みやこめっせ春の古書大即売会2018/5/1~5

春の古書大即売会は京都の夏の風物詩です。春の古書大即売会は毎年5月に行われています。春の古書大即売会ではみやこめっせ(京都市勧業館)で古典籍・学術書・美術書・小説・文庫・雑誌・絶版マンガなど様々なジャンルの古書50万冊以上が並び、即売されます。(詳細下記参照)

【春の古書大即売会2018 日程時間(要確認)】
春の古書大即売会2018は2018年(平成30年)5月1日(火曜日)~5日(土曜日)10:00~16:45まで行われます。ただ5日は10:00~16:00までです。

【春の古書大即売会・みやこめっせ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
最寄り駅・バス停・・・岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前(徒歩すぐ)、岡崎公園 美術館・平安神宮前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からみやこめっせは5系統(A1乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【春の古書大即売会 歴史・簡単概要】
みやこめっせ春の古書大即売会(はるのこしょだいそくばいかい)は2017年(平成29年)に第35回目を迎える歴史ある古本市です。春の古書大即売会は国内最大級の古本市とも言われています。ちなみに納涼古本まつりを主催する京都古書研究会は40周年記念を迎えるそうです。
春の古書大即売会ではみやこめっせ(京都市勧業館)で古典籍・学術書・美術書・小説・文庫・雑誌・絶版マンガなど様々なジャンルの古書50万冊以上が並び、即売されます。春の古書大即売会では京都コーナーも設置され、京都に関する書籍約1万冊も並ぶそうです。なお納涼古本まつりでは京都だけでなく、大阪・奈良・岡山などの古書店も参加するそうです。
京都古書研究会では春の古書大即売会以外にも涼古本まつり(8月)・秋の古本まつり( 11月)なども行っています。ちなみに春の古書大即売会・涼古本まつり・秋の古本まつりは京の三大古本まつりとも言われているそうです。なお京都古書研究会は古本市でけでなく、小学校・幼稚園・保育園などに児童図書を寄贈する活動なども行っているそうです。

*参考・・・京都古書研究会ブログ

【みやこめっせ 歴史・簡単概要】
みやこめっせは正式には京都市勧業館(きょうとしかんぎょうかん)と言います。みやこめっせは京都府京都市左京区にあり、京都産業振興センターが管理・運営するイベント会場です。みやこめっせは1996年(平成8年)に平安京遷都1200年記念事業のひとつとして建設されました。みやこめっせは展示場・会議室・工芸実技室・美術工芸ギャラリー・日図デザイン博物館・京都伝統産業ふれあい館などから構成されています。展示場には特別展示場・第1展示場・第2展示場・第3展示場、会議室には大会議室・第1会議室・第2会議室・第3会議室・特別会議室、京都伝統産業ふれあい館には常設展示場・ギャラリー・図書室・イベントルーム・体験教室などがあります。またみやこめっせには自動車100台以上を収容できる搬出入エリアと4トンまで対応できる搬出入用エレベーター4台もあります。みやこめっせでは様々なイベントが行われています。ちなみに地下1階の京都伝統産業ふれあい館では原則毎月第3日曜日に五花街(祇園甲部・祇園東・宮川町・先斗町・上七軒)の舞妓が舞を披露する舞妓舞台(予約不要・観覧無料・座席自由)が行われています。舞妓舞台では舞妓の着物・帯・かんざしなどの装飾品の解説も行われます。
*参考・・・みやこめっせ(アクセス・歴史・・・)ホームページみやこめっせ(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【春の古書大即売会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
みやこめっせ(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 夏越大祓式

    2018年6月のイベント

    京都市内などで2018年6月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 祇園祭

    祇園祭2018日程・7月

    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭り日程は7月1日から31日までの1か月間です。祇園祭201…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る