東寺桜見ごろ

東寺桜

東寺桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。東寺は不二桜・染井吉野・枝垂桜・河津桜など約200本の桜の木が植えられ、高さ約13メートル・枝張り約10メートルの不二桜と日本一高いとも言われる五重塔(国宝)との光景などが素晴らしいと言われています。なお東寺では桜が見ごろを迎える時期に例年ライトアップを行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【東寺桜見ごろ 2018年(要確認)】
東寺桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年3月28日、京都地方気象台が桜の満開を観測しました。2018年3月22日、京都地方気象台は京都市(二条城標準木)で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。2018年3月19日、ウェザーマップは京都(二条城標準木)の桜が3月23日に開花、3月30日に満開、3月29日から4月5日に見ごろになるとの予想を発表しました。
京都桜見ごろ2018

【東寺桜・東寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市南区九条町1
最寄り駅・バス停・・・東寺東門前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から東寺は42系統(C4乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは71系統
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約15分)
*近鉄京都線の場合、最寄り駅は東寺駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【東寺桜見ごろ・見どころ】
東寺は京都を代表する桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。東寺は不二桜(ふじざくら)・染井吉野・枝垂桜・河津桜など約200本の桜の木が植えられ、高さ約13メートル・枝張り約10メートルの不二桜と日本一高いとも言われる五重塔(国宝)との光景などが素晴らしいと言われています。ちなみに五重塔周辺に植えられている染井吉野なども見どころです。なお東寺では桜が見ごろを迎える時期に例年ライトアップを行っています。(要確認)
不二桜は樹齢130年を超えるとも言われているエドヒガン系の八重紅枝垂桜です。不二桜はかつて岩手県盛岡市の旧家に植えられていたが、1994年(平成6年)に三重県鈴鹿市の鵜飼農園に移されました。その後2006年(平成18年)が真言宗の開祖である弘法大師・空海の入唐求法の旅から帰国した1200年の記念の年にあたることから東寺信徒総代から寄贈され、現在の場所に移されて植えられました。不二桜は東寺山内の創建以来の遺構を壊さないように盛土をして植えられたそうです。なお不二桜の名称は空海の不二の教えに由来しています。空海は不二の法門を求め、奈良・東大寺(とうだいじ)の大仏殿に願を掛けて、「我に不二の法門を示したまえと」熱祷されたと言われています。
五重塔は落雷などによって4度焼失し、1644年(寛永21年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって再建されました。五重塔は高さは約54.8メートルで、国内の木造塔の中で最も高いと言われています。五重塔の初層内部には両界曼荼羅が描かれ、心柱を中心に金剛界四仏像・八大菩薩像を安置しています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

ライトアップ・東寺桜

【東寺 歴史・簡単概要】
東寺(とうじ)・教王護国寺(きょうおうごこくじ)は796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺(左大寺)として、都の入口である羅城門の東に創建されました。東寺は平安京の左京・西寺は平安京の右京、または東寺は東国・西寺は西国を守る意味が込められているとも言われています。ちなみに東寺は唯一残る平安京の遺構とも言われています。その後823年(弘仁14年)に真言宗の宗祖である弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から賜り、大師堂(御影堂・不動堂)を住房とし、真言密教の根本道場になりました。東寺は「教えの王、国を護る」から教王護国寺と言われたそうです。鎌倉時代には弘法大師信仰の高まり、お大師様の寺として皇族から庶民まで篤く信仰されるようになりました。なお東寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
東寺は東寺真言宗の総本山です。
*参考・・・東寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ東寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【東寺桜 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
東寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東寺見どころ
京都桜ライトアップ2018
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 東寺夜桜ライトアップ

    2018年4月のイベント

    京都市内などで2018年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 葵祭

    葵祭2018人気イベント

    葵祭2018人気イベントを紹介しています。葵祭2018人気イベント5月15日の路頭の儀(行列)です。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 賀茂競馬
    賀茂競馬2018は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  2. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2018は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…
  3. 松尾祭神幸祭
    松尾祭2018は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭(おいで)が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭(…
  4. 稲荷祭氏子祭
    稲荷祭2018は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭が毎年5月3…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る