東寺見どころ

東寺

東寺見どころ・豆知識(★簡潔に徹底解説●)を紹介しています。東寺の見どころである五重塔は高さは約54.8メートルで、国内の木造塔の中で最も高いと言われています。その為五重塔は落雷などによって4度焼失し、現在のものは五代目で1644年(寛永21年)に再建されました。

【東寺見どころ(見所)以外の情報】
東寺見どころ以外の基本情報
東寺見どころ以外の情報(歴史)
東寺(見どころ)七不思議

【東寺 歴史・簡単概要】
東寺(とうじ)・教王護国寺(きょうおうごこくじ)は794年(延暦13年)第50代・桓武天皇の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門の東に創建されました。796年(延暦15年)には金堂が建立されたと言われています。その後823年(弘仁14年)弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から賜り、真言密教の根本道場になりました。825年(天長2年)に講堂の建立が許され、826年(天長3年)に五重塔(塔婆)の造営を勧請し、828年(天長5年)には日本最初の私立学校・綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)が創立しました。

スポンサーリンク


【東寺見どころ(見所) 金堂】
金堂は国宝です。金堂は奈良・東大寺の大仏様(天竺様)を受け継ぎ、和様も取り入れています。金堂は1603年(慶長8年)関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼の寄進によって再建されました。なお金堂は本瓦葺の入母屋造です。
(東寺見どころ 金堂豆知識)
●金堂には本尊・薬師如来坐像と両脇侍像(日光菩薩・月光菩薩)が安置しています。

【東寺見どころ(見所) 五重塔】
五重塔は国宝です。五重塔の初層内部には両界曼荼羅が描かれています。五重塔は落雷などによって4度焼失し、1644年(寛永21年)江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって再建されました。なお五重塔は本瓦葺の心柱を使用した耐震構造です。
(東寺見どころ 五重塔豆知識)
●五重塔は高さは約54.8メートルで、国内の木造塔の中で最も高いと言われています。
●五重塔には心柱を中心に金剛界四仏像・八大菩薩像を安置しています。
●五重塔の初層内部は通常非公開だが、特別公開される時期があります。

【東寺見どころ(見所) 大師堂】
大師堂(御影堂・不動堂)は国宝です。大師堂は空海の住房と言われています。大師堂の後堂は1380年(天授6年)に再建され、前堂は1390年(元中7年)に増築されました。なお大師堂は檜皮葺の入母屋造です。
(東寺見どころ 大師堂豆知識)
●大師堂の前堂には弘法大師坐像(国宝)、後堂には空海の念持仏とされる不動明王坐像(国宝)を安置しています。
●大師堂に安置されている不動明王坐像は不動明王像としては日本最古とも言われる秘仏で、非公開です。

【東寺見どころ(見所) 講堂】
講堂は重要文化財です。講堂の疎石は創建当初のものと言われています。講堂は1491年(延徳3年)に再建されました。なお講堂は入母屋造です。
(東寺見どころ 講堂豆知識)
●講堂には大日如来を中心とした密教尊を安置しています。

【東寺見どころ(見所) 宝蔵】
宝蔵(ほうぞう)は重要文化財です。宝蔵は平安時代後期に建立されたと言われています。宝蔵は東寺内の最古の建築物と言われています。なお宝蔵は校倉造です。
(東寺見どころ 宝蔵豆知識)
●宝蔵は当初南北に2棟あり、宝物を収蔵していたが、南棟だけが残りました。

【東寺見どころ(見所) 灌頂院】
灌頂院(かんじょういん)は重要文化財です。灌頂院は1585年(天正13年)の伏見大地震によって損壊し、1634年(寛永11年)徳川家光が改築しました。なお灌頂院は本瓦葺の寄棟造です。床は石畳になっており、土足厳禁です。
(東寺見どころ 灌頂院豆知識)
●灌頂院は密教の奥義を弟子に伝える儀式・伝法灌頂などに使用し、仏像は安置されていません。

【東寺見どころ(見所) 蓮花門】
蓮花門(れんげもん)は国宝です。蓮花門は東寺内の最古の門で、宝蔵に次いで古いと言われています。蓮花門は1191年(建久2年)北面の武士だった文覚上人(遠藤盛遠)が再建しました。
(東寺見どころ 蓮花門豆知識)
●蓮花門には空海が高野山に向かう際、大師堂の不動明王が蓮花門で見送ったという伝承が残っています。

【東寺見どころ(見所) 慶賀門】
慶賀門(けいがもん)は重要文化財です。慶賀門は八脚門です。慶賀門は鎌倉時代初期に建立されました。なお慶賀門は切妻造です。
(東寺見どころ 慶賀門豆知識)
●慶賀門は大宮通りに面し、現在参拝の入口になっています。なお正門は南大門です。

【東寺見どころ(見所) 北総門】
北総門は重要文化財です。北総門は四脚門です。北総門は鎌倉時代後期に建立されました。なお北総門から北大門まで続く参道は櫛笥小路(くしげこうじ)と言われています。
(東寺見どころ 北総門豆知識)
●北総門は八条通に面し、観智院・宝菩提院に繋がっています。

【東寺見どころ(見所) 東大門】
東大門は重要文化財です。東大門は鎌倉時代前期に文覚上人が再建し、1605年(慶長10年)関白・豊臣秀吉の子・秀頼が補修したと言われています。なお東大門は八脚門です。
(東寺見どころ 東大門豆知識)
●東大門は足利尊氏が新田義貞に攻められた際、門を閉めて難を逃れたことから不開門(あかずのもん)とも言われています。

【東寺見どころ(見所) 南大門】
南大門は重要文化財です。南大門は1601年(慶長6年)三十三間堂の西大門として建立されました。なお南大門は八脚門です。
(東寺見どころ 南大門豆知識)
●南大門は1895年(明治28年)京都国立博物館の建設の際、三十三間堂から移されました。

【東寺見どころ(見所) 桜】
東寺は桜の名所です。五重塔周辺に枝垂れ桜・染井吉野があり、八重紅枝垂れ桜は不二桜と言われています。なお桜はライトアップされ、夜間拝観が行われます。
東寺見どころ・京都桜名所

【東寺見どころ(見所) 弘法市】
弘法市(こうぼういち)・弘法(弘法さん)は空海の命日(ご縁日)である21日に毎月行われ、1月21日の「初弘法」・12月21日の「終い弘法」は特に賑わいます。
(東寺見どころ 弘法市豆知識)
●弘法市には骨董品・古道具・衣類・食べ物・植木などを販売する1000店以上もの露店が立ち並びます。
東寺見どころ・弘法市

【東寺見どころ(見所) 塔頭】
東寺山内には1359年(延文4年)に創建された別格本山・観智院(かんちいん)、1279年(弘安2年)に創建されたと言われている塔頭・宝菩提院(ほうぼだいいん)があります。
(東寺見どころ 塔頭豆知識)
●観智院の客殿は1605年(慶長10年)に建立され、国宝に指定されています。
東寺見どころ・弘法市

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2017年2月のイベント

    京都市内などで2017年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭2017は京都の秋の風物詩です。時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭がら始まり、23日の後日祭…
  2. 祇園祭
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る