三十三間堂春桃会2018/3/3

三十三間堂春桃会

春桃会2018は京都の春の風物詩です。春桃会は毎年3月3日に行われています。春桃会は三十三間堂の「三」に因み、「三」が重なる3月3日の桃の節句に行われ、無事息災を祈願します。春桃会では華道・池坊による献花式・華展や寄席が行われます。また特設の高壇から千体仏を見ることもできます。(イベント内容要確認)(詳細下記参照)

【春桃会2018 日程時間(要確認)】
春桃会2018は2018年(平成30年)3月3日(土曜日)9:00~15:30まで行われます。

【春桃会2018・三十三間堂 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
最寄り駅・バス停・・・博物館・三十三間堂前(徒歩すぐ)、東山七条(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から三十三間堂は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は七条駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【春桃会 歴史・簡単概要】
三十三間堂春桃会(しゅんとうえ)・ももの法会は三十三間堂の「三」に因み、「三」が重なる3月3日の桃の節句に行われ、無事息災を祈願します。ちなみに3月3日は陽数(奇数)が重なり、陰陽道では縁起がよいとされているそうです。
春桃会では華道・池坊による献花式・華展や寄席が行われます。(イベント内容要確認)また春桃会では特設の高壇から千体仏(千体観音)を見ることもできます。なお春桃会では女性専用の桃のお守りも授与されます。
ひな祭り(雛祭り)はかつて上巳(じょうし・じょうみ)の節句である旧暦の3月3日(新暦の4月頃)に行われていたが、1873年(明治6年)の新暦移行に伴って、現在のように3月3日に行なうようになりました。上巳の節句(旧暦の3月3日)は桃の花が咲く季節だったことから桃の節句とも言われました。なお上巳の節句では元来川で身を浄め、紙などで作った人形(ひとがた)で身体を撫でたり、息を吹き掛けたりして、人形に罪穢(つみけがれ)を移して、水に流すというお祓いの行事が行われていました。その後人形を川に流して、厄災を祓う流し雛(ながしびな)の風習に変わったと言われています。
華道・池坊は聖徳太子が沐浴されたと言われている六角堂(頂法寺)の池跡近くに住坊を置いた僧侶が本尊・如意輪観音に花を供えたことが起源とも言われています。ちなみに池坊の名称は池跡近くに住坊を置いたことに由来しています。なお池坊は華道の最古の流派とも言われています。
三十三間堂には本尊・千手観音坐像(国宝)、その左右10段の階段に合計1,000体の千手観音立像(重要文化財)、更に本尊の後に千手観音立像(重要文化財)が安置されています。ちなみに1,000体の千手観音立像は千体仏と言われています。

【三十三間堂 歴史・簡単概要】
三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)・蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)は平安時代の988年(永延2年)に太政大臣・藤原為光(ふじわらのためみつ)が造営した私邸があった場所とも言われています。その後989年(永祚元年)に為光が妻と第65代・花山天皇の女御だった娘の菩提を弔う為に法住寺(ほうじゅうじ)を創建したが、1032年(長元5年)の火災によって焼失しました。1161年(永暦2年)に後白河上皇(第77代・後白河天皇)が法住寺跡に離宮・法住寺殿(ほうじゅうじどの)を営み、三十三間堂は1165年(長寛2年)に後白河上皇が平清盛(たいらのきよもり)に資材協力を命じ、離宮・法住寺殿の一画に創建されたのが起源です。ただ1249年(建長元年)に焼失し、1266年(文永3年)に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇)が本堂(三十三間堂)のみを再建しました。その後室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)が修復し、関白・豊臣秀吉が東山大仏(方広寺)を建立した際、土塀や門などが整備されたと言われています。なお三十三間堂の名称は間面記法による表記「三十三間四面」に由来しています。三十三は観音に縁のある数字で、法華経などによると観音菩薩が三十三種の姿に変じ、衆生を救うと説かれています。
三十三間堂は天台宗・妙法院の境外仏堂です。
*参考・・・三十三間堂(アクセス・歴史・・・)ホームページ三十三間堂(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【春桃会2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
春桃会では拝観料が無料になります。また雛うどん・雛ちらし寿司の接待(有料)も行われます。(要確認)
三十三間堂(アクセス・見どころ・・・)情報
三十三間堂歴史年表
三十三間堂見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園社観月祭

    2018年9月のイベント

    京都市内などで2018年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 祇園社観月祭
    祇園社観月祭2018は京都の秋の風物詩です。祇園社観月祭は毎年中秋の名月の日に行われます。祇園社観月…
  3. 青龍会
    青龍会は京都の秋の風物詩です。青龍会は毎年9月14日・15日に行われています。青龍会では清水寺・奥の…
  4. 八朔祭
    八朔祭は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では台風や病害虫…
  5. 上賀茂紅葉音頭大踊り
    上賀茂紅葉音頭大踊りは京都の初秋の風物詩です。上賀茂紅葉音頭大踊りは毎年9月9日の重陽の節句前後の土…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る