桜ランキング2017

嵐山

桜ランキング(桜名所ランキング)は観光客の人出・ライトアップ夜間拝観・イベントなどからランキングしたものです。桜ランキング(桜名所ランキング)はの中には京都だけでなく、日本全国の桜の名所を集めた「日本さくら名所100選」に選ばれた嵐山・仁和寺(御室桜)・醍醐寺も含まれています。

【京都桜ランキング 桜見頃2017情報】
京都地方気象台は2017年3月31日午前、京都市内(二条城内の標準木)で染井吉野(桜)が開花したと発表しました。染井吉野(桜)の開花は例年よりも3日遅く、昨年よりも8日遅かったそうです。染井吉野(桜)の満開は開花から一般的に5日~8日後と言われ、見頃は来週・4月上旬になると予想されています。

【京都桜ランキング 基礎知識】
現在花見といえば、一般的に桜を連想しますが、奈良時代には花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ歌にも現れ、「万葉集」では梅を詠んだ歌が118首、桜を詠んだ歌が44種だったが、「古今和歌集」では逆転します。

スポンサーリンク


【京都桜ランキング1位 嵐山】
嵐山は普段から人気の観光地で、「日本さくら名所100選」にも選ばれた桜の名所です。嵐山には染井吉野・山桜など約1,500本の桜の木が植えられ、例年3月下旬頃から4月上旬頃に見頃を迎えます。なお嵐山は鎌倉時代に亀山上皇(第90代・亀山天皇)が奈良の桜の名所で、「日本さくら名所100選」に選ばれている奈良・吉野山から山桜を移植したとも言われています。
嵐山・桜ランキング1位

【京都桜ランキング2位 哲学の道】
哲学の道は京都市内で唯一「日本の道100選」に選ばれた桜の名所です。哲学の道は琵琶湖疏水沿いに銀閣寺付近から若王子神社に続く約1.8キロに染井吉野など約430本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお哲学の道は1972年(昭和47年)から「哲学の道」と言われるようになりました。
哲学の道・桜ランキング2位

【京都桜ランキング3位 清水寺】
清水寺(世界遺産)は普段から人気の観光スポットで、桜が見頃を迎える時期にライトアップ・夜間拝観が行われる桜の名所です。清水寺には染井吉野・山桜など約1,500本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお清水寺は778年(宝亀9年)延鎮上人が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢によって庵を結んだのが起源と言われています。
●2017年2月から足場を組んで本堂(清水の舞台)の檜皮葺きの葺き替え工事が行われ、終了までには3年ほど掛かるそうです。ちなみに葺き替えは約50年振りです。(要注意)
清水寺・桜ランキング3位

【京都桜ランキング4位 円山公園】
円山公園は四条河原町・祇園に近くて交通の便がよく、桜が見頃を迎える時期にライトアップ・かがり火が行われる桜の名所です。円山公園には染井吉野・山桜など約680本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお円山公園はかつて八坂神社・安養寺の社地・寺地だったが、1886年(明治19年)に公園になりました。
円山公園・桜ランキング4位

【京都桜ランキング5位 醍醐寺】
醍醐寺(世界遺産)は「日本さくら名所100選」に選ばれた桜の名所で、桜が見頃を少し過ぎようとする時期に豊太閤花見行列が行われています。醍醐寺には染井吉野・山桜など約1,000本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお醍醐寺では1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が醍醐の花見を催し、北政所・淀殿・秀頼・諸大名など約1,300人が参加したとも言われています。
醍醐寺・桜ランキング5位
豊太閤花見行列・醍醐寺

【京都桜ランキング6位 御室桜(仁和寺)】
仁和寺(世界遺産)は「日本さくら名所100選」に選ばれた桜の名所で、遅咲きの桜で知られています。仁和寺は御室有明・染井吉野など約500本の桜の木が植えられ、例年4月中旬頃に見頃を迎えます。なお仁和寺は平安時代から桜の名所で、江戸時代には儒学者・貝原益軒が「京城勝覧」の中で、御室桜は「洛中洛外にて第一とす」と絶賛しています。
仁和寺・桜ランキング6位

【京都桜ランキング7位 平野神社】
平野神社は古くから桜の名所で、江戸時代には「平野の夜桜」と称えられ、桜が見頃を迎える時期にライトアップが行われ、桜茶屋が設けられます。また桜花祭も行われます。平野神社には魁・桃桜・染井吉野・紅しだれ・平野妹背・虎の尾・寝覚・一葉・大内山・白雲・御車返など約60種・約400本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。
平野神社・桜ランキング7位
桜花祭・平野神社

【京都桜ランキング8位 原谷苑】
原谷苑は桜苑がしだれ桜の名所として知られています。原谷苑には枝垂桜・染井吉野など20数種・約400本の桜の木が植えられ、例年4月中旬頃に見頃を迎えます。なお原谷苑は人伝に桜の名所と知られるようになり、桜の時期だけに限って一般公開されています。
原谷苑・桜ランキング8位

【京都桜ランキング9位 岡崎疏水】
岡崎疏水では桜が見頃を迎える時期から十石舟めぐりが行われ、ライトアップも行われる桜の名所です。岡崎疏水には染井吉野など約400本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお岡崎疎水は琵琶湖疏水の一部で、南禅寺舟溜(琵琶湖疏水記念館前)から夷川ダムまでの約1.5キロを言います。
祇園白川・桜ランキング9位
十石舟めぐり・岡崎疎水

【京都桜ランキング10位 二条城】
二条城では桜が見頃を迎える時期にライトアップが行われ、観桜茶会も行われる桜の名所です。二条城は染井吉野・山桜など約380本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお二条城は1601年(慶長6年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城を開始しました。
二条城・桜ランキング10位
観桜茶会・二条城

【京都桜ランキング番外 石清水八幡宮】
石清水八幡宮は八幡市の桜の名所で、桜が見頃を迎える時期に男山桜まつりが行われています。石清水八幡宮には山桜・染井吉野など約2,000本の桜の木が植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお石清水八幡宮はかつて例祭・石清水祭が葵祭・春日祭とともに日本三大勅祭に数えられていました。
石清水八幡宮・桜ランキング番外
男山桜まつり・石清水八幡宮

【京都桜ランキング番外 背割堤】
背割堤は八幡市の桜の名所です。背割堤には染井吉野が約250本植えられ、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。なお背割堤は淀川水系の一級河川・宇治川(淀川)と淀川水系の支流で一級河川・木津川が合流する直前に2つの河川を区切るように設置された堤防です。
背割堤・桜ランキング番外

【京都桜ランキング 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
京都桜名所
京都桜名所100選
京都桜ライトアップ2017

京都観光 イベント・行事

  1. 葵祭

    2017年5月のイベント

    京都市内などで2017年5月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  2. 賀茂競馬
    賀茂競馬2017は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  3. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2017は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る