松尾大社桜見ごろ

松尾大社桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。松尾大社は一の鳥居から二の鳥居までの参道や約12万坪とも言われる境内に染井吉野・山桜などが植えられ、桜と参道・高さ約11メートルの楼門・一ノ井川・神庫などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに松尾大社は春に桜だけでなく、山吹の名所ともされています。(詳細下記参照)

【松尾大社桜見ごろ 2018年(要確認)】
松尾大社桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年3月28日、京都地方気象台が桜の満開を観測しました。2018年3月22日、京都地方気象台は京都市(二条城標準木)で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。2018年3月19日、ウェザーマップは京都(二条城標準木)の桜が3月23日に開花、3月30日に満開、3月29日から4月5日に見ごろになるとの予想を発表しました。
京都桜見ごろ2018

【松尾大社桜・松尾大社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区嵐山宮町3
最寄り駅・バス停・・・松尾大社前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から松尾大社は28系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは29系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急嵐山線の場合、最寄り駅は松尾大社駅(徒歩すぐ)

スポンサーリンク


【松尾大社桜見ごろ・見どころ】
松尾大社は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。松尾大社は一の鳥居から二の鳥居までの参道や約12万坪とも言われる境内に染井吉野・山桜などが植えられ、桜と参道・高さ約11メートルの楼門・一ノ井川・神庫などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに松尾大社は春に桜だけでなく、山吹の名所ともされています。
楼門は1667年(寛文7年)に造営された和様系の古式の楼門です。楼門は桁行三間・梁間二間の三間一戸で、屋根は入母屋造りの檜皮葺きです。なお楼門に祀られている随神の周囲には金網が張り巡らされ、杓子に願い事を記して刺すと叶うとも言われ、祈願杓子とも言われています。
一ノ井川は楼門近くを流れ、山吹などが植えられています。ちなみに松尾大社には約3,000株の山吹が植えられています。なお一ノ井川は京都市左京区広河原と南丹市美山町佐々里の境に位置する佐々里峠(ささりとうげ)を源とする淀川水系の一級河川・桂川から水が引かれています。
神庫は1863年(文久3年)に神輿庫が拝殿南側から現在の場所に移された際に造営されました。神庫は縦二間・横三間で、校倉造りの檜皮葺きです。
鳥居には脇勧請(わきかんじょう)と言われる榊の小枝の束12本が下げられています。ちなみに榊の小枝の束は閏年には13本になります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【松尾大社 歴史・簡単概要】
松尾大社(まつのおたいしゃ・まつおたいしゃ)は起源が明確ではありません。松尾大社は太古の昔、松尾山の山霊を頂上に近い大杉谷の上部の磐座(いわくら)に生活の守護神として祭神・大山咋神(おおやまぐいのかみ)を祀ったのが起源とも言われています。その後5世紀頃に秦の始皇帝の子孫と称する渡来系氏族・秦氏(はたうじ)が松尾山の神を秦氏一族の総氏神として祀り、開拓に従事したとも言われています。701年(大宝元年)に秦忌寸都理(はたのいみきとり)が文武天皇の勅命によって現在の場所に社殿を造営し、知満留女(ちまるめ)を斎女として松尾山山上の磐座に祀られていた神霊を社殿に移して祀りました。その後794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都後、東の賀茂社(上賀茂神社(賀茂別雷神社)・下鴨神社(賀茂御祖神社))とともに「東の厳神・西の猛霊」と並び称され、西の王城鎮護社に位置付けられました。承和年間(834年~847年)に神階・従三位、852年(仁寿2年)に神階・正二位、859年(貞観元年)に神階・正一位に叙され、その後に勲一等に叙せられました。その後「延喜式神名帳(927年(延長5年))」では名神大社とされ、明神二十二社・上七社では第4位に記されました。なお松尾大社は大山咋神・中津島姫命(なかつしまひめのみこと・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を主祭神に祀っています。
*参考・・・松尾大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ松尾大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【松尾大社桜 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
松尾大社(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜ライトアップ2018
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 東寺夜桜ライトアップ

    2018年4月のイベント

    京都市内などで2018年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 葵祭

    葵祭2018人気イベント

    葵祭2018人気イベントを紹介しています。葵祭2018人気イベント5月15日の路頭の儀(行列)です。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 賀茂競馬
    賀茂競馬2018は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  2. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2018は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…
  3. 松尾祭神幸祭
    松尾祭2018は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭(おいで)が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭(…
  4. 稲荷祭氏子祭
    稲荷祭2018は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭が毎年5月3…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る