主・徳川頼房が表門に伏見城の大手門が移したと言われています。江戸時代初期に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠が娘・千姫の誕生祝に千姫神輿を奉納しました。
*参考・・・御香宮神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ御香宮神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【御香宮神社桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
御香宮神社(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜ライトアップ2019
京都桜名所

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る