花街春のをどり・おどり2017/3/25~5/24

祇園甲部都をどり

春のをどり・おどり2017は京都の春の風物詩です。春のをどり・おどりは3月下旬から行われる北野をどり(上七軒)を皮切りに始まり、4月に行われる都をどり(祇園甲部)・京おどり(宮川町)、そして5月に行われる鴨川をどり(先斗町)と続きます。なお都をどり(祇園甲部)は祇園甲部歌舞練場の耐震工事に伴い、京都芸術劇場春秋座で行われます。公演回数や時間などは例年と違いがあります。(要注意)

【春のをどり・おどり2017 日程時間(要確認)】
春のをどり・おどり2017は2016年(平成28年)3月25日(土曜日)~5月24日(水曜日)まで行われます。
●北野をどり2017・・・3月25日(土曜日)~4月7日(金曜日)
●都をどり2017・・・4月1日(土曜日)~4月23日(日曜日)10日・17日休演
●京おどり2017・・・4月1日(土曜日)~4月16日(日曜日)
●鴨川をどり2017・・・5月1日(月曜日)~24日(水曜日)

【春のをどり・おどり2017 マップ・地図】

スポンサーリンク


【上七軒・北野をどり2017】
北野をどりは1952年(昭和27年)北野天満宮で50年に1度行われる大萬燈祭の記念して、最初に上演されました。
期間・・・2017年(平成29年)3月25日(土曜日)~4月7日(金曜日)
時間・・・13:30・16:00開演の1日2回
演目・・・第1部 舞踊劇 ゑにしの宮、第2部 純舞踊 旅情ところどころ(瓢箪・七夕・霧島・よさこい・山中節・田原坂)、フィナーレ 上七軒夜曲
料金・・・お茶席券付観覧券4,800円、お茶席券無観覧券4,300円
上七軒・北野をどり2017

【祇園甲部・都をどり2017】
都をどりは1872年(明治5年)京都で初めて開催された博覧会の余興として、鴨川をどり(先斗町)と共に上演されたのが始まりです。
期間・・・2017年(平成29年)4月1日(土曜日)~4月23日(日曜日) 10日・17日休演
時間・・・13:00・14:45・16:30開演の1日3回
演目・・・洛北名所逍遥(らくほくめいしょそぞろあるき・全6景)、第1景 置歌・銀襖(長唄)、第2景 貴船川床納涼・貴船川(別踊・長唄)、第3景 鞍馬山牛若兵修行・鞍馬山(別踊・浄瑠璃)、第4景 圓光寺錦紅葉・圓光寺(長唄)、第5景 寂光院懐旧雪・寂光院(別踊・長唄)、第6景 甲部歌舞練場盛桜・甲部歌舞練場庭園(長唄)
料金・・・茶券付特等観覧券4,600円、壱等観覧券・・・3,500円
祇園甲部・都をどり2017

【宮川町・京おどり2017】
京おどりは1950年(昭和25年)に最初に上演されました。
期間・・・2017年(平成29年)4月1日(土曜日)~4月16日(日曜日)
時間・・・12:30・14:30・16:30開演の1日3回
演目・・・月華抄-新版竹取物語-(げっかしょう しんばんたけとりものがたり・全9景)、第1景 竹取物語(一)、第2景 竹取物語(二)、第3景 竹取物語(三)、第4景 竹取物語(四)、第5景 百年の寿、第6景 風流宮津節、第7景 雪うさぎ、第8景 名花の花舞、第9景 宮川音頭(フィナーレ)
料金・・・一等席券茶券付4,800円、一等席券4,200円
宮川町・京おどり2017

【先斗町・鴨川をどり2017】
鴨川をどりは1872年(明治5年)京都で初めて開催された博覧会の余興として、都をどり(祇園甲部)と共に上演されたのが始まりです。
期間・・・2017年(平成29年)5月1日(月曜日)~24日(水曜日)
時間・・・12:30・14:20・16:10開演の1日3回
演目・・・第1 源平女人譚 5場
演目・・・第2 八千代壽先斗町 6景、第1景 松竹梅、第2景 桃花、第3景 木蓮、第4景 白梅、第5景 三ツ葵、第6景 菊花
料金・・・茶券付特別席4,800円、特別席4,200円、普通席2,300円、茶券700円
先斗町・鴨川をどり2017

【春のをどり・おどり2017 基本知識】
●上七軒は室町時代に北野天満宮が再建された際、残った資材を使って7軒の茶店が建てられたのが起源で、上七軒と言われるようになりました。
●祇園甲部・祇園東は江戸時代初期に八坂神社の門前で営業していた水茶屋とそこで働く茶点て女が起源と言われています。京都所司代・板倉重宗から茶点て女を置くことが許可され、八坂神社(祇園社)の門前町を祇園町と言うようになりました。なお祇園東は明治時代に祇園甲部から分離独立しました。
●宮川町は江戸時代に人気になった出雲・阿国(おくに)の歌舞伎踊りの頃から始まりました。当初は遊女などが接待していたが、江戸時代の三大改革によって打撃を受けました。
●先斗町は江戸時代初期に鴨川の州を埋め立て、茶屋や旅籠が置かれたのが始まりと言われています。先斗町の先斗という地名はポルトガル語のponto(先)が語源とも言われています。

【春のをどり・おどり2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
祇園東・祇園をどりは京都の五花街でただひとつ秋に行われます。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園祭

    2017年7月のイベント

    京都市内などで2017年7月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭2017日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 大文字
    五山送り火スポット情報を紹介しています。五山送り火スポットは五山(大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居…
  2. 陶器まつり
    陶器まつり2017(陶器祭り)は京都の夏の風物詩です。陶器まつりは毎年若宮八幡宮の大祭と同じく、8月…
  3. 京の七夕
    京の七夕2017は京都の夏の風物詩です。京の七夕は毎年8月に行われています。京の七夕は鴨川会場・堀川…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る