伏見稲荷大社本宮祭2018/7/21・22

本宮祭

本宮祭2018は京都の夏の風物詩です。本宮祭は毎年土用入りした直後の日曜日、または祝日に行われています。本宮祭は稲荷大神の分霊を祀る信者が伏見稲荷大社に参拝し、日々の神恩に感謝する神事です。なお本宮祭の前夜・宵宮祭では万灯神事(まんとうしんじ)が行われます。(詳細下記参照)

【本宮祭2018 日程時間(要確認)】
本宮祭2018は2018年(平成30年)7月22日(日曜日)9:00から行われます。なお前日21日(土曜日)18:00から宵宮祭が行われます。(現在確認中)

【本宮祭2018・伏見稲荷大社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区深草藪之内町68
最寄り駅・バス停・・・稲荷駅(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR奈良線

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は伏見稲荷駅 (徒歩約5分)
伏見稲荷大社アクセス(電車・バス・・・・)

スポンサーリンク


【本宮祭 歴史・簡単概要】
伏見稲荷大社本宮祭(もとみやさい)は稲荷大神の分霊を祀る信者が伏見稲荷大社に参拝し、日々の神恩に感謝する神事です。本宮祭の前夜には宵宮祭(よいみやさい)が行われます。宵宮祭では稲荷山や境内にある石灯篭、そして1万とも、数千とも言われている提灯に灯を点す万灯神事(まんとうしんじ)が行われます。なお本宮祭・宵宮祭の両日は外拝殿(重要文化財)やその周辺に日本画家・工芸家などが奉納した行灯画(あんどんが)が展示されます。また参集殿前の広場では本宮踊りも奉納されます。
稲荷大神は本殿で主祭神として祀られている宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ・下社)と配神として祀られている佐田彦大神(さだひこのおおかみ・中社)・大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ・上社)・田中大神(たなかのおおかみ・下社摂社)・四大神(しのおおかみ・中社摂社)の総称です。なお稲荷大神は稲荷五社大明神・稲荷五所とも言われるそうです。
万灯は数多くの灯火を灯し、繁栄安穏・懺悔滅罪などを祈願するものです。万灯は古来から行われ、651年(白雉2年)に味経宮(あじふのみや)で2700余の灯りを燃して僧侶が読経したことや744年(天平16年)に東大寺の前身・金鐘寺(こんしょうじ)で1万坏の燃灯供養が行われたことが日本書紀などに記されているそうです。

【伏見稲荷大社 歴史・簡単概要】
伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は社伝によると711年(和銅4年)2月初午の日に伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受け、伊奈利山(稲荷山)の三つの峯の平らな場所に稲荷大神を祀ったことが起源と言われています。その後827年(天長4年)に弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から東寺(教王護国寺)を賜った際に東寺の鎮守社になりました。1072年(延久4年)に第71代・後三条天皇が初めて行幸し、鎌倉時代には鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が武運を祈念しました。なお伏見稲荷大社は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ・佐田彦大神(さたひこのおおかみ)・大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)・田中大神(たなかのおおかみ)・四大神(しのおおかみ)を祀り、商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神とされています。
伏見稲荷大社は全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮です。
*参考・・・伏見稲荷大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ伏見稲荷大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【本宮祭2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
伏見稲荷大社(アクセス・見どころ・・・)情報
伏見稲荷大社歴史年表
伏見稲荷大社見どころ

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺ライトアップ

    紅葉ライトアップ2017

    京都紅葉ライトアップ2017(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    紅葉見ごろ2017

    京都紅葉見ごろ2017(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…
  4. 嵐山紅葉

    紅葉名所

    京都紅葉名所情報を紹介しています。紅葉の名所は京都にはたくさんがあるが、その中で特に観光客に人気があ…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る