静原神社春の祭礼2016/5/3

春の祭礼2016は京都の春の風物詩です。春の祭礼は毎年5月3日に行われています。春の祭礼は午前の御幸持ち(みゆきもち)と午後の神輿巡行に分かれています。御幸持ちでは神様への供え物を頭に載せた稚児(少女)が練り歩きます。神輿巡行では子供神輿を先頭に神輿が静原を巡行します。

【春の祭礼2016 日程時間(要確認)】
春の祭礼2016は2016年(平成28年)5月3日(火曜日)10:00から行われます。

【春の祭礼2016・静原神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区静市市原町
最寄り駅・バス停・・・静原(徒歩約10分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*出町柳駅から静原神社は34系統
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【春の祭礼 歴史・簡単概要】
静原神社春の祭礼(はるのさいれい)は午前の御幸持ち(みゆきもち)と午後の神輿巡行に分かれています。御幸持ちでは神様への供え物を頭に載せた稚児(少女)が静原神社・下の神社(天皇社)・若宮八幡宮(若宮神社)などを練り歩きます。神輿巡行では子供神輿を先頭に神輿・太鼓などが静原神社と下の神社を巡行します。
稚児(少女)は小学校高学年の少女が担当するそうです。

【静原神社 歴史・簡単概要】
静原神社(しずはらじんじゃ)は社伝によると古墳時代に山城志津原に造営され、二宮社・二ノ宮と言われました。飛鳥時代に天武天皇が逆徒に襲われた際、身も心も静かになったことから志津原を「静原」と称したとも言われています。711年(和銅4年)から祭祀が始まったとも言われています。その後室町時代の兵火により、古文書・社記などが失われました。1960年(昭和35年)に下鴨神社(賀茂御祖神社)から分離・独立しました。なお静原神社は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を祀っています。

【春の祭礼2016 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
静原神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園社観月祭

    2018年9月のイベント

    京都市内などで2018年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 祇園社観月祭
    祇園社観月祭2018は京都の秋の風物詩です。祇園社観月祭は毎年中秋の名月の日に行われます。祇園社観月…
  3. 青龍会
    青龍会は京都の秋の風物詩です。青龍会は毎年9月14日・15日に行われています。青龍会では清水寺・奥の…
  4. 八朔祭
    八朔祭は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では台風や病害虫…
  5. 上賀茂紅葉音頭大踊り
    上賀茂紅葉音頭大踊りは京都の初秋の風物詩です。上賀茂紅葉音頭大踊りは毎年9月9日の重陽の節句前後の土…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る