東山花灯路2019/3/8~17

東山花灯路

東山花灯路2018は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の青蓮院・南側の清水寺・東側の京都霊山護国神社・西側の八坂神社に囲まれたエリアに露地行灯が灯されます。青蓮院・知恩院・高台寺・円徳院・清水寺でライトアップ・夜間特別拝観が行われます。また京都五花街の舞妓による舞が披露されたり、狐の嫁入り巡行が行われたりします。なお東山花灯路では清水寺咲花(さくはな)ステージコンサートなどの様々なイベントも行われます。

●東山花灯路2019は2019年(平成31年)3月8日(金曜日)~17日(日曜日)まで行われます。詳細が分かり次第、情報発信します。

【東山花灯路2018 日程時間(要確認)】
東山花灯路2018は2018年(平成30年)3月9日(金曜日)~18日(日曜日)まで行われます。なお点灯時間は18:00~21:30です。

【東山花灯路2018 エリア・場所】

東山花灯路のエリアは北側の青蓮院・南側の清水寺・東側の京都霊山護国神社・西側の八坂神社に囲まれたエリアです。

スポンサーリンク


【東山花灯路2018 アクセス】
東山花灯路のアクセスは下記の寺社を参考にして下さい。エリアの北側は青蓮院、エリアの中央は八坂神社、エリアの南側は清水寺からがおすすめです。
青蓮院・東山花灯路
八坂神社・東山花灯路
清水寺・東山花灯路
●八坂神社の最寄り駅・バス停は次の通りです。
*京都市バスの場合、祇園バス停(徒歩すぐ)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約5分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約8分)

【東山花灯路2018 京都五花街“舞妓さんの舞”日程(要確認)】
東山花灯路2018では舞妓さんが八坂神社の舞殿・能舞台で舞を披露します。
10日(土曜日)18:30・19:00・19:30・・・祇園甲部(舞殿)
11日(日曜日)18:30・19:00・19:30・・・宮川町(舞殿)
16日(金曜日)18:30・19:00・19:30・・・先斗町(能舞台)
17日(土曜日)18:30・19:00・19:30・・・上七軒(舞殿)
18日(日曜日)18:30・19:00・19:30・・・祇園東(舞殿)

【東山花灯路2018 イベント】
東山花灯路2018では下記のようなイベントが行われます。
イベント・東山花灯路2018

●灯りと花の路・・・東山の露地にLEDを使った露地行灯を灯し、いけばなを演出します。
●いけばなプロムナード・・・灯りと花の路沿いの10ヶ所に大型のいけばなを展示します。
●火の用心・お囃子組・・・毎日18:00頃から小学生が火の用心の標語と京のわらべ歌を唄いながら青蓮院から清水寺まで練り歩きます。
●現代いけばな展・・・円山公園で前期展・後期展に分かれ、壮大な華の競演が繰り広げられます。
●狐の嫁入り巡行・・・毎日2回、19:00・20:00から人力車と提灯行列で再現した狐の嫁入り巡行が知恩院三門前から高台寺まで練り歩きます。(雨天決行)
●清水寺咲花(さくはな)ステージコンサート・・・毎日18:00から京都を中心に活躍する若手アーティスト・学生などが歌・音楽・ダンスなどを披露します。(雨天中止)

上記以外にも知恩院ステージパフォーマンス・山鹿灯籠踊り巡行・ミスユニバース達による振る舞い酒・東山花灯路スタンプラリー・香りのさんぽ路・サクハナ行灯・大学のまち京都伝統の灯り展・京都花灯路行灯ギャラリー・東山花灯路de「花咲想(はなさかそう)」のイベントも行われます。(日程・時間要確認)

【東山花灯路2018 ライトアップ・夜間特別拝観】
東山花灯路2018では夜間のライトアップ・夜間特別拝観が行われます。青蓮院・知恩院・高台寺・円徳院・清水寺ではライトアップ夜間特別拝観が行われます。また八坂の塔(法観寺)・大谷祖廟(参道)・大雲院(祇園閣)でもライトアップされ、八坂神社では西楼門がライトアップされ、108基の灯籠に灯りが灯され、
ライトアップ 夜間特別拝観・東山花灯路2018

●青蓮院・・・18:00~21:30(受付終了)、大人800円・小中高生400円
青蓮院では池泉回遊式庭園や境内全域が青い光でライトアップされます。
青蓮院見どころ
●知恩院・・・18:00~21:00(受付終了)、大人500円・小中生300円
知恩院では庭園友禅苑と京都三大門と言われる三門(国宝)がライトアップされます。
知恩院見どころ
●円徳院・・・17:00~21:30(受付終了)、大人500円・中高生200円
円徳院(高台寺塔頭)では国の名勝である北庭・方丈前庭がライトアップされます。
円徳院
●高台寺・・・17:00~21:30(受付終了)、大人600円・小中高生250円
高台寺では重要文化財である開山堂・霊屋・傘亭・時雨亭・臥龍池などがライトアップされ、方丈前庭波心庭でプロジェクションマッピングが行われます。
高台寺見どころ
●清水寺・・・18:00~21:00(受付終了)、大人400円・小中生200円
清水寺では棟高約18メートルの清水の舞台などの社殿がライトアップされます。
●2017年2月から足場を組んで本堂(清水の舞台)の檜皮葺きの葺き替え工事が行われ、終了までには3年ほど掛かるそうです。ちなみに葺き替えは約50年振りです。(要注意)
清水寺見どころ

【東山花灯路2018 協賛事業】
東山花灯路2018では次のような協賛事業が行われます。
協賛事業・東山花灯路2018

●京都五花街“舞妓さんの舞”・・・週末を中心に五花街の舞妓が八坂神社で舞を奉納します。
●~コンチキチン~春の宵に女達の奏でる祇園囃子・・・3月17日18:00から八坂神社で平成女鉾清音会が祇園囃子を奉納します。
●花の日本舞踊「春乃流」奉納舞踊・・・3月12日・15日18:30から八坂神社で花の日本舞踊「春乃流」が舞踊を奉納します。

上記以外にもお絵かき行灯(高台寺公園)・夢二と港屋展(夢二カフェ五龍閣2階)・長楽館光と音のファンタジー・粟田大燈呂・京都霊山護国神社の夜間特別拝観・日本酒きき酒会企画展(高台寺公園)・ 会津若松市 新潟市による観光PR(高台寺公園)なども行われます。

【東山花灯路 歴史・簡単概要】
東山花灯路(はなとうろ)は京都の夜の風物詩を新たに創り出す為、2003年(平成15年)3月から東山エリアで始まり、毎年100万人以上の観光客が楽しんでいます。2005年(平成17年)12月からは嵐山・嵯峨エリアでも嵐山花灯路が始まりました。なお東山花灯路は白壁・石畳・門前町などの東山の地理的条件を生かし、露地に行灯や生け花などを置き、京都の早春の季節感を演出します。
*参考・・・東山花灯路ホームページ東山花灯路wikipedia

【東山花灯路2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る