愛宕念仏寺息災護摩供2017/1/24

愛宕念仏寺

息災護摩供2017は京都の冬の風物詩です。息災護摩供は毎年1月24日に行われています。息災護摩供では信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、息災を願います。なお息災護摩供では火之要慎と奉修十六羅漢大神通力供除災如意吉祥祈攸のお札が授与されます。(要確認)

【息災護摩供2017 日程(要確認)】
息災護摩供2017は2017年(平成29年)1月24日(火曜日)13:00から行われます。

【息災護摩供2017・愛宕念仏寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
最寄り駅・バス停・・・愛宕寺前(徒歩すぐ)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは72系統(C6乗り場)
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【息災護摩供 歴史・簡単概要】
愛宕念仏寺息災護摩供(そくさいごまく)では信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、息災を祈願します。
息災護摩供では本堂で法要を行われ、般若心経(摩訶般若波羅蜜多心経・まかはんにゃはらみったしんぎょう)が唱えられます。法要終了後に本堂前に設けられた護摩壇に供えられていた線香・小豆・お米などの供物が投げ入れられて点火されます。その後信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、息災を願います。なお息災護摩供では火之要慎(ひのようじん)と奉修十六羅漢大神通力供除災如意吉祥祈攸(ほうしゅうじゅうろくらかんだいじんつうりきくじょさいにょいきっしょうきゆう)のお札が授与されます。(要確認)ちなみに奉修十六羅漢大神通力供除災如意吉祥祈攸には所願成就のご利益があるとも言われているそうです。
火之要慎のお札は地蔵堂に安置され、平安時代初期に造仏された火除(火伏)地蔵菩薩坐像に由来するそうです。地蔵菩薩は火伏の神として信仰されている愛宕山の本地仏とされているそうです。ちなみに愛宕山に造営されている愛宕神社は古くから火伏・防火に霊験があるとされ、火迺要慎(ひのようじん)の火伏札を授与しています。
十六羅漢は跋羅駄闍・迦諾迦伐蹉・諾迦跋釐駄・蘇頻陀・諾矩羅・跋陀羅・迦哩・弗多羅・戎博迦・半諾迦・羅怙羅・那伽犀那・因掲陀・伐那婆斯・阿氏多・注荼半託迦です。十六羅漢はお釈迦様の命により、世にとどまって仏法を守り、衆生を導くものとされています。なお羅漢は阿羅漢の略で、サンスクリット語のアルハットが語源と言われています。

【愛宕念仏寺 歴史・簡単概要】
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)・千二百羅漢の寺は奈良時代末期に称徳天皇が東山愛宕に創建し、愛宕寺(おたぎでら)と称したのが起源と言われています。平安時代初期に真言宗東寺派の末寺なったが、鴨川の洪水で伽藍を流失し、廃寺同然になりました。その後天台宗の伝燈大法師・千観内供(せんかんないぐ)が醍醐天皇の命によって再興し、真言宗から天台宗に改め、名称も愛宕念仏寺に改められました。大正時代に区画整理によって現在の場所に移ったが、1950年(昭和25年)に台風によって被災して一時廃寺になり、1955年(昭和30年)仏師で、僧の西村公朝が再興しました。
愛宕念仏寺は天台宗の寺院です。
*参考・・・愛宕念仏寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ愛宕念仏寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【息災護摩供2017 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
愛宕念仏寺(アクセス・見どころ・・・)情報

京都観光 イベント・行事

  1. 葵祭

    2017年5月のイベント

    京都市内などで2017年5月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  2. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  3. 三船祭
    三船祭2017は京都の春の風物詩です。三船祭は毎年5月の第3日曜日に行われています。三船祭では御座船…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る