市比売神社春季大祭2015/5/13

春季大祭

春季大祭2015は京都の春の風物詩です。春季大祭は毎年5月13日に行われ、藤原経清と源為家が行った「競弓」に倣い、「斎矢・試弓神事」が行われます。また昭和天皇が国の平和を願って詠まれた歌に合わせ、浦安の舞が奉納されます。

【春季大祭2015 日程時間(要確認)】
春季大祭2015は2015年5月13日(水曜日)13:00から行われます。

【春季大祭2015・市比売神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
最寄り駅・バス停・・・河原町五条(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、17系統、205系統
*河原町丸太町からは17系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【春季大祭 歴史・簡単概要】
春季大祭は国家安泰・五穀豊穣などを祈ります。春季大祭では藤原経清(ふじわらのつねきよ)と源為家(みなもとのためいえ)が市比売神社の境内で行った「競弓(くらべゆみ)」に倣い、6本の矢を射る「斎矢(いみや)・試弓(ためしゆみ)神事」が行われます。また昭和天皇が詠まれた国の平和を願った歌「あめつちの 神にぞいのる 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を」に合わせ、浦安の舞(うらやすのまい)が奉納されます。なお春季大祭では市比売神社の三種の神物のひとつである「霊爾の幸の御札(れいじのさいのおふだ)」が授与されます。なお他の三種の神物は「天之真名井の水」と「五十顆之餅(いかのもち)」です。

【市比売神社 歴史・簡単概要】
市比売神社(いちひめじんじゃ)・市比売神社は795年(延暦14年)藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ) が垣武天皇の命により、官営市場東市・西市の守護神として、創建しました。市比売神社では空也上人(くうやしょうにん)が神託により、市屋道場を開いたり、一遍上人(いっぺんしょうにん)が踊り念仏を行ったりしています。その後豊臣秀吉の命により、現在の場所に移りました。なお市比売神社の境内「天之真名井の水」は歴代天皇の産湯に使われていました。
*参考・・・市比売神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【春季大祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
「斎矢・試弓神事」では以前商売繁盛や招福を願う人の名を裏面に記した矢が射られ、的に矢の当たった人に1年間矢が預けられ、願いが叶うと言われていたそうです。
市比売神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る